« そうちゃん・17歳になる | トップページ | 八百屋さん »

夜の献立

この間、朝、パパを車で送ったときのこと。

私は、ふと言った。

「あっ そうだ。

 今日は、トマトソースのパスタにしよう。

 おいしい完熟のトマトがたくさんあるから!

 、、、でさっ、そうそう。

この間お魚屋さんでおいしそうな渡り蟹が売ってたから、今日はそれを買ってみよう!

 夜は、“渡り蟹のトマトソースパスタ”ね!!」。

すると、パパ、

「い~ね~!」。

 

ところが。

その日、パパが帰ってみると、、、、。

献立は急きょ変更、で、“サーモンのバター焼き”。

 

そしてまたある日。

学校から帰ってきた長女(9歳)がバスケットにでかける前、

「ママ。

 今日のごはん、な~に?」

 「今日はね、オムレツと豚汁よ!」

 

ところが。

長女が帰ってみると、、、、。

献立はまたまた変更。

で、“鶏のから揚げと野菜スープ”だったりする。

長女は、とても不思議そうに私をのぞき込みながら、

「ママ、、、、 ごはん、ぜんぜんちがうじゃない!!

 しかもさー、ママがさっき言ってたメニューなんて、一品もないじゃない!!」

 

そう。

そうなのだ。

私、ちょっと前まえは、ちょこちょこお買いものに行く人だった。

けれど、最近は時間短縮のため、なるべくまとめ買いをするように。

すると、常に二つ三つ(いや、三つ四つ)、おかずの候補はある、という毎日に。

が、しかし、選択肢がありすぎて、なかなか“今から、これが絶対食べたい!!”というものに焦点が定まらなかったりする。

すると、、、、 こういうことになるよーだ。

 

そもそも、私の唯一の権限(?)により、夜は、自分が“今 食べたい!!”ものを作る、というのが私の中の世界基準。

が、この”今”がたいそう微妙で、食べたいものは刻々と変わってくる。

キッチンに立ち、包丁をにぎり、さあ作ろうとした瞬間、

「はてさて。

 まてよ~。

 今日食べたいものは、、、これじゃない。」

と、まな板の上にのっかった食材をみて、よく思う。

結果、、、

こういうことになるよーだ。

 

ただ、こういうことがあまりに続くと、みんながうるさい。

だから、それこそ昨日、子供たちにはこう言った。

「今日のごはんはな~に?、って、もう聞かないで。

 これからは、もう教えないから。

 みんな、テーブルにでてきたのもを 静かに(文句言わずに)たべてちょーだい。

 ねっ。」。

子供たち一同、しずかに、コックリうなずいた。

了解、ということか・・・???

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の”人気ブログランキングへ“というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

|

« そうちゃん・17歳になる | トップページ | 八百屋さん »

日々いろいろ」カテゴリの記事