« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

ぶれない道徳

そうちゃん(長男・18歳・知的障害アリ)が家をでて、

“そうちゃんは、私たち家族に道徳を教えてくれる師”であることをあらためて感じている。

そしてそれは、そうちゃん独特のやり方でもってする、ぶれない道徳。。。

 

たとえば、

やさしい気持ちをもつ。

思いやりの心をもつ。

弱い人の力になる。

 

目先このへんにみえるちょっと、を考えるなら、それは意外と簡単かもしれないけれど、 ここからずっと先をみすえて、常にそうあろうとすることがどれだけ難しいことか。

いつもそうちゃんに習う。

 

そのためには、体力と時間。

想像力と柔軟性。

知恵と忍耐。

繊細さと大胆さ。

そして最後に、少なくとも目の前にいる人よりも、はるかに超えた心の余裕をもっていることが必要不可欠であることを、いつもそうちゃんに習う。

(実際は、このうち二つ三つそろうのが精いっぱい。)

 

そうちゃんは、“よし。”と”ダメ。“がはっきりしている。

“本当はダメだけど、今回はいい。“とか、”今日は特別いいことにしよう。“などということがない。

“よし”は、いつだってよし。

“ダメ”は、いつだってダメ。

 

そうちゃんにいろいろ習うけれど、(忘れるわけじゃないのに)とってもむずかしい。

今週末、そうちゃん(師)が帰ってくる。

だから、また習おう。。。。

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

| | コメント (1)

テレビとパパ

「えっっっ!!!!」

「信じられな~~~い!!」

「そうなんだーーーっ!!!」

「そうは みえないっ!!!」

 

そのひと言ひと言の(声の)大きいこと!

そして、大げさすぎる(オーバー)リアクション・・・。

 

週末、赴任先から帰ってきたパパが、ものすごく親しげにテレビを見ている。

その番組をのぞいてみると、さしてパパが特別好きな人が映っているでもなく、

そしてまた実際、そんなに驚くほど(びっくりするほど)のことを言っているわけでもなんでもないのに、(テレビから)発せられるひと言ひと言に、パパが笑顔で(それは律儀に)答えているではないか!!

 

単身赴任歴・4か月。

今や、“テレビがともだち。”と言いきるパパ。

(単身赴任前は、テレビはほとんど見ていなかったのに。)

こんなに騒がしい家から、今はたった一人・・・。

テレビがあって、よかった!!

週末は、テレビの前に置くリクライニングチェアが届くらしい。

さぞや、うれしかろー(笑)。

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

| | コメント (4)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »