« 別の動物 | トップページ | お知らせ »

子供のピアノ&大人のピアノ

家でピアノを教えています。

私の小学生時代のピアノへの向き合い方を思い出すにつけ、、、

私がピアノとこういう形で(おもいがけず長く)つきあっていることは、考えてみるととても不思議ですが、今、とても楽しいです。

(その頃のことは、こちら。

「子供の頃の習い事・ピアノ編1/3」

http://chi-ha-ru.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/3_ef57.html

「子供の頃の習い事・ピアノ編2/3」

http://chi-ha-ru.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/post_eefa.html

「子供の頃の習い事・ピアノ編3/3」

http://chi-ha-ru.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_db60.html

 

弾けなかった曲を弾けるようになった今日。

ずっとはずかしそうだったのに、不意にピョコンと頭をさげ、小さな声であいさつを初めてできるようになった今日。

玄関にならんでいるスニーカーをみて、“ん、、、、大きい!”と思った今日。

子供は日々変化し、成長していくのだなあ、と、いつもハッとします。

ここにいる今は、みんな発達途上。

 

子供は素のまま。

いつもまっすぐ。

ぶれない。

だから、そばにいて気持ちがいい。

自然の中にいるような心地よさ。

 

そして、大人のレッスン。

大人は、子供と違って、目的(コンセプト)がピシーッと、はっきりしています。

“子供の頃はなんとな~く習っていた。

けれど、時間ができたらもう一度はじめてみたい、と、いつの日からかずっと思っていた。”、とか、

“憧れのこの曲を弾きた~~~い!”、とか。

 

どちらにしても、忙しくバタバタしている日々から、ピアノのためだけのために自分の貴重な時間をなんとかかんとかどうにか切り取る。

、、、、というところからはじまるので、意欲もモリモリ。

練習熱心!

楽しい!!気持ちがいっぱいいっぱい伝わってきます。

大人のピアノのレッスン、楽しいです。

おしゃべりもまた、楽しいデス。

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

|

« 別の動物 | トップページ | お知らせ »

日々いろいろ」カテゴリの記事

コメント

初めまして、次男(1歳)がソトスかマルファンの疑いがあります。
ブログ読ませて頂きました。
私はまだ子供の障害が断定されていないし、毎日不安の中過ごしています。
ちはるさんのブログの中の色んな言葉に心打たれました。
もしよければ生後間もない頃の様子や、1歳頃の様子を、もっとお聞かせ頂きたいです。

投稿: まゆみ | 2015年12月17日 (木) 09時18分

まゆみさん、はじめまして!
コメントをありがとうございます。
そうちゃんの小さいときの話は、ブログ右側のカテゴリーで”そうちゃん”を選んでいただくと、過去の記事一覧がすべてでてきます。

そうちゃんも、生後間もないときは、マルファンではないか、と言われました。
当時、ソトス症候群は染色体異常だろう、ということはわかっていましたが、何番目の染色体が欠損しているのか、というところまではわかりませんでした。
でも、その後研究がすすみ、今は、医療機関で検査すれば(長崎大学で研究がすすんでいるようです。)ソトス症候群かどうかわかるようになりました。

投稿: まゆみさんへ | 2015年12月18日 (金) 09時55分

コメントのお返事ありがとうございます!
そうちゃんカテゴリーを古い方から読んで、いま2011年まで来ました。
涙が出そうになった記事がたくさんありました。
ちはるさんのブログは愛情に満ち溢れていますね。
そうちゃん、感性豊かで素晴らしいです。合併症が無いのも本当によかったですね。
私の子はいま1歳になるところですが、まだ受け入れられず、歳を取って実際の月齢と発達の差がどんどん開いていくのが怖いです。
愛情一杯で育てたいのに、本当に母として最低です、
ちはるさんはそうちゃんがどれくらいの時に受け入れられたって思いましたか?
私もちはるさんみたいに素敵な母になれるでしょうか。。
ちはるさんのブログたくさん読んで自分のこれまでの考えを書き換えて行きたいです。

投稿: まゆみ | 2015年12月19日 (土) 23時42分

ほほえむこと、首がすわること、ハイハイすること、つかまり立ちすること、歩くこと。
まわりの赤ちゃんが何ということなくごく自然にものすごいスピードで進化していくのに、そうちゃんだけとり残されたように、生まれてからほんの少しづつしか成長しない不安。
焦り、そして失望。
まゆみさんの今頃がまさに、私が本当にやりきれなかった時期の頂点だったと思います。

ただ、だんだんとまわりの子供たちと差がつくにつれ、ますます辛くなる、、、と思いきや、途中でメーターがスパンと振り切れます(笑)
そうなったら、楽になります。
”漠然とした不安”がいちばんやっかいです。
次第に、”具体的な不安”に変わってきますが、こっちの方がよっぽど自分なりの作戦をたてられるのでマシになります(笑)

私は、そうちゃんが1歳になったころから自分が夢中になれてがんばれること(エレクトーン)を再びはじめました。
それがとてもすくいだったなあ、と思います。

大丈夫!
障害があっても、本当にかわいいです。
まゆみさんの目の前にいる赤ちゃんも、きっと先導して、まゆみさんにいろんな世界を紹介してくれるはずです。

投稿: まゆみさんへ | 2015年12月20日 (日) 22時58分

ちはるさんお久しぶりです。お知らせ読ませていただき り香さんのところへ伺ってきましたが、ガラケーを使用のためでしょう、`このページはこれ以上表示できません(メモリ不足)´となりました。可能な中でお会いできればと思います。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

ちはるさんに以前 又村あおいさんのブログをご紹介させていただきましたが、私が知的に障がいがあると言われている方のことや 自閉症等のことで一番やりとりさせていただいている信頼している方がいます。
ご自身は管理しきれなくなるため相互リンクはできないけれど、リンクしてくださることは全く構わないと言われていますのでご紹介させてください。

『こうくんを守れ!!!』というブログを書かれている `こうまま´こと荻野ます美さんです。
今年成人されるこうくんですが、高等部3年生の時に学校の先生の向き合い方のまずさから(私はこうくんの心を壊されたと思っていますが)、泣く泣く退学を選んだ経緯があります。
こうままご本人も「NPO法人ゆう」の副理事長として愛情ある素敵なことに邁進されています。
愛知県自閉症協会の親御さんたちで立ち上げた「つぼみプロジェクト」での勉強会へ昨年2度ほど参加させていただき

投稿: たかの | 2016年1月10日 (日) 15時17分

(つづき)
ました。
大切なことを共に学び合う心強さをいただきました(私は東京都内在住・在勤です)

これから ちはるさんに悩んだりつらかったりetc.etc.そうしたことがあってもなくても 何か参考やきっかけや提案その他を受け取れたらいいな、、、ラクな気持ちで立ち寄れるところのひとつになったらと思いました。

長くなりましたm(_ _)m
ちはるさんにこちらのブログで出逢えましたこと、心から感謝しています。ありがとうございました。
これから先もずっと ちはるさんのココロとカラダのご健康を何よりも祈っています。

投稿: たかの | 2016年1月10日 (日) 15時28分

こんばんは。
お久しぶりです!

ます美さんのステキなブログ、ご紹介くださってありがとうございますheart04
昨夜さっそく拝見させていただきました!
こうくんとそうちゃんがだぶってだぶって・・・。
お母様もとてもアクティブに活動していらっしゃって、学ぶところがたくさんあります。
これからまたゆっくり読ませていただきたいと思います。


”FOOD DAYS”はパソコンからもみれます。
”RIKA‘S BLOG”というところをクリックしていただくと、私のコーナーがありますshine

P。S。
サボり続けているこちらのブログも、いいかげん再開しなければなりません(笑)


投稿: たかのさんへ | 2016年1月12日 (火) 23時25分

え?・・・ん?・・・
ちはるさん、なんだか私はげしく勘違いをしたようです。 こちらのブログを閉じて り香さんのところへいかれるのかと思いました、アチャーーー(≧ω≦) 尚わたしは選んで好んでこれまでガラケーのみを使用しておりPCをもちません。フェイスブック、ツィッター、ラインetc.しておらず、見られなかったらそれはそれでいいんだな~と思っています。ふふふ(*^_^*) こちらこそ今年もどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: たかの | 2016年1月14日 (木) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 別の動物 | トップページ | お知らせ »