« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

別の動物

そうちゃん(長男・19歳・知的障害アリ)が大好きなバナナを食べるシーンより。。。

 

バナナが大好きなそうちゃんに、バナナをわたす。

皮をツーツーツーと半分までむき、“はい、どーぞ。“と、そうちゃんへ手渡す。

そうちゃんは、 「ありがと~。」 と言いながら、ものすごい勢いで、ろくすっぽ噛みもせず、どんどんバナナをすいあげるように食べる。

そして、その格好がまた!!

イスに座ったまま片膝をたて、大きく身を乗り出し、バナナを大きな手で鷲づかみするかのようにして、ムシャムシャムシャ。

 

途中、長女(11歳)が

「ね~ね~、ママ いいの~??」。

と言うのでふり返ると、

「そうちゃんね~、今、バナナ床に落としたのに、そのまま拾って食べてるよ~。」

「うん、いいのいいの。

だって、皮ごとおとした、、、と思うから、、、

まっ いいよいいよ。」。

 

それにしても、、、、 。

今まで毎日そうちゃんをみていたので、まったく感じなかったけれど、あらためてこうやってそうちゃんがバナナを食べる姿をまじまじとみると・・・。

なんと ワイルド~~!

 

「ね~、なっちゃん(長女のこと)。

そうちゃんみてるとさあ、原始人がバナナ食べているようにみえない?

なんかさー、人間は、こうやって進化してきたんだ、、、って気がする(笑)。」

私がそう言うと、長女は、

「いや、ママ~。

私には、オラウータンがバナナ食べてるようにしかみえない!

なんかさあ、、、、私、別の動物をみているみたい。」

と言うので、二人で笑った。

そして、“別の動物”という表現は、なぜかスポッと私の心にはまり、妙にあたたかく、しっくりした。

 

そうちゃんの障害をふくめ、いろんな意味で自分とはちがう誰かを受け入れよう、認めよう、とするとき、 “この目の前にいる人は、別の動物だ。” という入り口からはいると、とてもいいかも。

なんだかすんなりスムーズに受け入れられそう。

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

| | コメント (1)

そうちゃんDAY

そうちゃん(長男・19歳・知的障害アリ)が家をはなれて、気がつけばもう10か月。

ここにきてようやく、そうちゃんがいない空気、そうちゃんのいない生活が

ぎこちなくはなくなってきた。

まったくのちぐはぐではなくなってきた。

                           

それは、ようやく長く寒い冬が終わり、春が来て、暑い暑い夏がもう目前にせまり、、、

それにともなって、自然に筋肉がふわりとほぐれているからなのか。

季節がそうちゃんが家をはなれた日を追いかけ、もうすぐ一巡しようとしているからなのか。

あるいは、結局は、漠然と心配していたってどうしようもない。

あとは、大きな流れにまかせるよりほかない、という気持ちに至ったからなのか。

そうちゃんが、ほんの少しずつだけれど、新しい生活に慣れてきたのを時おり垣間見るからなのか。

きっと、、、どれも本当。。。

                                             

そうこうするうちに、最近、楽しみがふえた。

“そうちゃんDAY”という日ができたから。

そうちゃんが家に帰ってくると2泊するのだけれど、そのうち一日は、スケジュールをそうちゃん中心にばっちりあわせ、どっぷりそうちゃんにつきあう、という日。

それが、そうちゃんDAY。

                            

そうちゃんが好きなこと・好きな食べ物・好きな場所・好きなもの・行きたいところ、、、だけを、そうちゃんのためだけにいつもいつも考える。

一緒にドライブに行ったり、お散歩に行ったり、大好きなマックに行ったり。公園に行ったり、延々とつづく長い長い(そうちゃんの)おしゃべりにつきあったり。

こんな風にゆったりとそうちゃんと向き合える日がくるとは正直思ってもいなかった。

だから、うれしい。

至極の時。

                                     

そうちゃんと歩きながら、ふとそうちゃんの横顔をみる。

そうちゃんなりに精いっぱい、よくぞこんなにがんばっているなあ・・・

と思うこと、しきり。

私の方が勇気づけられる。

重い障害のため、物事を頭でうまく整理・把握できないそうちゃん。

いきなり環境が変わり、いったい自分の身になにが起こっているのかさえわからない混とんとした日々だと思う。

喜びや楽しさは表現できても、不安・戸惑い・怒り。

そんな思いを(わかってもらうために)言葉で(ほんの少しでも)伝える、という武器を、なに一つもたないそうちゃん。

そのそうちゃんを手放す、ということは、そうちゃんを、さながら身一つで戦地へおくりだしているよう。

そんな気持ちになることもある。

                                             

けれど、“そうちゃんDAY”にそうちゃんとゆっくりすごしていると、

そうちゃんは、そうちゃんにしかないものをちゃんともっている、と感じる。

なぜだろう、、、

そうちゃんのそばにいると、ただそれだけで、なんだか落ち着く。

ふわりとした笑顔をみていると、“もう十分!!”な気持ちがなぜかわいてくる。

そして、いつもどこかお茶目で、プッと笑ってしまう。

、、、、だから。

                     

今週末、そうちゃんが帰ってきます。

楽しみ~~です。

                            

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!

 

 


人気ブログランキングへ

| | コメント (3)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »