パパ

テレビとパパ

「えっっっ!!!!」

「信じられな~~~い!!」

「そうなんだーーーっ!!!」

「そうは みえないっ!!!」

 

そのひと言ひと言の(声の)大きいこと!

そして、大げさすぎる(オーバー)リアクション・・・。

 

週末、赴任先から帰ってきたパパが、ものすごく親しげにテレビを見ている。

その番組をのぞいてみると、さしてパパが特別好きな人が映っているでもなく、

そしてまた実際、そんなに驚くほど(びっくりするほど)のことを言っているわけでもなんでもないのに、(テレビから)発せられるひと言ひと言に、パパが笑顔で(それは律儀に)答えているではないか!!

 

単身赴任歴・4か月。

今や、“テレビがともだち。”と言いきるパパ。

(単身赴任前は、テレビはほとんど見ていなかったのに。)

こんなに騒がしい家から、今はたった一人・・・。

テレビがあって、よかった!!

週末は、テレビの前に置くリクライニングチェアが届くらしい。

さぞや、うれしかろー(笑)。

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

| | コメント (4)

宅急便

いつもと同じ手間をかけながらも、そうちゃん(長男・18歳・知的障害アリ)の口に届かない“あ~~あ。“の気持ち、なんとかならないものか・・・。

そこで思いついた!

 

そんなこんなのおかずをちょっと多めに作って冷凍。

単身赴任のパパに送ろう、というもの。

これぞ一石二鳥。

いいかも。

(パパもまた、“あ~~あ。”の気持ちの一人です。)

 

パパが単身赴任になって(悲しいかな、料理という料理は、一切できません。)、こちらからの援助物資(特に食料)に何を(定期的に)送ろうか、、、と、ちょうど考えていたところ。

だから、冷凍できそうなおかずを頭の隅にヒョイとおいといて、、、

それをちょっと多めに作っては、フリーザーバックに入れ冷凍。

クール宅急便で送ることにしよう。

わざわざ(パパに)送るためだけに作るのは、(間違いなく)面倒くさくなってしまうので、そこは、冷凍できるおかずの日に、ちょっとずつ。

ちょっとずつ冷凍していって、それがまとまったら送る、ということにしよう。

 

炊き込みご飯やひじきの煮物。

チキンライスやきんぴらごぼう。

きざみ葱。

ミートソースやハンバーグや牛丼(の具)。

ほうれん草やブロッコリーをゆでて小分けにしたり、煮魚あたりも美味しく食べられるらしい。。。

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

ありがとうの気持ち

単身赴任歴1か月(初の単身赴任&人生初の一人暮らし)のパパが週末、家に帰ってきた。

 

朝食に、(私が)目玉焼きを作っただけで、

「うわっ、目玉焼きだーー!

い~ね~っ。」。

 

帰る時、 “(帰りの)新幹線で、なにか美味しいお弁当買って食べてね。” と言い、私がお弁当代を渡すと、

「わっ ありがと~~!!」。

新幹線の中から

“ありがとう。 お弁当食べたよ。

ご馳走さまでした。“

のメールが。

 

離れて暮らす、ということは、こういうことなのか。。。

単身赴任。

せっかくだから、こういう新しいことを、(家族)それぞれお互いに発見できたらいいな。

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

| | コメント (5)

ディナーショーとパパ

10月も半ば。

クリスマスも遠くなくなってきた今頃になると、ふっと頭をよぎるのが、“クリスマス・ディナーショー”。

いまだ一度も行ったことがないのだけれど、どんなものか一度でいいから行ってみたい、という気持ちにふとかられる。

(一番はやっぱり、綾小路きみまろのディナーショー。

次は、松田聖子さんあたりかな。)

ただ、4万~5万というお値段。

熱狂的ファンならともかく、ただ行ってみたいというだけなら、ちと高い。

、、、と思ってきた。

 

が、さ~て、パパが単身赴任になって、ふと気づく。

パパが帰省するのに5万(単純に飛行機代です。)

今まで当然のように(もちろん)タダで毎日会っていたパパに、たった2日会うだけで。

しかも、パパが帰省してもホテルのディナーどころか、特別な特典はいっさいなし。

なんか腑に落ちない(笑)

 

あの往年のスター(今もご活躍ですが)、松田聖子ちゃんに会えて、そのうえ、ホテルでのリッチなディナーを堪能。

、、、、とたんに、お金にみあった十分な価値はあるように思えてきたぞ。

ん~~~、今年はますます行ってみたいな、ディナーショー(笑)。

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

| | コメント (3)

護身術

パパは、高校時代、ラグビーをしていたのだけれど、当時の監督はとてもコワくてコワくて、、、

それはそれは怖かったらしい。 。。

練習や試合の時など、監督がお冠になると、パチンっ!、とたたかれることも、(もちろん)あったらしい。

 

「なんか きさ~ん!(訳:なんだ~ おまえ~!)

 ちょっと こ~い!!(訳:ちょっと きなさい!!)」。

 

監督のその言葉を聞くと、運動場の端にいようと、どこへいようと、ある種の覚悟をもって猛ダッシュ。

そして、パチンっ!

パチンっ!

人によっては、もひとつパチンっ!

、、、、と、たたかれたらしい。

 

ところが、そのパチン。

一回で済むのか二回になるのか、はたまた3回になるのか。

それは、意外にも、“監督の怒りの度合い”とは関係がないのだという。

でもって、パパ自身は、一回たたかれるのは仕方なしとして、二回・三回と たたかれた記憶はないらしい。

それは なぜか?

どうもそれ、パパなりの作戦があったらしい。。。

 

パパの作戦は、

”パチンっ!と、たたかれたら、半歩前進!

 視線を決して外さず、監督をにらみつける!“

というもの。

パパ曰く、人はパチンっ!と たたかれると、恐怖のため、どうしても視線をおとしてしまうものらしい。

が、これ、なぜか相手をさらに強気にさせ、ますますカーッとさせる要因になるのだという。

 

さらに、たたかれた瞬間、どうしても腰がひけて一歩下がってしまうらしい。

これが、二回目のパチンっ!を助長してしまうらしい。

パパの分析によれば、人間、一度たたいて、二度目たたこうとする時、かならず“ある程度の距離“というものが必要らしい。

(構えなおす必要があるから。)

だから、相手が一歩さがってくれたら、これ幸い。

絶好の距離を得られ、2回目。

もういちど相手がひるんでまたまた一歩さがろうものなら、3回目のチャンスがめぐってくる、というわけ。

 

相手にそんなチャンスを与えないパパ独自の護身術(?)のおかげで、自分は被害を最小限にとどめることができた、、、、と、あれから30年たとうというのに、パパはとっても得意げ。

なぜか 自慢しております。

、、、まっ、そういうことですので、もし何か機会がある方(今どき、なかなかそんなチャンスはないと思いますが。)は、ぜひお試しくださいませ(笑)

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!

 

P.S.

ちっちさん、コメントをありがとうございました。

一人育てるのも大変なのに、二人同時に育てなくっちゃの双子ちゃん。

大変さは単純に2倍どころか、4~5倍じゃないかと想像しています。

今は、漠然とした不安だけがちらつき、混とんとしていて、つかみどころのない気持ちだと思いますが、時間が解決してくれるところがとても大きいので、今はただ、がんばっている自分にご褒美をいっぱいいっぱいあげてください(笑)


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

ぎっくり腰

ただ今、パパ、ぎっくり腰の真っただ中。

今回は、、、、長い!!

もう、かれこれ3週目に突入。。。

 

一度はいったん治りかけたものの、なんと、今度は新たなポイントで“ぎっくり!!”が発生した模様。

ひゃーっ。

こんな恐ろしいことがあるものなのかっ!!

(きっと、ひとところが痛いと、他の部分に負担がかかり、これは、二次障害ですね。)

 

新たな“ぎっくり“のせいで、またもや痛みは最初の時と同じレベルにもどったらしく、腰を“く“の字にまげ、痛みに耐えながらの出社。

かたわらに、カバン(仕事用)をのせたキャリーをカラカラカラカラいわせ、引きながら・・・。

 

ドイツ語では、このぎっくり腰のことを”魔女の一撃“というらしいけれど、まったくその通り!!

とくだん何をしたわけでもないのに、一瞬にしてダメージは絶大!

魔女の一撃どころか、二撃も受けた、かわいそうなパパ。

(「一度あることは二度三度、っていうからね~。

 三撃目、気をつけなきゃね~!」

と私が言ったら、

「冗談でも、今はそんなこというの、やめてくれ。」

と言われました。

確かに<笑>)

 

それにしても、年度末・年度初めのこの(仕事が)忙しい時期に、会社も休もうにも休めず。。。

パパの知り合いは、ぎっくりで1か月半、会社を休んだというから、ぎっくりも、あなどれません。

ぎっくり腰の予防には、ストレッチと腰痛体操がいいそうです。

さあ、みなさん、今日からはじめましょう!!

(私は、ぎっくりのお手本<パパ>を横目に、とっくにはじめてます!

ここのところお風呂あがりには、せっせせっせとストレッチしております<笑>)

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!

 


人気ブログランキングへ

|

パパのいたずら

次男(7歳)が言った。

「ねえ、パパ。

 パパってさあ、子供の頃、どんないたずら やった?」。

パパは、最初、たいしたいたずら、やってない、と言っていたが、 次男に、

「だからさあ~、どんないたずら やったのよ~?」

と詰め寄られ、

「そうねえ、、、、

たとえばねえ、、、。」

と言いながら、小さな目をパチパチさせた後、今度は突然フフッと思い出し笑いをしながら言った。

で、その“いたずら”は、結構ないたずら、であった。。。

 

例えば、

空き地に車が捨ててあったので、子供たちみんなで、棒や石など、その辺のものを使って、車をボコボコにして、窓ガラスもガンガン割って壊し、楽しんだらしい。

ところが、その車、実は、捨ててあったのではなく、空き地に駐車していた車だったことが判明。

夕方、車の持ち主にみんなでゾロゾロ謝罪に行き、結構な騒ぎになったらしい(笑)。

 

またある時は、工事現場にとめてあったブルドーザーの運転席をのぞき込んだら、キー(鍵)がさしたままだったのを発見!

せっかくだから、一度乗ってみよう、と、キーをまわすとエンジンがブルンブルン。

そのままギーガシャン、ギーガシャン、と低い音をたてながらブルドーザーが動き出したらしい。

5メートルくらい進んだところで、子供心に、“これは まずいやろー。“と思い、エンジンを止め、運転を諦めたことがあるらしい!

 

他には、スイカ畑にあるスイカを標的にみんなで石のぶつけあいをしたり(大胆にスイカを割りきった人が勝ち。)、

田んぼの水路を自分たちで(自由に)変えて、(水の流れが変わるように、いろんなところに穴を開け、水が均等にでなく、一部分にガンガン流れていくようにして)楽しんだりしたそうだ。

“大したいたずらはしてない”という割には、他にも次から次へとパパの口からどんどんどん滑るがごとく流れるように”いたずら話”は、やむことなく飛び出した。

で、その話をしながら一番いい顔して(うれしそ~な顔)いたのは、当の本人であった。。。

 

そういえば、私の友人も、昔、こんないたずらをしたらしい。

(その話をしてくれたとき、パパと同様、友人は、とてもいい顔していた。

いつもに増して顔がパーッと明るくなり、ケッケッケッケッ笑いながらとても楽しそうだったっけ。)

 

なんでも、その頃、友人が住んでいた町内には、ヤクザの親分の家があったらしい。

で、ある日、近所の悪ガキと一緒に挑んだいたずらが・・・!!

ヤクザの親分の車(ちなみに、相当大きく立派なベンツだったそう。)に、泥を余すところなく(車全体に丁寧~に)塗りたくることだったらしい。

で、塗りたくった子供の一人が家に帰って、

“今日は、こんないたずらをやった。“

ということをお母さんに言ったものだから、お母さん、大慌て!!

 

なにしろ、相手がヤクザの親分なので、親たちは顔が真っ青になり、町内会長をも巻き込んで、大人数でゾロゾロと親分の家に謝りに行ったらしい。

どんな風に怒られるのか、皆、戦々恐々だったらしい。

ところが、、、。

 

着物を着た親分は、肩にサルをのっけて、玄関に現れ、ひれ伏して謝る皆に、

“ハッハッハッハー“と腹の底から大きな声で笑ったかと思うと、

「大した度胸ですなー。」

と言い、さらには、

「子供のすることですから。」

と、あっさり気持ちよく許してくれたらしい。

 

帰り道、想像したのとはちがい、あまりに寛容で優しかったヤクザの親分に、一同、

“やっぱ、どこの世界でも、トップになる人は、人格者。

 さすがだ。“

という結論に達したらしい。

うん、確かに(笑)。。。

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングにポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

|

早起き

この間、パパが私に言った。

「ね~ね~、オレが朝早く、そうちゃん(長男・15歳・知的障害アリ)から起こされようの、知っとう~?」。

 

なんでも、早朝4時~4時半くらいの間に、きまって そうちゃんが「パパ~」と声をかけ、その後、「トイレ~。」と言うらしい。

(そうちゃん、トイレに行くときは、介助が必要。)

なので、パパは(仕方なく起きて、)そうちゃんをトイレに連れて行った後、また寝るそうだ。

 

私が、

「ときどき?」

と聞くと、パパは、目をパチパチさせながら、ちょっとムキになって、

「ちょっと~ なん言いよ~とぉ~?!?!

 知らんと~???

 オレ、毎日よ!

 毎日、そうちゃんから起こされて、朝、トイレに行きようとよ~!!」。

 

そ、、、それは、知らなんだ。

(ちなみに、私の5分毎にスヌーズ設定した目覚ましアラームが、毎朝ずっと鳴りつづけては消え、また鳴りつづけては消えていることも<パパ・怒り>、ついでに知らなんだが・・・。)

 

ただ・・・。

不思議と、パパがたまに出張、お泊りで家に不在の時、私がそうちゃんに早朝、トイレに起こされたことは、、、

ほぼない。

確かに、早朝、そうちゃんに「ママ~。 ママ~。」と声をかけられ、その後、「トイレ~。」と言われたことは、あるにはある。

 

けれど、そこは早朝。

ものすごーく眠たい早朝。

なので、私はひとこと、お布団の中から、

「そうちゃん・・・

 まだ朝、早いよ・・・。

そうちゃん、まだ、寝るよ~。

 トイレ、あとでね~。」

と、目もあけずにそうちゃんにそう一言だけ言う。

すると、そうちゃんもそれからまたあっさりと、すやすやと寝るのだ。

(ちなみに、そうちゃん、トイレに本当に行きたい時は、「トイレ! トイレ行く!!」と何度も言う。

なので、この早朝の「トイレ~。」は切羽詰まってはいないものと思われます。)

 

「、、、、だからさあ(パパが出張の時の私とそうちゃんのやりとりを説明して)、

パパもさ~、私みたいに、“まだ朝、早いよ~。トイレ、あとでね~。”って言ってみたら?

大丈夫よ~、そうちゃんも、本当にトイレに行きたくて言ってるんじゃないと思うよ~。」

と、私は、パパに親切にアドバイス。

そう言って試してみるようおススメしたけれど、パパは、

「ん~、、、でも、なんかね~・・・。」

と言ったまま気が乗らず、まだまだ毎朝、そうちゃんに起こされてはトイレに行っている模様。

 

そうちゃんも、余程のことがないと動かない人と、ちょっと言えばサッと動いてくれる人を、十分わかったうえで、人を使い分けているようであります。

パパ、フットワークが軽いのは、ここでは(思いっきり)裏目にでて、まあ、よいことだけではないようあります(笑)

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の”人気ブログランキングへ“というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

|

恵方巻き

今年も食べた、”恵方巻き”。

初めて食べたのは、かれこれ10年前。

「節分の日は、これを丸かじりするんですってよ~!!」

興奮気味にそう言って、母・よしこがセブンイレブンで買って来てくれた、恵方巻き。

その時は、

「恵方巻き? なにそれ??」

という感じだったけれど、あれから毎年、節分になると食べている恵方巻き。

大好き。。。

 

巻き寿司を切らずに、あのままダイナミックに食べるというのも新鮮だし、

ラッパのように巻き寿司をもって食べるというのも楽しいし、

みんな一斉に同じ方角を向いて食べるというのも面白い。

なんといっても、この日は献立を考えなくていい、というのも大きい。

そういうのもあってか、スーパーの恵方巻きコーナーは、年々確実に広がっている気がする。

 

パパは、

「オレ、これ(恵方巻きを食べること)さあ、なーんかビジネスに踊らされてる気がして、本当は好きじゃない。」

と言う。

けれど、驚くことに、ひとたび食卓に恵方巻きが並び、それを手にした途端、態度が豹変!!

 

いつになく神妙な顔つきになったかと思うと、クルリと体をよじらせ恵方(その年のよい方向)を向きっぱなし。

静かに少しずつ、ムシャムシャム シャ。

しゃべらない。

ぜんぜんしゃべらない。

私がしゃべりかけても、一方向を向いたまま、黙々と食べる、食べる・・・。

 

”こういうのは好きじゃない”と言っておきながら、

”恵方巻きたるもの、恵方を向いてお祈りしながら無言で食べる。

途中しゃべると運が逃げる。”

というルールに忠実にのっとって、それを貫こうとする。

(そういうルールは好きらしい・・・。)

 

私なんか

「いっただきま~す!」

と言った後、恵方を向きながら、

「いいことがいっぱいありますように~!!」。

そして、時々恵方を向いたり、クルリと体を元にもどしたりしながら、ムシャムシャムシャ。

ベラベラしゃべりながら食べるけれど、、、。

これでは、ダメなんだそうだ。

、、、って、そんな、みんなで黙り込んだら、食事にならないと思うんだけれど。。。

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の”人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!

 人気ブログランキングへ             

人気ブログランキングへ                     

|

捨てること

前回のブログに書いたけれど、

ビデオデッキが壊れたり、大好きなビデオのテープが切れたりした時、その度に(これ、かなり頻繁)、そうちゃん(長男・14歳・知的障害アリ)が大混乱。

怒り狂うので、その結末として、ある日、ビデオデッキが壊れたのを機に、もう、ビデオデッキとはサヨナラ。

存在そのものをなくしてしまう、ということに決めた。

 

で、その時、まず、驚いたのは、そうちゃん、、、ではなく、パパだった。

「えっ、捨てちゃうの・・・??」。

パパの選択肢に、”ビデオデッキを捨てる”ということは、なかったらしい。

「そう。

決めたの。

捨てちゃう。」

と、私が言ったそばで、パパは、

”ふ~む。

いったいそれで(そうちゃんは)大丈夫なのか?”

という疑惑を追い払うことができないのか 、眉間にシワをよせ、口を”へ”の字にしていた。

 

そういえば、あの時も、パパは、呆然として言ったっけ。

「えっ、捨てちゃったの・・・??」。

 

ある日、パパが、

”ねえ、もう一段、クローゼット、ちょーだいよ。

も~ 洋服がクローゼットにキュウキュウはいっててさ~、

(洋服が)クシャクシャになる・・・。

だいたい、ちはるちゃんは、何段使っとうと~?!

一段、ちょーだいよ。”

と言う。。

 

えっ、、、クローゼットをもう一段、、、パパに、、、??

ん~、、、それは、、、ならん。

無理だ。

どっこもいっぱいで、パパに譲って差し上げる余裕など、、、ない。

 

、、、ということで、パパが出かけた後、さっそくパパのクローゼット・チェック。

、、、と、クローゼットをパンパンにしている犯人をさっそく発見!!

それは、引き出しの奥に折り重なるように入っている手編みのセーター三枚。

まだ結婚する前、付き合っていた頃、私が編んでパパにプレゼントしたもの。

広げてみると、縄あみや模様もほどこしてあり、まず驚くことに、ちゃーんとセーターの形になっている。

本当に、こんな立派な(?)セーター、私が編んだのか・・・。

どうして編めたのか・・・。

我ながら、自分の偉業にガクゼンとする。

時に、人間には、自分には想像もできないほどの才能が発揮されることもあるものだと、一人クローゼットの前で、首をかしげる私。

 

、、、、が、なんだ この重さは、、、!!

一枚手に取るだけで、ズシリとくる重さ。

で、今の時代、こんなモコモコしたセーター着てる人なんて、まずいない。

そして、これからも、こんな鉄アレーのように重く、ゴワゴワとして着心地の悪そうなセーターを着ることは、まずありえない。

、、、そう思った瞬間、私が取りに行ったのは、”燃えるゴミ用のゴミ袋”。

幸い、今日は、燃えるゴミの収集日。

ラッキー。

ポイ ポイ ポイと三枚セーターを入れたら、ゴミ袋はパンパンになった。

 

その日、パパが帰ってきたとき、さっそく言った。

「クローゼット、みてみて~。

すっきりしたから!!」。

 

しばらくしてから、クローゼットの中を見たパパは、呆然とした顔をして私の方にやってきた。

そして、冒頭の

「捨てちゃったの・・・??

もしかして、セーター、捨てた???」。

「うん、捨てた。」

とアッサリ言ったら、

「ちょっと、、、ちはるちゃん、、、

あなた、男っぽいね~!!

、、、あれを、捨てた~?!

オレでも、さすがに捨てきらんかった。

なのに、、、すごいね~!!」

と言い、かなり驚いていた。

 

私は、普段、”どっちを買うか”、とか、”どっちを選ぶか”ということには、恐ろしく時間がかかる。

ものすごい迷いや。

(その点、パパや姉なんかは、いつもその場で瞬時に即決。)

けれど、こと、”捨てる、捨てない” ”いる、いらない”に関しては、即決。

まったく迷いがない。

で、この辺のギャップが、ハタからみると、とても不思議らしい。。。

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の”人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントがアップします。

いつも応援、ありがとうございます!!

人気ブログランキングへ        

人気ブログランキングへ                                           

|

より以前の記事一覧