« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

「わた毛さんの ながいたび」

今日から二泊、そうちゃん(長男・17歳・知的障害アリ)、お泊り。

将来、親元をはなれて施設で暮らすようになったときの練習のため、月に一度、そうちゃんはショートステイにでかける。

今朝、そうちゃんをショートステイに送って家に戻り、お掃除。

掃除機をブイ~ンブイ~ンとかけていたら、本棚からパラリと落ちてきた。

次男(8歳)が学校で書いたらしい、詩が。

 

ん~ ど~れどれー 

どんな詩かな~?

と、軽い気持ちでよんで、驚いた。

こちらが次男の詩。

 

 「わた毛さんの ながいたび」

   わた毛さん ふわふわお空を たびしたいな

   でも おわかれは つらいと思う

   ある日 おかあさんといたら

   とてもつよい風が ふいてきた

   そしたら 体がうき上がって

   さよならをするときが きちゃったよ

   ぼくも なかまをふやすよと 

   わた毛さんは言ったよ

 

ブイ~ンブイ~ンブイ~ン・・・・

掃除機をかけたまま、しばしぼう然。

“そうちゃん””わた毛さん”が、私の中で完全にだぶってしまった。

私はその日がきたら、笑顔でちゃんと送り出せるのかな?

も~、この詩をよんだ瞬間に、一瞬でその(笑顔でバイバイの)自信がふっとんだ(笑)。

 

それにしても・・・

“ぼくも なかまをふやすよ”、、、かあ。

この響きがとても新鮮で、なんだか妙に心が落ち着いた。

子供の書く詩は いいなあ。。。

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いっぱい応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

ヒアリング力

私のまわり、けっこうゆったりしたテンポで話す人が多いかも。

母・よしこは、テンポがゆったりな上、昔から、

“ほら、あれ、、、、。

 なんだったかしら、、、ほら?“

と、日常会話の中に頻繁に“連想ゲーム”も入ってくるため、とても話の進みが遅い。

(父と姉も特別ゆっくりではないけれど、かといって早くはない。)

 

まあ、”ペラペラペラペラ~っ”と、早口な人でも、方言やなまりで、

 “○○やけんね~”

 “○○するった~い。”。

 “そやからな~”

 “○○やで~”

じゃけ~”

と、語尾さえのびていれば、(私にとっては)ぜんぜん大丈夫。

ヒアリング・おっけー。

ところが。。。

 

最近気づいたのだけれど、まったくの標準語での(語尾ものびない場合)ものすご~い早口は、私、どーも、ヒアリング難、であることが判明!!

母・よしこにそのことを言うと、

「あらっ ママもよ!!

 ママも、早口の人と話すと、話の半分も理解できないのよ~!!

 まあ、やっぱり、ちはるも??」。

と言うので、なんだ、それがフツウか、と思ったけれど、

ダンナに聞くと、

「はっ??

そんなん、早口だって理解できるに きまっとーやない。」

と言うので、それほどフツウでもないらしい・・・???

 

語尾ののびない早口は、私、話をきいても、なんだかまるで外国語のよう。

まずは、よくこんなに早くしゃべれるな~、と感心しきり。

でもって、

“それにしても、、、はっ、、、はやいな~、ちょっと~!”とか、

“息継ぎは いつするんだろうね??”とか、

“肺活量、すごいだろうなあ~?” とか、そっちばっかり気になっていけません(笑)

(相手が息継ぎしないと、聞いている私も相手の話のセンテンスが終わるまで息継ぎしてないのか、相手が話し終わった頃には、私、やや酸欠状態。

、、、、とまではいきませんが、十分息苦しい、くらいにはなっとります<笑>)

 

脈々と流れる自分のテンポがゆったりなのかなんなのか、、、

そのへんはわからないけど、このヒアリング力、これからでものびて行くものでなんでしょうか。。。

ギモンです(笑)

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございま~す!!


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

「もうすでに がんばってるから!」

長女(9歳)が通っているバスケットクラブの夏合宿の案内が来た。

一泊二日。

 

日頃、バスケットの試合があっても、ちょこちょこ試合をみにいったり応援にいったりすることがないので、じゃあ、この機会に行ってみようかと思い・・・。

「なっちゃん(長女のこと)。

 ママ、合宿一日目の練習の時間に行こうかな~。

 (案内のプリントには、親が行ける時間帯に○印をつけるようになっている。)。」

そして、

「はっくん(次男・8歳)と一緒に行って、なっちゃんが練習してるとき、“がんばれ~! がんばれ~!”とか言って、二人で応援しようかな!」

と、私が言うと、思いがけず、長女が言う。

「うわ~っ、それはやめてえ~。

 はずかしいから~。」。

 

「えっ、そう?

 でもさ、だいたい普段から(他のお友達の)ママたち、応援してるでしょ?

 練習とか試合の時とか?」

私がそう言うと、長女は、きっぱりと言った。

「ママ。

 あのね~、私は、ママから“がんばれ~っ!”って応援してもらわなくってもね、

 もうすでに、バスケット、いつもがんばってるから!」。

 

「じゃあさー、練習みに行った時、ママたち、どうしてればいいの?」

すると、長女、私の目をまっすぐみながら、

「ママはね、“なっちゃん、がんばってるな~。“って思って、黙って私のことをみててほしい。

 私ががんばってる姿をずっとみててほしい。」

と言う。

ドキリとした。

でも、これぞ真髄!

 

つまりは、自分が選んだこと、自分が好きなことは、人から何も言われなくったって“がんばれる”ってことか。

逆に、“しなさい! しなさい!!”と言われなきゃしないことは、キャンキャン言われてさえも、なかなかがんばれないもの。

(これは、私の子供時代に体験済み。

たとえば、こちら。

まっ、こちらはもっとひどいです。

(どんだけ)言われてもやらなかった、ケースですな。<笑>

“ノーシューズ ノーマネー”

http://chi-ha-ru.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_1218.html

 

そうか。

子育てにおいては、言っても言ってもなかなかやらないことにエネルギーをつぎ込むより、 言われなくてもすすんでがんばれることをみつけて静かに見守る方が、親にとっても子供にとっても、お互いのためになることなのかも。

子供三人(長男・長女・次男)をみていても、私が言わないとしないことは、言わなくなった途端に(きれいさっぱり)しなくなることも、すでに立証済みであります。

そもそも、がんばれることって、それぞれに決まっているのかな。

最近、そういう風に思うこと(思う機会)が、なぜかとても多い今日この頃です。。。。

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ポイントが上がります。

たくさんの応援、ありがとうございま~す!!


人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

ありがとうございました!!

姉が出た“ソロモン流”、たくさんの方がみてくださったみたいで、 どうもありがとうございました!!

私にとっても、姉がこんなに長時間テレビにでるのは初めてなので、とても不思議な夜でした(笑)

 

姉がブログで“髪がボサボサだった。”と書いていますが、

(姉のブログはこちら。

http://ameblo.jp/rikayukimasa/

そういえば、広島アンデルセン(広島アンデルセンにて、姉の“トーク&ランチ会”が行われました。)にむかった朝も。。。

 

姉から(ソロモン流の撮影のため)カメラがまわると聞いていたので、広島へ向かう前、旅行バックに、ドライヤーの前にシュッシュッとするローションまで入れていた私。

、、、でも、ホテルに泊まり、翌朝、目覚め、

“さあ このボサボサ頭をなんとかしよう。“と、旅行バックからローションをとりだしたものの、肝心なくるくるドライヤーが、ない。

忘れちゃった。

 

まっ、でも、ここは本日の主役。

同じくボサボサ頭のまま、まだまだのんびり寝ている姉(主役)にかりればいいだけか。

「ね~、りかちゃん、くるくるドライヤーかして~。

 忘れちゃったー。」

私が姉に言うと、姉、ベッドからがバッと起き上がり、

「えっ!! 

 ちはるちゃんも(ドライヤー忘れたの)??」。

、、、ということで、私たち、ボサボサ頭とあいなったわけであります(笑)。

 

ソロモン流、そういえば、私もほんの一瞬(姉との再会のシーン。)でましたが、長女(9歳)と次男(7歳)は、こんな感想を言っていました。

「うーん、ちょっと~~~、、、ママ、ダメ。(不満そう。)

 ママ、もうちょっと表現力をもって、もっと演技力をもってさ~。」

 「もっとお腹の底から大きな声でセリフを言えばよかったのに~。」

 

えっ、セリフ??

なにそれ??

って、どんなふうに?

 

私が尋ねると、次男、お手本をみせてくれた。

震えるほどものすごーく大きな声で、大げさに両手を天にむかって振りあげ、ブルブルふるわせながら、

「りかちゃーーーーーん!!

 お~~っ 久しぶりだね~~~~!!

あ~ 会いたかったわ~~~!!

 どこ? どこ? どこ?

 これからどこに行く~~~??」

そう言って、ガバッと思い切ってジャンプ。

姉に大げさにだきつけばよかった、そうだ。

 

なんか、次男たち、学校の学芸会の劇とすっかり勘違いしている風だけれど、、、

じゃ、こんどまた機会があったら、ぜひ。

 

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

”ソロモン流”に姉がでます!!

今週日曜日(6月23日)に放送される“ソロモン流” に姉がでます!!

(テレビ東京・夜9時54分~

http://www.tv-tokyo.co.jp/solomon/index.html

(行正 り香:お料理やインテリアの本などを出版しています。)

お時間あったら、ぜひご覧くださいませ。。。

 

まさか、姉が“ソロモン流“に出演できるとは、家族一同、驚きでしかありません(笑)

姉がはじめて、お料理の本を出版したのが、かれこれ15年前。

姉から初めて、「今度 お料理の本をだすよ。」と聞いた時、私たち家族は、 会社の広報誌か社内新聞かそのあたりに(当時、姉は電通に勤めていました。) 姉のレシピがチョロチョロっと載った”ミニミニクッキング・別冊“くらいの形ででるのだろう、と、思っていました。

(なので、実際、本屋さんに並んだ姉の本をみた時は、家族みんなで“うお~~っ!!”。

思わずうなり、卒倒しそうでした<笑>)

 

あれから長い年月を経てもなお、姉はお料理やお菓子、インテリアにまで幅をひろげて、たくさんの本を出版しています。

(最近では、“なるほどエージェント”を立ち上げ、

<こちらです。http://www.naruhodoagent.com/anime/

“子供のお料理アプリ”も、ただ今考え中です。)

 

姉は言います。

「ちはるちゃん。

 りか(姉のこと)の仕事は華やかにみえるかもしれないけど、

実際は、とっても地味なんだよ。」。

 

確かに、出版された本をみると、どのお料理も美しくピカンと光輝いて、とっても優雅。

けれど、ここに至るまでの舞台裏では、きっといろんなことがあったはずです。

レシピを頭をひねって考えて、よいしょよいしょと重たい荷物をかかえ買い物して、試作。

試行錯誤しながらも1つ1つのお料理を完成させて、盛り付けを考えて。

そのお料理のためのエッセイも書きそえて。

確かにくり返し、これをずっと続けて行くことは並大抵ではなかったと思います。

この作業を続けて行く間、姉は結婚、出産、育児。

子育ても、いちばん手のかかる大変な時期とも重なります。

姉の子供(女の子が二人います。)は(容赦なく)泣いたり機嫌が悪かったり風邪をひいたり熱をだしたり病気になったりしたこともあったはずです。

でも、そんなこんな中でもがんばって続けてきた先に、この“ソロモン流“。

 

広島での撮影の際は、私も遊びに行きました。

とっても素敵なディレクターとカメラマンの方にもお会いできて、番組がどんな作品に仕上がっているのか、とーっても楽しみです!!

もしお時間があったら、ぜひどうぞ。。。

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキング”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

| | コメント (11)

そうちゃん・心臓二次検診・作戦を練る~その2<完>

前回ブログのつづき

 

う~ん、困った。

とっても 困った。 。。

 

まずは、そうちゃんが本当に心臓が悪かったら、、、という思い。

昔を思い出すにつけ、ちょっとずつよみがえってくる。

けれど、その前にもう一つ、“困ったこと”が立ちはだかる。

いったい、そうちゃんは、(もう何年も受けられなかった)心電図検査を再び受けることができるのか???

 

長女(9歳)や次男(8歳)だったら、ただとりあえず、ただ(再検査のある)会場に足をむければよい。

ただそれだけ。

でも、そうちゃんの場合、、、、 そうはいかない。

今度再検査をするところは、そうちゃんが行ったことのない病院。

そうちゃんは、病院にしても、髪切り屋さんにしても、レストランにしても、、、、

とにかく新しい場所が苦手。

しかも、私やパパや身内が連れて行こうものなら、(イヤだ!という気持ちを表現しやすいのか?)とても混乱が激しい。

だから、私たちとなら一緒には行けないけれど、学校の先生やヘルパーさんとなら行ける、という場は思いのほか多いのだ。

 

でも、ヘルパーさんとでさえ、今回の場合、そうやすやすと検診を受けさせてもらえるとは、到底思えないなあ。

(もし、そうちゃんを力づくで連れて行ったとしたら・・・。

心電図検査の器械から頼りなく伸びているあのヒョロヒョロとした細い線を、そうちゃんは、混乱して引っ張ったひょうしにブチッブチッ!

引きちぎってしまうかも?!。

きっとウン百万、いや、それ以上する器械をアッサリ壊し、、、、

ひゃ~ それは、ならんならん!!

でも、ぜんぜんあり得そうでこわい。。。)

う~ん、これは、、、、 作戦を練る必要が大いにあるゾ。。。

 

そう。

もし、どうしても連れて行かなきゃいけない、というのであれば、まずはヘルパーさんにたのみ、そして、病院へも事情を話して、麻酔銃なり(笑)なんなりの用意を周到にしてもらい、万全の態勢でのぞまなければ、心電図検査なんて、うけられるハズもない。。。

(ちなみに、この辺のところ、私の頭の中のイメージは、特殊急襲部隊“SAT(サット)”そのもの。)

、、、と、いろいろいろいろ思いめぐらせていた時、ふと、私の中で疑問が。

”そもそも、、、ほんとうに受けなきゃいけない検査なのかな?? ”

 

もちろん、本当に心臓になんらかの疑い(問題)があるのなら、それこそ、作戦を練って連れて行かなくてはならない。

いや、、、 でも、、、まてよ、、、。

さっきから、CDを聴きながら無邪気に楽しく歌っているそうちゃんをみているのだけど、、、。

、、、ん?

肌つやもよく、頬はバラ色(?)、気分も上々。

冷静にみると、、、 そうちゃんは、とても元気じゃないか?!

素人目にみても、心臓が悪い風には、まったくみえないゾ。

(昔、そうちゃんが心臓が悪かった時は、顔色は青白く、呼吸はハアハアときつそうで、、、、

どれ一つとっても、どこかが、なにかが具合悪いことは、一目瞭然だった。)

 

そして、もう一つの疑問が頭に。

”いったい、そうちゃんは、、、、そもそも、心電図検査を安静にしてとれたのかい?”

 

さっそく、学校の先生に聞いたところ、ベッドに寝たものの、そうちゃん、チャンスさえあれば起き上がってベッドをおりようとしていたとのこと!

ほーほー。

なるほど~。

しめしめ。

 

これはもしかして、、、。

動いたゆえに、心電図の波形が乱れ、再検査、ってことになっていたら幸いだな、と思い、通知をいただいた医師会に問い合わせることに。

最初、電話にでた事務のお姉さんは、“もう一度検査を受けていただかないと。”と言っていたけれど、そうちゃんの事情を話すと、専門の先生にもう一度心電図をチェックしていただけることに!

結果、再検査は免れました!!

(安静でない状態で検査を行った、という状況を考慮したら、波形の乱れは正常範囲、とのこと!)

 

あ~ やれやれ。

よかった よかった!!

う~ん、とりあえずは今回はよかった。

でも、、、、。

そうちゃんと同じような(知的)障害のある方たちは、具合が悪くなったとき、年をとったとき、どんな形で医療機関とつきあっていくのでしょうか?

いろいろと調べてあげたい、でも、障害のある人と接することには慣れていない病院側と、とにかく怖いこと、不安なことは(理屈を理解できないゆえに)、断じて受け入れられないそうちゃんたち。

とても難しい問題だなあ。。。

おしまい

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

| | コメント (4)

そうちゃん・心臓二次検診・作戦を練る~その1

そうちゃん(長男・17歳・知的障害アリ)、ここ何年か、学校の健康診断の一つにある“心電図検査“を受けられず、だった。

理由は簡単。

“ベッドに寝かされて、コードを体にペッタンペッタン。

 いったいそれで なにするんだよ~???“

、、、と、“心電図検査をする意味”が、そうちゃんには、さっぱりわからない(理解できない)から。

よって、毎年、自分の順番になると急に怖くなり、バタバタと騒ぎだし、とても検査できる状態ではなくなるらしい。

結果、検査は受けられず、毎年見送ってきた。

 

が、今年はなんと!

いったい、そうちゃんにどんな心境の変化があったのか??

それはわからないけれど、心電図検査を受けることができたのだ!

担任の先生、ならびに保健室の先生も、これにはとても驚き、すごーく喜んでくれたらしい。

、、、が!!

しばらくたった頃、学校から茶封筒が私のもとに。。。

それは、“心臓二次検診のお知らせ”。

 

うちのそうちゃんも、とうとう学校で心電図がとれる日が来たのか!!

、、、と、そうちゃんの成長をかみしめ、ただただ喜んでいた矢先の通知。

その通知には、

“心電図検査により、二次検診の対象になっています。

 本状をもって、保護者同伴で受検されますようお願いいたします。“

 

最近ではもう、すっかり昔話のようになっていたけれど、

その茶封筒を片手に、 そういえば、そうちゃんは、生まれてすぐは心臓が悪かったことを今更ながら思い出す。

そうだそうだ、そうだったっけ・・・。

あの頃のことが、タッタカタッタッター、と、突然頭によぎる。。。

 

(そうちゃんのその頃、の話はこちら。

そうちゃん誕生前夜の混乱物語~前編

http://chi-ha-ru.cocolog-nifty.com/blog/2006/02/post_6bf6.html

そうちゃん誕生前夜の混乱物語~後編

http://chi-ha-ru.cocolog-nifty.com/blog/2006/02/post_1a49.html

そうちゃん出産後・病院にて(1/3)~救急車がやってくる

http://chi-ha-ru.cocolog-nifty.com/blog/2006/03/3_16a9.html

そうちゃん出産後・病院にて(2/3)~ごはん

http://chi-ha-ru.cocolog-nifty.com/blog/2006/03/post_a74b.html

そうちゃん出産後・病院にて(3/3)~エビフライ

http://chi-ha-ru.cocolog-nifty.com/blog/2006/03/post_dd73.html

心にしみた豚肉の梅しそ巻き

http://chi-ha-ru.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_0509.html

母の強さ(1/3)

http://chi-ha-ru.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/post_a03b.html

母の強さ(2/3)

http://chi-ha-ru.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/post_596b.html

母の強さ(3/3)

http://chi-ha-ru.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/post_0c34.html

次回につづく

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の”人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

広島アンデルセン

広島アンデルセンへ行きました。

“広島アンデルセン”は、こちら。

http://www.andersen.co.jp/hiroshima/

なんと、広島アンデルセンにて催されたの姉(行正り香:料理研究家、、、と、いわれています。)の”トーク&ランチ会”に初・参加。

と~っても楽しい時間をすごしました!!

 

いつか一度、どんな風なのか行ってみたいな、と思っていましたが、思いがけず急きょ、(姉から誘われ)行けることになりました。

今回は、姉が最近出版したインテリアの本(“行正り香のインテリア 心地よく暮らすためのルールとアイデア”・講談社)の紹介をまじえながら、

姉が一人で約一時間、リフォームする時のポイント(壁の色、床の色、照明の選び方etc・・・)などなどペラペラペラペラとおしゃべり。

そのあと、姉のレシピをもとにつくられたお料理のコースランチをいただく、というものでした。

 

姉の、舌も滑らか~な、流れるように続くトーク(実は姉、意外と家では、それほどいっぱいはしゃべりません。)に、ひたすら感心感心。

すごいなあ。

緊張などしている様子はみじんもなく、終始リラックスしてしゃべりまくる姉に驚きながらも、次に続く美味しいランチに舌づつみ。

しあわせ~な ひと時。

 

中でも印象的だったのは、姉のトーク&ランチ会に参加してくださっていた方たち!!

ステキな方ばかりで驚きました!!

姉のために、わざわざ遠方から(飛行機や新幹線にのって)きてくださっていたり、

「今日で(参加するのは)三回目!」という方がいらしたり。

幼なじみのお友達同士でいつもきている、、という方や、ママ友のこれまた仲良しさん同士で、という方も。

姉の友人もわざわざ足をはこんでくださっていたり。

年齢層も幅広く、50名近い方たちが姉のために集結!

本当にみなさん、ステキな方ばかりで、いっしょにしゃべると楽しくて!!

こんなにもたくさん、こんなにも愛情深く姉のことを応援してくださる方が大勢いらっしゃるなんて!

びっくりすると同時に、感激してしまいました。

 

初めてお会いするのに、これがどうして、昔から知っているような親近感。

私以上にみなさんも姉のことや私たち家族のことを知っていらして、

もしかして、これって、(姉・幹事の)同窓会??

、、、というような奇妙な錯覚にも途中、(勝手に)陥ったりしていました(笑)

私のこのブログも読んでくださっている方もいらしたり(ありがとうございます!!)、、、

なんだか とっても楽しくって楽しくって楽しかった!!一日でした。

仲間にいれてくださって、どうもありがとうございました!

またいつか、遊びに行きたいなあ、広島アンデルセン!!

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただいくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

| | コメント (5)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »