« 音楽と刷り込み | トップページ | 小値賀島へ行く・レンタカー故障する »

小値賀島へ行く・はじめて船にのる

ゴールデンウィークは、私と姉家族&私の母の計8人で小値賀島へ。

(詳しくはこちら、姉のブログをご覧くださいませ。

http://fooddays.jp/

”長崎・五島列島の小値賀島“

“野崎と小値賀”)

 

小値賀島と野崎島は、どこかタイムスリップしてしまったような、安らぎの地。

蒼い海と緑の木々、小鳥のさえづりに爽やかな海風。

肩の力がすーっとぬけ、思わず深呼吸。

癒しの時を味わった空間でした。

姉家族は飛行機&高速船の組み合わせで向かいましたが、私たち家族は、夜出航する船にのって小値賀島へ行くことに。。。

 

その日の船は、満席。

(観光客らしき人が少なかったところをみると、ゴールデンウィークに島に里帰りする人が多く乗っている模様。)

小値賀島行きは、姉が企画してくれて急に行くことが決まったのですが、船の予約がぎりぎりとれたのは、2等船室。

そう、雑魚寝部屋です。

小値賀島へ船に乗って(泊まって)行くことを一番喜んだのは次男(8歳)でした。

なにしろ、船に泊まるのは初めて。

次男はキラキラと目を輝かせながら言います。

「ね~ママ、ボクたちののる船ってさ~、豪華客船!?」

「その船、なんて名前なの?

もしかしてクイーン・エリザベス号??」

そんな次男に、

「まっ、行けばわかるから(笑)。」

と一言。

船乗り場へ向かいました。

 

その日、船は満席なので、雑魚寝部屋の場所取りに出航時間の2時間前には行くよう勧められ、そうすることに。

(、、、、ということで、実際は船に乗って5時間で島に着くのですが、私たちは計7時間、船に乗っていたことになります。)

だだっ広い畳の部屋があり、私たち家族&母の合わせて5人のスペースを確保!

今夜は、2畳半位のスペースを5人で分け合って寝ることに。

(あらかじめ、縦横等間隔で黒い羊かんみたいな形の枕が置かれているので、与えられるスペースは、皆等しく決まっています。

体を寄せ合いながら横になるも、足は伸ばせません。

横ももちろんですが、縦のスペースも狭いので、エビのように体を曲げて寝なければ!)

 

船の中は、老若男女、いろんな世代の人がいて、こっちでトランプをして楽しむ人あれば、ビールとおつまみを食べる人、自販機のカップヌードルを食べて海をボーっと眺める人、本を読みふけっている人、最初から“寝よう!”と決めているのか、船に乗るなりずーーっと寝続ける人。

はじめてなんだけど、どこか懐かしい気持ちがする面々。

けっこう新鮮な空間でした。

慣れるとなかなか楽しく快適空間。

船も出航し、電気も消され、さあ、寝るとしますか!

 

ところが。

私の隣に1歳くらいの赤ちゃんがいたのですが、船の灯りが消え、みんながさあ寝ようか、という時間になったとたん、いつもと環境がちがうことに驚いたのか、ぐずぐずと泣きはじめ、なんと、翌朝船が着くまでの間ほぼずっと泣いていました。

夜中に、だだっ広い畳の部屋いっぱいに、響き渡る赤ちゃんの泣き声。

さあ寝よう、と横たわっている人たちを前に、夜通し、お母さんとお父さんは交代でその赤ちゃんをずーっと抱っこしていました。

お母さんとお父さんがどんな気持ちで赤ちゃんを抱っこしていたか・・・。

夜通し、赤ちゃんを抱いてあやしている姿に胸がキュンとし、そしてなんだかいたたまれず、心の中で「がんばれ~!」。

エールをおくりながら明けた朝。

 

ところが、 早朝、船が港につき、さあおりるぞ、という時になって、その部屋に寝ていた人たちの顔をみて驚きました。

だれか一人くらい、赤ちゃんの泣き声を不快に思って冴えない顔をしている人がいるんじゃないかな、と思ったけれど、そんな人は一人もいません。

みんななにごともなかったようにサッサと荷物をまとめ、スーッと降りて行く姿に、すばらしいな こりゃ、と、まず思いました。

みんな、「これが二等船室の醍醐味さ。」と言わんばかりの顔です。

お母さんに、 「昨日は赤ちゃんが泣いて大変でしたね~。」 なんて、そんな野暮なことを言う人もなく、私はそこに大人の礼儀を感じ、いたく感動。

その赤ちゃん家族を包み込む優しさと品格がそこにありました。

そして、ずっと夜通し赤ちゃんを抱っこしていたお母さんたちにも拍手です。

きっと素晴らしい島旅になるな、と、その時確信!

小値賀の旅がはじまりました。。。

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の”人気ブログランキングへ“というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

P.S.

のんりんさん・みはるママさん、コメントありがとうございます!!

|

« 音楽と刷り込み | トップページ | 小値賀島へ行く・レンタカー故障する »

事件」カテゴリの記事

コメント

いつもながら素晴らしい文章! あっぱれです。涙がでました。 いつもありがとう!

投稿: みず | 2014年5月 8日 (木) 19時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 音楽と刷り込み | トップページ | 小値賀島へ行く・レンタカー故障する »