長女

別の動物

そうちゃん(長男・19歳・知的障害アリ)が大好きなバナナを食べるシーンより。。。

 

バナナが大好きなそうちゃんに、バナナをわたす。

皮をツーツーツーと半分までむき、“はい、どーぞ。“と、そうちゃんへ手渡す。

そうちゃんは、 「ありがと~。」 と言いながら、ものすごい勢いで、ろくすっぽ噛みもせず、どんどんバナナをすいあげるように食べる。

そして、その格好がまた!!

イスに座ったまま片膝をたて、大きく身を乗り出し、バナナを大きな手で鷲づかみするかのようにして、ムシャムシャムシャ。

 

途中、長女(11歳)が

「ね~ね~、ママ いいの~??」。

と言うのでふり返ると、

「そうちゃんね~、今、バナナ床に落としたのに、そのまま拾って食べてるよ~。」

「うん、いいのいいの。

だって、皮ごとおとした、、、と思うから、、、

まっ いいよいいよ。」。

 

それにしても、、、、 。

今まで毎日そうちゃんをみていたので、まったく感じなかったけれど、あらためてこうやってそうちゃんがバナナを食べる姿をまじまじとみると・・・。

なんと ワイルド~~!

 

「ね~、なっちゃん(長女のこと)。

そうちゃんみてるとさあ、原始人がバナナ食べているようにみえない?

なんかさー、人間は、こうやって進化してきたんだ、、、って気がする(笑)。」

私がそう言うと、長女は、

「いや、ママ~。

私には、オラウータンがバナナ食べてるようにしかみえない!

なんかさあ、、、、私、別の動物をみているみたい。」

と言うので、二人で笑った。

そして、“別の動物”という表現は、なぜかスポッと私の心にはまり、妙にあたたかく、しっくりした。

 

そうちゃんの障害をふくめ、いろんな意味で自分とはちがう誰かを受け入れよう、認めよう、とするとき、 “この目の前にいる人は、別の動物だ。” という入り口からはいると、とてもいいかも。

なんだかすんなりスムーズに受け入れられそう。

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

| | コメント (1)

三連発

長女(11歳)が学校から帰ってきた。

そしてリビングに入ってくるなり、立て続けに言った。

 

「わ~、藤の花、きれい~。」

「あっ、おひめさまだ~!」。

「、、、えっ、何?

ママ、これ、大根??」 。

 

正解は、、、、ことごとく違う。

 

藤の花、ではなく、“桃の花”。

おひめさま、ではなく、“おひなさま”。

大根、ではなく、”ヒヤシンス“(の鉢植え)。

 

「なっちゃんって、、、、オモシロイね~。」

と思わず言うと、長女は笑顔でキッパリ言い切った。

「いや~、ママには まける!!

絶対かなわない!!」 。

 

まさか、、、私は、この上をいっている・・・?!?!?!

そんなことあるはずないじゃん、、、と思っていたその時、

その場にいた次男(9歳)が首をかしげならが言う。

(桃の花を指さしながら)

「ね~、ママ。

これって、桃(の花)じゃないの~???」 。

私は、自信たっぷりに、

「そ~よ~、桃よ~~!」。

 

すると、次男、

「え~っ!

ママ、さっき、なっちゃん(長女のこと)に、

“あらやだ、なっちゃん。 これ、桜よ~!!”って言ってたよ~!!」 。

 

えっ、、、、まさか、、、、そんな、、、、

おひなさま、きっと笑ってマス。。。。

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

銀ざらみりん

サーモンのムニエルを食べながら、長女(11歳)が言った。

「あっ、、、私、今度、あのお魚が食べた~い!

えーっと ほら、なんだっけ・・・?

ほら、あの、、、甘い、、、

そうだ、銀ざらみりん!!」。

 

ん~~、近い!

けど、惜しい!!

正解は、“銀だらみりん”でしたー。

 

(憶え間違いの天才)長女の口から、

“えーっと ほら、なんだっけ?”。

このセリフがでると、さあ くるぞくるぞ、と興味津々。

期待いっぱい。

耳をすましております(笑)

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

P.S.

はやままさん・よしみさん・たかのさん・そうままさん・ビックママさん。

コメントをいつもありがとうございます!!

| | コメント (1)

ポークダンス

長女(11歳)が言った。

「今日ね、学校でね、ポークダンス、踊ったんだよ~!!」。

 

ポーク・・・・

豚ダンス??

そりゃなにかい、新種の踊りかい???

 

さらに、長女

「男子とさー、こうやって手をつないでさー、

こうやって、、、こうやって、、、、踊るんだよ~。

も~ はずかしい~!!」。

 

長女のジェスチャーをみながら思った。

それは、、、

それは、、、  懐かしの”オクラホマミキサー“ではないのかい?!

 

、、、、ということで、(憶えちがいの天才)長女の“ポークダンス”は、

“フォークダンス”のことでした(笑)!!

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくとランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

| | コメント (1)

ビューラー

長女(10歳)が私の”ビューラー”を手に取って聞く。

「ねえ、ママ。 これで何するの?」。

 

「それねえ、まつ毛をクルンとさせるのよ。」

そう私が言うと、長女もチャレンジ。

、、、、、、と、みると、長女、一生懸命ビューラーで自分の眉毛をはさもうとしている!!

まつ毛と眉毛、確かに似てるような・・・。

 

その昔、母に「キャベツ買ってきて。」と言われ、レタスを買ってきた姉を、ふと思い出した。。。

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

| | コメント (1)

長女と錠剤

一昨日、耳鼻科へ行った。

受付でいただいた紙に“お薬の指定がありますか?(粉薬か錠剤か水薬か。)”という欄があるのを見て、横から、「粉!粉!粉!粉!」と言い、粉薬に○印するよう私に指示した長女(10歳)。

 

が。

実際(長女の)診察が終わると、先生から、

「粉薬? 粉じゃないと飲めない??」

と言われ、長女コクリコクリと(激しく)うなづくも、先生から

「もう5年生だよね?!

錠剤で飲んでみよう!

あなたの大きさになると、粉薬だと、たーっくさんの量、のまなきゃいけないから。

ねっ、ガンバッテ飲んでみよう!

錠剤も飲めるよう練習してた方がいいよ!」

と、粉薬はあっさり却下。

 

(そのやりとりを後ろで聞きながら、粉か錠剤か、という話よりも、

“そうだ、そうか、そうだったのか!!

長女ももう5年生か!!“

、、、、と、妙なところでハッとさせられた私。

長女がもう5年生になってしまっただなんて、なんだかピンときません<笑>)

 

まっ、粉だろうと錠剤だろうと、それがどーした、そんな変わりはなかろうと思ってたけれど、これがどうして!

長女、錠剤をたった3粒飲むのに(信じられないほど)悪戦苦闘。

“いったいどうやって飲めばいいの?

ぜんぜんわからない!!”

そうだ。

私と次男(9歳)の、

「舌の奥にお薬をおいて~、あとは口に水をふくんで~、ちょっとあごを上に上げて~ いきおいよく“ゴックン!”よ~。」

と、ジェスチャーもまじえながらの手厚い指導もむなしく、

これがどうして、長女、水をコップ2杯(飲んで)試しても尚、

「飲めない!

飲めない!

の~め~な~い~~~~(叫)!!

もう水でお腹がたぷたぷ~~!!」

と、焦りまくる長女。

なんと涙までうかべて。

 

初めだけかと思いきや、回数重ねても、ちっとも状況は変わらず。

(最後は、だんだん舌の上で薬がとけて小さくなるのか、「のめた~~!!のめたのめたのめた~~~~!!」と叫ぶので、まっ、きっと飲めているのでしょう。。。)

そんな長女を囲むギャラリーは、(いつもは落ち着きはらった)長女の混乱に、正直驚き、、、、そして面白がる昨日、今日。

 

そういえば、保育園時代、尿検査があった時も、(トイレでコップに採るところを)

「出ない! 出ない!

も~~~っ で~な~い~~~っ!!」

と絶叫。

結局、本当に出ず、保育園で採ってもらったっけ。

 

お薬は、手元にあと3日ぶんあります。

長女の進化が楽しみであります(笑)

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!

P.S.

紫陽花さん、コメントをありがとうございます!

子どものもつ感性には、いつも驚かされます。

 


人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

ブルドック

お散歩に連れられているブルドックをみて、長女(10歳)が言った。

「かわいい~!!」。

そして、

「私、犬を飼うなら、ブルドックがいい!!」。

そして、その理由が面白かった。

 

「だって、ブルドックって、オジさんみたいな顔してるでしょ?

なんかさ~、本音で語り合えそうだもん!」 .

 

ん。

正しい。

よくよくブルドックの顔をのぞきこみ、私もそう思いました(笑)

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

 

P.S.

とらこさん&ようこさん、コメントありがとうございます!!

とらこさん、当たりです。

そうちゃんはお留守番でした。

| | コメント (1)

ミラクル~その3・完

前回ブログのつづき

 

そういえば、その昔、そうちゃんがまだ2歳の時のこと。

そうちゃんは当時、その年齢にしては体がとても大きく、そうちゃんがバギーにのると、バギーが小さく感じるほどだった。

にもかかわらず、まだまだハイハイをするのが精いっぱいで歩くことができなかった、その頃。

当時、マンションには幼稚園や小学生の子供たちがいっぱい住んでいて、私が外出から帰ってくると、その子供たちが私のもとにやってくる。

そして、その中の一人の女の子は、いつも私に聞く。

「ねえ、もう歩けるようになった~?」

そして、

「どうして 歩けないの~?」。

 

そうちゃんよりはるかに小さい赤ちゃんでも、皆、ちょこまか歩いているのに、大きな体をしているのに歩けないそうちゃんのことがとても不思議で気になってしかたないよう。

なので、ある日、私はその女の子に、できるだけわかりやすく、そうちゃんの病気のことをうちあけた。

そして最後は、

「だからね、まだまだ歩けないの。

そうちゃんはね、もしかしたら、大人になっても ずーっと歩けないかもしれないの。」

という言葉で結んで。

でも、その後も、女の子は、会えば必ず飛んできて、私に聞くのだった。

「ねえ、もう歩けるようになった~?」。

 

その頃は(そうちゃんの障害を受け入れきれたとは まだまだいえない時期だったので)、そう聞かれるたびに、うっ・・・。

傷口に塩をまかれたような、チクリと痛い思いがしたっけ。

いつまでたっても体がフニャフニャしてやわらかい、そうちゃん。

どうして歩けないのか?、教えてほしいのは、誰よりもこの私だったのだから。

 

それにしても、どうして同じことを聞くんだろう、子供って?

昨日もその前も、説明したのに。

、、、と、それが単純に疑問だった、あの頃。

けれど、それもこれも、長女の今回の“そうちゃんの障害は治る気がする”という一言で、謎解きできたような気がする。

長女でもそう思うんだもの。

あの女の子がそう思うのは当然だな、と 。

思いがけず、点と点が線につながったような気持ち。

 

あの女の子のまわりには、“歩けない子”という子供が存在しなかったから、“大きくなったのに歩けない“ということがさっぱり理解できなかったのかもしれない。

でもそれ以上に、子供の頭の中って、きっと、暗い想像よりも明るい想像の方がはるかにたくさんあって、希望がかくれきれないのかも。

だから、そうちゃんをみかけるたびに、“この子はもしや今日、歩けるようになったんじゃないか?”という気持ちがして、聞かずにはいられなかったのかもしれない。

 

歳を重ねるごとに、いろんなことを知っていろんなことを経験することは、深くてやさしい。

けれど、余計なことは知らず、すべてはまだまだこれから。

何もかもが発展途上にある子供の魅力。

こちらも、なんか広くて大きい。。。

おしまい

 

 

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

| | コメント (5)

ミラクル~その2

前回ブログのつづき

 

初めは、そうちゃんの障害が治る日がくると思っている、と長女から聞いて、びっくりするばかりだったけれど、話をきいているうちに、なんだかワクワクしてきて、思わず身をのりだした。

う~ん、それからそれから?

知らず知らずのうちに、“固定観念”にとらわれているのは、私の方なのか??

 

でも、まって・・・。

じゃあさあ、もし、本当に、そんなことがあり得たとしてさあ、、、。

これまで、そうちゃんは17年間、知的障害のあるそうちゃん、として生きてきたわけじゃない?

それが突然”フツウの高校生“になるっていうのは、そうちゃんにとっては、どうなんだろう?

幸せなことなのかなあ?

そうちゃんは、知的障害をもっていることも含めてのそうちゃんであって、

障害がなくなったら、もう、それは、“そうちゃん“では、なくなっちゃうんじゃないの?

 

それに対して、長女は、これまた自信をもって言う。

「そうちゃんは、今のままでも幸せだよ。

 でも、“フツウの高校生”になったとしても、そうちゃんは幸せだと思う。

 だって、そうちゃんは、そうちゃんなの。

 基本は、そうちゃんだから、フツウの高校生のそうちゃんも、そうちゃんに変わりはないの。」 。

 

でも、フツウの高校生っていえばさあ、高校2年だよ。

受験勉強でもはじめなきゃいけない時期かもしれないよ。

そしたら、今まで宿題ゼロ。

テレビばっかりみてたそうちゃん、びっくりしないかな?

大変じゃない?

 

すると、長女は、

「ううん、大変じゃないよ。

 だってね、そうちゃん、頭はすごくいいと思うから。

 今でも私ね、本当は、そうちゃん、頭はすごくいいと思う。

 言葉に出せないだけで、いろんなこと、本当はわかってると思う。

だからね、今から受験勉強がんばっても、そうちゃん、ぜんぜん大丈夫だと思う。

案外さあ、そうちゃん、今でも夜中、私たちの知らないところで、こっそり起きてお勉強してたりしてね。」

 

私は、頭の中は、もはや、ダニエル・キイスの「アルジャーノンに花束を」の世界。

(最高に面白い本です!!

詳しくは、こちら。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%8E%E3%83%B3%E3%81%AB%E8%8A%B1%E6%9D%9F%E3%82%92

話を聞いているうちに、そうちゃんと物語の主人公のチャーリイ・ゴートンがだぶってしかたなかった。。。

次回につづく

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

ミラクル~その1

「そうちゃん(長男・17歳・知的障害アリ)の病気(知的障害があること)ね、

 私の予想では、来年あたり、治るような気がする。」

と、長女(9歳)が言う。

驚いた。

少なくとも、最近驚いた中では、一番驚いた。

 

長女の話によれば、なにか劇的に(脳に)作用する薬が開発される、とかいうことではないらしい。

なんと、ある日突然、朝、そうちゃんが起きてきたら、ちゃんとしゃべれるようになっていて、ちゃんと勉強も部活もがんばるフツウの高校生になってる気がする、というのだ!!

 

それはさあ、、、、“そうなったらいいなあ。“っていう、願望じゃなくって?と、私が聞くと、

単なる願望ではなく、本当にそういう日が来る気がする、と長女は言う。

次男(8歳)は横で、長女のSFストーリーのような話を聞きながら、

「う~~ん、、、 それは ないでしょう~~。

 、、、、と、思うけどねえ~~。」

と言って首をかしげた。

けれど、そんな次男に、長女は真顔で

「えっ? そうかな??

 そんな日が、私はくると思うんだけどなあ。」。

 

どこが悪いのかわからない程度の軽い知的障害ならともかく、そうちゃんは、ランクでいうと、最重度。

日常生活においても、自分ではできないことがほとんどで、できることの方が圧倒的に少ない。

そんなそうちゃんを生まれた時から身近に、常に見てきた長女だから、ここにいたって、“そうちゃんの障害は治る”と、自信をもっているところが、大人の私からみると、とても不思議に映る。

これは、子供だけがもつ独特の感覚なのかなあ・・・??

 

大人は、良くも悪くも経験をたくさんつんでいるので、そこから判断して可能性があるとかないとか判断してしまうけれど、

子供は、(経験したことはまだまだ限られたほんの少しのことしかないので)明日のことは明日になってみなきゃわからない、くらいの感覚で毎日を生きているのだろうか。

だから、そういう風に思えるのだろうか?

次回につづく

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)