そうちゃん

そうちゃん・20歳になる/「忘れないよ」

今日は、そうちゃん(長男・知的障害あり)、20歳のお誕生日。

長かったような、あっという間だったような20年でした。

この「忘れないよ」は、昨年の夏、新聞に作品募集があり、応募したものです。

(佳作でした)

久々のブログ、今日はこれをお届けします(笑)!

 

「忘れないよ」

 ふわりとした手。

そっとその手をにぎると、じいわりじわりと温もりがつたわってくる。

それは、お日さまの光をいっぱいにあびたふっくら座布団のよう。

そんなあたたかさ。

 

 まだうすっぺらな胸。

ふと手をあててみる。

どっくんどっくん、どっくんどっくん。

少しもリズムを変えることなく、力強く刻まれるその音に耳を澄ます。

「ちゃんとボクは、ここにいるよ。」、とその音は証明する。

 

 夕日にそまっていっそう茶色く光る髪に頬をよせる。

ふと、子供の頃家にいた雛を思い出す。

思わず息をスーっとすいこみ、フーっとはく。

うっとりする香り。

 

深く目をつぶってみる。

「何もちがわないじゃないか。」

「どこもかわらないじゃないか。」。

そんな思いが次第に静かにこみ上げてくる。

それは悲しみ。

体の底からわき上がってくる確信。

そして希望。

 

 あれから十九年。

迷いがあるときは、いつも君の手をにぎり、胸に手をあて、髪に頬ずりしてきた。

 

幼い頃、私は小さな子供が好きだった。

ある日、母に言ったことが頭の片隅にかすかに残る。

「ママ、赤ちゃんって、かわいいよね。

ねえ、私ね、大きくなったら、いつまでも赤ちゃんのまま大きくならない赤ちゃんがほしい!」。

そして、私の赤ちゃんとして初めて生まれてきてくれたのが君だった。

思いがけず、あの時の願いが叶ってしまったのかな。

 

君は十九歳。

背がのびて、とっくに私をみおろすようになった。

けれど、まだおしゃべりすることはできない。

身の回りのいろいろを自分ですることはできない。

でもね、君はいつもニコニコととろけそうな顔をしながら私のことを「ママ。」とよび、パパのことを「パパ」とよんでくれるよ。

それがどれほどうれしいことか。

それがどれほどありがたいことか。

 

そんな君が家を出て、もうすぐ一年になるね。

それは、君が小さい頃からずっと目標にしてきたこと。

「学校を卒業したら、なるべく早くこの子を手放そう。君ひとりになっても、しっかり前をむいて生きて行けるように、思いきって手放そう。そして、新しい生活を見守り、ずっと君を応援していこう。」

 

でもね、空があかね色になる頃になると、きまってバッサリと翼をもぎとられたような気持ちになったよ。

一歳か二歳かの知力しかもちあわせていない君を手放すことは、果てしなく遥かな思い。

それは、ふわふわと飛ぶタンポポの綿毛。

風に流されるままに飛んでいくタンポポの綿毛を、ただただおいかける気持ち。

そのうちに、どんどん空高く飛んでいくものだから、たちどまり、行く手を見送っていくしかないような、そんな気持ちだったよ。

 

だけどね、目をとじて思い出すの。

その手のぬくもりと胸のどくどくと髪の香りを。

そうするとね、心が静まってくるんだよ。

そして、心が決まってくる。

 

今日もあなたのいる南の空を眺めています。

夏の入道雲がもくもくとしていて、さわやかな風が耳元でそよそよしています。

お元気ですか?

そうちゃん。

お元気ですか?

 

 

 

 

| | コメント (13)

そうちゃんDAY

そうちゃん(長男・19歳・知的障害アリ)が家をはなれて、気がつけばもう10か月。

ここにきてようやく、そうちゃんがいない空気、そうちゃんのいない生活が

ぎこちなくはなくなってきた。

まったくのちぐはぐではなくなってきた。

                           

それは、ようやく長く寒い冬が終わり、春が来て、暑い暑い夏がもう目前にせまり、、、

それにともなって、自然に筋肉がふわりとほぐれているからなのか。

季節がそうちゃんが家をはなれた日を追いかけ、もうすぐ一巡しようとしているからなのか。

あるいは、結局は、漠然と心配していたってどうしようもない。

あとは、大きな流れにまかせるよりほかない、という気持ちに至ったからなのか。

そうちゃんが、ほんの少しずつだけれど、新しい生活に慣れてきたのを時おり垣間見るからなのか。

きっと、、、どれも本当。。。

                                             

そうこうするうちに、最近、楽しみがふえた。

“そうちゃんDAY”という日ができたから。

そうちゃんが家に帰ってくると2泊するのだけれど、そのうち一日は、スケジュールをそうちゃん中心にばっちりあわせ、どっぷりそうちゃんにつきあう、という日。

それが、そうちゃんDAY。

                            

そうちゃんが好きなこと・好きな食べ物・好きな場所・好きなもの・行きたいところ、、、だけを、そうちゃんのためだけにいつもいつも考える。

一緒にドライブに行ったり、お散歩に行ったり、大好きなマックに行ったり。公園に行ったり、延々とつづく長い長い(そうちゃんの)おしゃべりにつきあったり。

こんな風にゆったりとそうちゃんと向き合える日がくるとは正直思ってもいなかった。

だから、うれしい。

至極の時。

                                     

そうちゃんと歩きながら、ふとそうちゃんの横顔をみる。

そうちゃんなりに精いっぱい、よくぞこんなにがんばっているなあ・・・

と思うこと、しきり。

私の方が勇気づけられる。

重い障害のため、物事を頭でうまく整理・把握できないそうちゃん。

いきなり環境が変わり、いったい自分の身になにが起こっているのかさえわからない混とんとした日々だと思う。

喜びや楽しさは表現できても、不安・戸惑い・怒り。

そんな思いを(わかってもらうために)言葉で(ほんの少しでも)伝える、という武器を、なに一つもたないそうちゃん。

そのそうちゃんを手放す、ということは、そうちゃんを、さながら身一つで戦地へおくりだしているよう。

そんな気持ちになることもある。

                                             

けれど、“そうちゃんDAY”にそうちゃんとゆっくりすごしていると、

そうちゃんは、そうちゃんにしかないものをちゃんともっている、と感じる。

なぜだろう、、、

そうちゃんのそばにいると、ただそれだけで、なんだか落ち着く。

ふわりとした笑顔をみていると、“もう十分!!”な気持ちがなぜかわいてくる。

そして、いつもどこかお茶目で、プッと笑ってしまう。

、、、、だから。

                     

今週末、そうちゃんが帰ってきます。

楽しみ~~です。

                            

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!

 

 


人気ブログランキングへ

| | コメント (3)

新しい健康法

そうちゃん(長男・19歳・知的障害あり)のお友達をみていると、“食事と健康との関係”について、つくづく考える。

しかも、そうとうに首を傾げながら・・・。

そして考えているうちに、食事と健康の間にはいったいどんな関係があるのか、なんだかさっぱりわからなくなる。

いきつくところ、私たちが“これが常識だ。”と思っていることは、根本からちがうんじゃないか、、、、??

と思わずにはいられなくもなる。。。

 

、、、、というのも、食事に極端に偏りのある(こだわりのある)お友達(自閉症のお子さんに多いです。)の食事をみていると、栄養バランスどころか、いったいどうやってこれまで、これほどまでに健康に元気にいられたのか??

と思うほどの食生活であることが多々ある。

たとえば・・・。

 

一日三食、鶏のから揚げ。

ほぼそれだけを食べること365日。

それが何年も続いているお友達。

 

朝はハイチューを何粒か口にしたら、夕方まで一切食べない。

家に帰って食べたとしても、マックのポテトを何本かつまんだり、スナック菓子を食べたり、パイナップル缶を食べたりするくらい。

気がむけば、少量の白ごはんを食べたり、ブームがくれば、お好み焼きを(その時期だけ)好んで食べたりする程度、のお友達。

 

そして、そういうこだわりのある子供たちに共通するのは、

(季節によってなのか、時期によってなのか、体調によってなのか、、、それはわからないけれど)

一年を通してみると、ものすごく食べる時期があったり、またその反対の、ものすごく食べない時期が(極端に)あること。

 

で、私が一番驚くのは、そんなこんな時期があったとしても、そんなこんな食生活であったとしても、本人たちがいたって健康!

たいした風邪もひかず、病院へも行った記憶がないほど元気だ、ということ!!

(ちなみに、病院は行くことを本人が拒むため、病院へ行かない、というよりは、“行けない。”。

、、、と言う方が正しいのかもしれません。

そして、病院なんて行かなくったって、お薬なんて飲まなくったって、 何日か家でゆっくりすごせば、病気の方からあっさり去ってくれる、というのです!)

 

ものすごく食べる時期は太り、ものすごく食べない時期はやせる。

、、、という、あたりまえの現象こそ(みために)あらわれますが、特段、健康に害をおよぼすには至らない、という不思議もあったり・・・。

 

“三食しっかり栄養のバランスを考え(一日何十品目目指して<?>)、できるだけ体によいもの(だけ)を心がけて食べること。

これが健康のために一番大切。

たぶん、それがなんとなくの”常識“としてあるように思う。

だからこそ、一方で、(少々まずくても我慢して、美味しくもない)野菜ジュースをせっせと作り、それを日課にしたり、

“子どもがピーマン・キライ。“となれば、なんとかして食べさせようと、こっそりハンバーグに小さく刻んでわざわざ入れたり、

たまに作るお弁当でさえ、“さ~て。栄養バランスをしっかり考えなくっちゃ!!”

と、まずは思い、大変な思いをしてお弁当を作ったり・・・。

、、、という人も多々いるとおもうのですが・・・

 

でも、しか~し!

そうちゃんのお友達をみていると、そういうこと自体、(マジメに)疑問に感じはじめる。

そして、実は、“何を食べるか。”、は、さほど大きな問題ではないのではないか??

それよりも、自分の食べたいタイミングで、自分が一番食べたいもの(体が欲するもの)を、食べたい量だけ食べること。

誰から何を強制されるわけでなく、自分の自由に、自分のスタイルで食べること。

これこそが、一番大切なんじゃないか??

それが結果、健康につながっていくんじゃないか??

と、うっすらと、けれどなんとなくの確信をもって思えてきたりする。

 

一日の栄養を考えて、“今日はなに(なんの栄養)が足りない”と、キリキリするよりも、

もっと1週間。

いや1か月で。

いやいや、1シーズンでいいのかも・・・。

もっと広いスパンで大きく構え、もっとおおらかに食べることこそ、新しい健康法なんじゃないか??

、、、と思えてくる今日この頃です。

そうちゃんのお友達は、いろんなことを私に投げかけてくれます(笑)

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の”人気ブログランキングへ“というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

そのままでいい。

最近、長女(12歳)と次男(10歳)と私で“アルジャーノンに花束を”(金曜ドラマ)をみている。

                     

長女と次男は、“咲人くん”を演じる山下智久さんの演技にひたすら感心!

二人とも、“ホントに(知的)障害のある人にしかみえな~~い!!”

と、絶賛。

「本当、、、そうちゃんのお友達にいそう!!」

と言いながら、ものすご~く楽しくみていた。

、、、、、、が。

               

話しが進んで(脳手術をうけ、天才的な知能をあたえられることになった)咲人くんになったとたん、

「なんかもう、、、つまらなくなった・・・。」

「だって、もう昔のやさしい咲人じゃなくなったんだもん。

確かに頭はよくなったかもしれないけど、、、これじゃあもう、別人じゃん。」

と、一気にトーンダウン。

そして、こんなことを二人で言っていた。

 

そうちゃんはさー、何にもできないけどさー、困ったこといっぱいするけどさー、

やっぱり、そうちゃんはそうちゃんのままでいいね~。

そうちゃんがしゃべれるようになって、一人で何でもできるようになったら困る。

だって、それはもう、そうちゃんじゃないんだもん。。。

                     

 

“そのままでいい。”というのは、“そのままがいい。”よりも、もっと許されている気がする。

そして、もっと懐が深い気がする。。。

 

                      

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランンキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!

               

P.S.

うっかりブログをサボること1か月・・・。

サボりすぎでしょうか・・・(笑)


人気ブログランキングへ

| | コメント (3)

そうちゃん・19歳になる

そうちゃん(長男・知的障害アリ)、今日は19歳のバースデー。

妹弟たちとは逆行して、バースデーを重ねれば重ねるほど、よりいっそうお若く(いや、もとい!幼く。)なっていくイメージのそうちゃん。

そうちゃんは、“歳の離れた長男”のハズですが、妹と弟たちには、(遠い昔に)とっくにぬかされ、今では、“(ものすごく)手のかかる末っこ”状態です。

 

小さい頃からのよき性格(ひとなつっこい笑顔で、ま~、とにかく明るい!!)は、年々、よりいっそう鮮やかに。

一方、いただけないところ(環境の変化・いつもとちがう行事や時間・場面の変化にからきし弱い。

ギャーギャーと騒ぎ立て、混乱がなかなかおさまりません!!)は、 これまた年々、(体が大きくなったこともあり)派手に。

 

そうちゃんを育てて19年。

まず何より先に感じるのは、”人は、けっして変わらない。“という、確固たる教え(?)であります。

生まれもった人の性格・個性は、よいもわるいもひっくるめて、基本的には生まれた時のそのまんま。

変わるどころか、歳をかさねるにつれ、いっそう色濃くなっていく印象です。

それは、決して変えられる(ましてや、操作できる)ものでは到底ない、ということです。

 

いただけないところを少しでもなくそうと(マシにしようと)努力はしても(もちろん、まったく努力しないよりはした方がいいかもしれませんが)、それほど大きく成果があがることはのぞめません。

いかんせん、そうちゃんの場合、それがそうちゃんの障害の特性(弱い所)だったりするわけなので、余計です。

だからこそ、子供は、子供の得意なこと・好きなこと・よき性格をそのまま自然にまっすぐのばしてあげることが一番大切なんだな。

、、、、と、最近つくづく思います。

 

そうちゃん、19歳。

今、新しい生活に慣れようと、いっぱいガンバッテいます!!

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

| | コメント (4)

そうちゃん・本日初登場!!

Img_20150320_155434_3_4

そうちゃんの似顔絵。

そ、そ、そ、そ、、、、そっくりです!!

(目元なんて、まさ~に!、そうちゃんそのものです。)

3月はじめにあった卒業式の日。

思いがけずそうちゃんの似顔絵をいただき、あまりに似ているので一瞬かたまりました。

学校の先生からの贈り物。

担任でもなんでもない先生からのサプライズです。

 

この画はとてもフシギ。

写真は、過去の一瞬を封じ込めたにすぎませんが、

この似顔絵は、日に日にそうちゃんがリアルになります。

飛び出してくるようです。

ちょっとたくらんだような笑顔で茶目っ気たっぷりなので、

“い~ひひひひ~。”

“う~ふふふふ~。”

とそうちゃんの笑い声が聞こえてきそうで、私もいつもしゃべりかけては笑ってしまいます。

 

体の芯からふ~っと力がぬけるよう。

どれだけこの画に癒されているか・・・。

画にこれほどのパワーがあると知ったのは、これが初めてです。。。。

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

ぶれない道徳

そうちゃん(長男・18歳・知的障害アリ)が家をでて、

“そうちゃんは、私たち家族に道徳を教えてくれる師”であることをあらためて感じている。

そしてそれは、そうちゃん独特のやり方でもってする、ぶれない道徳。。。

 

たとえば、

やさしい気持ちをもつ。

思いやりの心をもつ。

弱い人の力になる。

 

目先このへんにみえるちょっと、を考えるなら、それは意外と簡単かもしれないけれど、 ここからずっと先をみすえて、常にそうあろうとすることがどれだけ難しいことか。

いつもそうちゃんに習う。

 

そのためには、体力と時間。

想像力と柔軟性。

知恵と忍耐。

繊細さと大胆さ。

そして最後に、少なくとも目の前にいる人よりも、はるかに超えた心の余裕をもっていることが必要不可欠であることを、いつもそうちゃんに習う。

(実際は、このうち二つ三つそろうのが精いっぱい。)

 

そうちゃんは、“よし。”と”ダメ。“がはっきりしている。

“本当はダメだけど、今回はいい。“とか、”今日は特別いいことにしよう。“などということがない。

“よし”は、いつだってよし。

“ダメ”は、いつだってダメ。

 

そうちゃんにいろいろ習うけれど、(忘れるわけじゃないのに)とってもむずかしい。

今週末、そうちゃん(師)が帰ってくる。

だから、また習おう。。。。

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

| | コメント (1)

「あ~~あ。」の気持ち

ハンバーグのたねをペッタンペッタン丸めて、フライパンへ。

ジューッという音とともに、お肉のあまい匂いが立ち上った瞬間。

 

片栗粉をつけて、油にジュっ!ジュっ!

から揚げになるために、鶏肉たちが、さあ、いざ、油の中へもぐっていくぞという瞬間。

 

マグロやアジやサバのお刺身をお皿にきれいに並べ終え、ちょんとワサビを添えた瞬間。

 

もずくを袋からだして洗い、ボールに入れ、その中にお酢とお醤油をザザッと入れた瞬間。

 

ツルンツルンとすべりそうになりながらも、しっかと左手でおきゅうとを押さえ、トントントントンと細く切る瞬間。

 

トロ~り煮込んだ、お肉とジャガイモと玉ねぎとにんじんたっぷりのビーフシチューを小皿につぎ、さあどれどれ、と味見した瞬間。

 

じゃがいもとハムときゅうりに、マヨネーズをキューっと勢いよくいれ、さあ、ポテトサラダのできあがり~、と思った瞬間。

 

”あ~~あ。

これ、そうちゃん(長男・18歳・知的障害アリ)、好きなのに~・・・。”。

 

そうちゃんの口まで届かないことに、こりもせず毎回、“あ~~あ”と思う。

今まで通り。

お料理を作る手間はちっともかわらないところがまた、余計に“あ~~あ。”を強調する。

食べ物と人のつながりは、スゴイ。

あらためて実感。。。

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

| | コメント (3)

またまた・エビフライのナゾ

前回の“続・エビフライのナゾ”をうけて、

“ご家族で天ぷらやエビフライを外で食べた事はありますか?

ご家族で、天ぷらを食べに外食したら、そうちゃん食べたりして。“

というコメントをはやままさんにいただきました。

 

その家族と一緒での外食ですが、

そうちゃん、家族と一緒とでは、外食はもちろん、そもそも外出することができません。

(学校や習い事など、いつものところへ行くことはできますが、そういう場所以外へでかけることが苦手です。

初めての場所や思いつきでヒョイと連れて行ったとしたら、行った先でとても不安がり、とても混乱します。)

それなのに、学校の先生やヘルパーさんとだったら、ほぼ、どこへでも(多少の混乱や不安を感じることがあるものの)、新しい場所にでも行くことができます。

 

家族と一緒に行けるとしたら、せいぜいマックのハンバーガー。

(マックは、“そうちゃんが好き・すぐ食べられる・すぐ帰れる”、の三拍子がそろっているので。)

けれど、学校での行事なら、レストラン大好き!

どこへでも機嫌よく向かいます。

(修学旅行で行ったホテルのビュッフェも、たいへん気に入っていたそうです<驚>!!

外出先で、先生は、特に困った(手こずった)記憶がない、とおっしゃいます。

そのくらい、まあまあ落ち着いているのでしょう。

 

家族と一緒なら、例えばのりものでいうと、観覧車が精いっぱいですが、

学校での行事なら、ジェットコースターにまで(しかも、ワハハハ笑いながら喜んで!!)乗れちゃいます。

(家族と乗った観覧車、、、思い出します・・・。

だんだん観覧車が上がっていくにつれ、不安のため、そうちゃん、「トイレ!」「トイレ!」と言い立ち上がり(不安になるとトイレに行きたがります。)、そうちゃん、バッタンバッタンしていたので、私たちの乗った観覧車だけ、揺れる揺れる!

それはも~、 相当な揺れでございました(笑)!!)

 

環境によって、できることとできないことが大きく左右するのが、そうちゃんの特徴なのかもしれません。

家族だからこそできること、家族ゆえにできないこと(他人だからこそできること)が、とてもはっきりしています。。。

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログラニングへ”というところをクリックしていただくとランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

P.S.

よしみさん。

環境さえ整えば、そうちゃんの笑顔が一つふえるので、こちらも常に作戦を練ってます(笑)!

たかのさん。

家では食べる、園では食べない。

そうちゃんと逆バージョンですね!!

| | コメント (4)

続・エビフライのナゾ

エビフライをめぐって、こちら側(私たち家族)の驚きは、前回、ブログに書きましたが、エビフライの向こう側にもまた同様に、驚きがあります。

 

“エビフライが嫌いなので、そうちゃん(長男・18歳・知的障害アリ)、家ではまったく食べない。“

ということを(この間その和食どころに連れて行った園の方に)伝えると、園の方は、

“え~~~っ?!?!”。

思わず声をあげずにはいられません。

 

“天ぷら”の向こう側にいる学校の先生もまた、同様に話すと、

“え~~~っ?!?!”。

のけぞって驚きを隠せません。

そして、その後に続くのは、これまた同様、

「いやあ、、、、(嫌いだなんて)信じられないです・・・。

だって、ものすごく美味しそうに食べてましたよ!!」。

 

そうなんです。

そうちゃんのナゾが深まるのは、(まさに)ここなんです!!

 

そうちゃんに“演技“はまったくないハズです。

そもそも、そうちゃんは、障害ゆえに、

“せっかく外食に来たんだから、、、、仕方ないから今日はガマンして食べようか・・・。”

なんて思えるほど器用ではありません。

(誰かに)気をつかって、仕方なく食べる、ということもできないでしょう。

だからこそのナゾなのです!!

 

家ではとても食べられないほど嫌いな食べ物でも、特別な状況がそろった時にのみ、ある瞬間だけは、“う~ん、おいしい!おいしい!!”と思える瞬間がある、ということなのでしょうか・・・???

その”特別な状況“こそ、ナゾなのですが・・・。

首をかしげるばかりです。。。。

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

P.S.

はやままさん・ビックママさん。

なにか謎解きできましたら、お知らせください(笑)。

| | コメント (3)

より以前の記事一覧