« 次男のやきもち | トップページ | そうちゃんの成長~その2 »

そうちゃんの成長~その1

そうちゃん(長男・17歳・知的障害アリ)の学校では、“作業学習”という学習がある。

高等部の1年~3年生の子供たちが縦割りで、木工班・窯芸班・園芸班など、いくつかの班に分かれ、数週間にわたり、一日中それぞれの作業をみんなでする、というもの。

たとえばそうちゃんのいる木工班。

ここでは、木を切ったり、切った木をみがいてなめらかにしたり、その木を組み立てて万能イス(踏み台のようなもの)やしゃもじやバナナハンガーを作ったり、、、という作業。

(そのできあがった作品は、年一回、学校の体育館であるバザーで販売される。)

そうちゃんは、木を切ったり・切った木をみがく、の担当。

この作業学習(作業そのものは、中学部から始まる。)がはじまったころ、私は思った。

「作業ったって、、、、。

いったいそうちゃんに、何ができるのかな?」。

 

で、その予想は、はずれることはなかった。

作業の授業参観(そうちゃんが中学3年くらいの時)に行くと・・・。

そうちゃんは、ちょうどノコギリを前後に動かして木を切っているところだった。

でも、よく見ると、両手でノコギリを動かしているのは(もちろん)先生で、そうちゃんは、先生の手の甲に指を2~3本、のっけているだけ。

それも、ノコギリがせわしなくギコギコと前後に動くので、指をのっけることさえままならず、時々そうちゃんの手が先生の手に触れていることがあるかな?、という程度。

何をやらされているのかもわからず、そうちゃんの目は、明後日の方向をみて、気もそぞろ。

先生から手元をみるよううながされても、うわのそら。

作業どころか、作業のお部屋にいるのが精いっぱいだった、あの頃。

ところが、あれから2年。

 

今は、というと、そうちゃん、誰にも負けないくらいに木工班の戦力となっている、というではありませんか!!

そうちゃん、先生から“さあ、ちょっとひと休みしようか。”といわれるまでノンストップで、木を切りつづけているそう。

もちろん、木をノコギリで切る、といっても、大工さんのように器用にノコギリを操れるハズはなく。

そこで登場するのが、“マイターソー”という器具。

世の中には、誰が考えついたのか、便利な道具があるものだ!

なんでも、木を切る前に、その都度これから切る木をセッティングして固定すると、あとは付属しているノコギリを前後に動かすだけで、思った通りの長さの木を切ることができる、、、、そんなお助けマン。

 

最初はもちろん、先生が隣について、その器具を操作していたらしいのだけれど、今は、ほぼそうちゃん一人でちゃんと器具をつかえるようにまでなり(もちろん、横で先生が監督。)、あとはモクモクと仕事に励んでいるらしい。

しかも、毎日、その作業をするのがとても楽しくてたまらないらしく、その姿は先生も驚くほどらしい。

こんな風に作業ができる日がこようとは、正直、想像もできなかったので、そうちゃんの成長には驚き!

そして、、、感無量。

 

毎日、先生から一日の作業をふりかえっての日誌をもらうのだけれど、

“これがうちにいるそうちゃんと同じそうちゃん??”

と目を疑うほど、頑張っている らしい。

も~ ほめられっぱなし。

(まっ、それもそのはず。

“いいこと“をだけをトピックスとして日誌に書いてもらっているには違いないのだけれど。<笑>)

 

毎朝、

「マイターソー がんばる!」

「エイ エイ オーッ!」

(実際のことばは、とても不明瞭。)

と言ってはりきって家をでるのだけれど、学校に行ってからもヤル気モリモリ。

本当に楽しそうに作業しているらしい。

 

なんだか、あらためて、“教育”ってすばらしいなあ、と思う。

“こんなこと続けても、なにになるかな?

ずっとできるようには、ならないかもしれない。”

と(心底)思っても、そこをなんとか

“いやいや、いつかきっと できるようになる!”。

そう思い直し、ああでもないこうでもないと策をねりながら昨日、今日、明日と続ける。

決して焦らず、でもしっかりと先を見すえて、大切なのはとにかく毎日続けていくこと。

これが教育なんだなあ、と、しみじみ。

なにより、そうちゃんにも通える学校があって、本当によかったなあ、と思う。

その延長線で、こんなそうちゃんの成長をみることができるなんて!

 

けれど、こんなそうちゃんの成長をみるには、気が遠くなるのどの時間がかかったなあ。

その長い道をたどっていくと、そうちゃんが2歳になる頃から通い始めた療育園(障害のある子供たちが通う幼稚園のようなもの。)に始まる。

その頃のそうちゃん?

ん~、、、ひどいものでした(笑)。。。

次回につづく

 

P.S.

せいさん・ますこさん、こんにちは。

応援してくれる人は、そうちゃんのような子供はとても敏感に感じます!

そういうセンサーは、とても鋭いです。

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というころをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!
人気ブログランキングへ

|

« 次男のやきもち | トップページ | そうちゃんの成長~その2 »

そうちゃん」カテゴリの記事

コメント

そうちゃんの成長をわが子のように喜んでいます(^0^)

そうちゃんは水泳も続けているんですよね♪

スイミングにいくとわかるのですが、一番最初は怖くて手もふちから離すこともできなかった子が、数か月後には水中の輪っかをとることができるようになったり、続けるって大切なことだなって思いますよね

何事も続けていれば、何か見えてくるというのがわたしの昔からの考えで。
そんなこんなでOL15年続けて結婚しましたが、それがいかされているかは??ですが(笑)楽しく子育てさせてもらっています。

子供から学ぶことって多いですよねぇ

投稿: チョコ | 2013年11月22日 (金) 12時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 次男のやきもち | トップページ | そうちゃんの成長~その2 »