« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

クワガタ・冬眠から目覚める

玄関先(外)で飼っていたクワガタが無事冬を越え、冬眠からお目覚めに!!

 

「クワガタが生きてる!!」

昨日の夜おそく、パパの声に玄関へ行ってみると、確かに!

虫かごの中のクワガタが、ゴソゴソと動いている。

 

なんでまた!

ど~して??

(冬眠から目覚めた動物をみるのは、これが初めて。

まさか、生きているとは思わなかった。)

 

私は、クワガタの入っている昆虫ケースをのぞきこみながらヘタヘタと座り込む。

驚き。

そして、神秘。

 

聞けば、このクワガタくん、昨年の秋(10月)に餌の昆虫ゼリーを食べたのを最後に、

ときおり、土が乾かない程度のお水を霧吹きでかけてもらっていたくらい。

あとは、冬の寒い中、ひたすらに、この玄関脇でジーーーーっと、ズーーーーっとやりすごしていた(眠っていた)模様。

それを言葉にすれば、ひとこと、“冬眠していた。”

、、、ということになるのだろうけれど、実際、土の上で再び(秋以来?)、もぞもぞと手足を動かしているクワガタくんを目の前にすると、

はーーっ、ふーーっと、二つ三つ、思わず大きなため息がでる。

 

こんな小さな体のどこに、そんな知恵と生命力が備わっているのか?!

つよいなあ、、、。

すごいなあ、、、。

“一寸の虫にも五分の魂”というけれど、目の前の冬眠から覚めたクワガタくんは、なんともいえぬ存在感。

意志というのか、オーラを放っていた。

土の中での長い眠りの中で、何を思っていたのかな?

どうしてこんなに がんばれたんだろうね~?

こんなちいさな箱の中で きゅうくつではないのかな?

 

できることなら、夏にいた場所に帰してあげたい、、、

という気持ちもわいてきたけれど、 これからどうしたいのか、このクワガタくんにちゃんと聞いてみないとわからない、という気持ちさえする。

そのくらい、クワガタくんは、堂々と、ちゃんとした考えがあるように思える。

昨日入れた昆虫ゼリー、食べてるかな?

久々のごはんにありつけたでしょうか??

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

|

尿検査

春。

新学期。

、、、、といえば、尿検査。。。

 

次男(7歳)も、学校から尿検査一式をもらって帰ってきた。

明日、提出らしい。

、、、、と、次男、夕方、キッチンにいる私のところに来て、

「ママ。

 ちょっと 紙コップちょうだい。

 明日、尿検査だから!!」

と、なんだかうれしそう。

 

紙コップ、、、??

紙コップなら、今日学校からもらった一式の中に、入ってるでしょ?

と、私が言うと、

「はいってるよ。

 でも、いいから もう一つちょうだ~い。

 これから練習するからさ~。」 。

 

れ、、、練習?

って、まさか、“尿検査“の練習??

えー、つまりは、尿検査のポイントである、

“出始めの尿を少し流してすてる。

 そのあとの尿をコップにとって容器に移す。“

、、、と、このあたりを、試してみたい、ということなのか??

 

その気持ち、わからんではないが、、、、

やっぱ、わからん、、、な。

ちなみに、次男、尿検査の練習には余念がなかったようだが、

肝心な学校の宿題(漢字の練習)は、すっかりお忘れ。

あわてて翌朝、やっておりました(笑)

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

|

そうちゃん・祈祷師になる

パパのぎっくり腰、徐々によくはなっているものの、もう一つの状態。

そんな中、そうちゃん(長男・17歳・知的障害アリ)が突如、不思議なことをはじめた・・・・!!!

 

それは週末、突然に。

パパと私がソファに座っていたところ・・・。

“シュッ シュッ シュッ” という、聞き慣れない(初めて聞く)声。

、、、ふと、見上げると、これ以上ないくらい、ニコニコと自信ありげに笑ったそうちゃんが。

、、、と、次の瞬間、思わず、私たち、ポカーーン。。

 

、、、、、はっ??

なに それ???

なにやってんの???

 

私の目の前で何が起きたかというと、

そう。

見上げると、そこにはそうちゃん。

そうちゃんがスックと立ちはだかり、“シュッ シュッ シュッ”と言いながら、手を力強くグーにして自分の胸の方にひきよせたかとおもうと、その腕を(手をグーにしたまま)ギューンとパパに向かって伸ばす。

それを何度も何度も繰り返しているのだ。

 

そんな動きは、ついぞみたことがない。

それはとても奇妙な動きで、一瞬にして、なんじゃこりゃ??、の、不思議な世界に引き込まれた。

おまけに、その腕をぎゅーんと伸ばした後は、なぜか、手をスリスリスリスリ。

スリスリスリスリ、と、もみ手をしているではないか!!

それって、もしかして、、、、

そうちゃん、祈祷でも???

(どこか遠い宇宙と交信しているような、、、。

遠~くをみて、ウフフッと笑っている、そうちゃん。)

以来、毎朝、そうちゃん、パパに向かって、祈祷師として、腰に“気”をおくりこんでおります。

 

そういえば、パパがぎっくり腰になって、一番気にしているのは、そうちゃん。

いつも、暇さえあれば、

「パパ、いたいね~。」

 「パパ、かわいそうね~。」

 「パパ、あらら~。」。

それにしても、、、、不思議なことを!!(笑)。。。

 

<人気ブログランキンングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

|

そうちゃんの連絡帳より

この間、そうちゃん(長男・17歳・知的障害アリ)の学校の連絡帳には、こんなコメントが。

“そうちゃんは、お散歩で誰かとすれちがうと、必ず挨拶します。

 とても感心しています。

 それから、花をみると、「かわいいね。」

 のどが渇いて牛乳を飲むと「おいしいね。」

 気持ちがウキウキします。“

 

同じ日、放課後保育の連絡帳には、こんなコメント。

“今日は、そうちゃん、スタッフみんなに「かわいい」「きれい」と何度も言ってくれました。

 久しぶりに言われ、気分がよかったです。“

 

そうちゃんが小さいとき、そうちゃんが私のことを「ママ」と呼んでくれる日は、ちゃんとくるのか?

それどころか、、、、

そうちゃんは、私がママだということをちゃんと理解できるようになってくれるのか?

寝顔をみながら、よく思ったものです。

 

、、、、そんなところからはじまった子育てだったので、そうちゃんがこんなにやさしくやわらかく、身近にたくさんの幸せを感じられる人に育ってくれて、うれしい。

そして、そんなそうちゃんのことをかたわらであたたかく見守ってくれる人がいっぱいいることが、もっとうれしい。。。

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

|

八百屋さん

この間、友達とランチに行った帰り。

お店をでると、近くに八百屋さんがあり、その八百屋さんが安い安い!!

どれもこれもバケツにどっさりと野菜が詰め込まれ、店頭にならんでいる。

 

バケツに入ったニンジンの量も半端ない。

“この都会で、だれか馬でも飼ってるんですか??”

というくらい、バケツにぎゅうぎゅう。

甘夏もバケツにどっさりてんこ盛り。

こりゃしばらく、甘夏ジュースが楽しめるわ~!

しかも、そのニンジンは、たったの100円。

甘夏は、200円。

安い!!

いいんですかっ、これで?!?!

(ニヤリ。)

 

、、、、だけど、こんなにたくさん買って、ホントに美味しいのか?、が、ちょいと気になる。

高くてマズイのはもちろん許せないけれど、安くてマズイのも、それはそれでとてもむなしい。

いくらすぐそこに車をとめているから、といえども、このバケツを買ったら、重いちゃ重い。

そこで、私は、こういう時、必ずお店のおじさん(おばさん)に聞く。

「これ、おいしいですか?」

 「これ、甘いですか?」 。

 

パパは、こうやって聞く私がとても不思議に映るらしい。

「そんなこと聞いたって、いっしょやろーもん。

 お店の人は、おいしいっ、て言うに きまっとーやない。

 まずいですよ、って言うわけないやない。」。

 

確かに・・・。

言われてみれば、その通り!

でも、私としては、どうしたって聞かずにはいられない。

そこで“おいしい”といってもらえさえすれば、スパッとフンギリ(?)がつくのだから。

そして、そう言ってくれさえすれば、“ものすごく得した感”も一気に倍増され、単純にうれしい。

 

まっ、結局は、どうしたって、美味しいときは美味しいし、まずいときにはまずいんですが。。。

今回は、当たりでした!!

なんとバケツに15本も入っていたニンジン。

(家に帰って、こうやって、1,2,3、、、と、おはじきを数えるみたいに、買ってきたニンジンの数を数え、その数に新鮮に驚いたり感動したりするのも、とても楽しい。)

ニンジンのポタージュスープ(このニンジンを5本たっぷり使いました。)にしたら、とっても美味しかったです。

るん。

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の”人気ブログランキングへ“というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

|

夜の献立

この間、朝、パパを車で送ったときのこと。

私は、ふと言った。

「あっ そうだ。

 今日は、トマトソースのパスタにしよう。

 おいしい完熟のトマトがたくさんあるから!

 、、、でさっ、そうそう。

この間お魚屋さんでおいしそうな渡り蟹が売ってたから、今日はそれを買ってみよう!

 夜は、“渡り蟹のトマトソースパスタ”ね!!」。

すると、パパ、

「い~ね~!」。

 

ところが。

その日、パパが帰ってみると、、、、。

献立は急きょ変更、で、“サーモンのバター焼き”。

 

そしてまたある日。

学校から帰ってきた長女(9歳)がバスケットにでかける前、

「ママ。

 今日のごはん、な~に?」

 「今日はね、オムレツと豚汁よ!」

 

ところが。

長女が帰ってみると、、、、。

献立はまたまた変更。

で、“鶏のから揚げと野菜スープ”だったりする。

長女は、とても不思議そうに私をのぞき込みながら、

「ママ、、、、 ごはん、ぜんぜんちがうじゃない!!

 しかもさー、ママがさっき言ってたメニューなんて、一品もないじゃない!!」

 

そう。

そうなのだ。

私、ちょっと前まえは、ちょこちょこお買いものに行く人だった。

けれど、最近は時間短縮のため、なるべくまとめ買いをするように。

すると、常に二つ三つ(いや、三つ四つ)、おかずの候補はある、という毎日に。

が、しかし、選択肢がありすぎて、なかなか“今から、これが絶対食べたい!!”というものに焦点が定まらなかったりする。

すると、、、、 こういうことになるよーだ。

 

そもそも、私の唯一の権限(?)により、夜は、自分が“今 食べたい!!”ものを作る、というのが私の中の世界基準。

が、この”今”がたいそう微妙で、食べたいものは刻々と変わってくる。

キッチンに立ち、包丁をにぎり、さあ作ろうとした瞬間、

「はてさて。

 まてよ~。

 今日食べたいものは、、、これじゃない。」

と、まな板の上にのっかった食材をみて、よく思う。

結果、、、

こういうことになるよーだ。

 

ただ、こういうことがあまりに続くと、みんながうるさい。

だから、それこそ昨日、子供たちにはこう言った。

「今日のごはんはな~に?、って、もう聞かないで。

 これからは、もう教えないから。

 みんな、テーブルにでてきたのもを 静かに(文句言わずに)たべてちょーだい。

 ねっ。」。

子供たち一同、しずかに、コックリうなずいた。

了解、ということか・・・???

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の”人気ブログランキングへ“というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

|

そうちゃん・17歳になる

そうちゃん(長男・知的障害アリ)、今日が17歳のお誕生日。

今日、“お誕生おめでとう“の電話がおばあちゃんからあったら、そうちゃん、しきりに、

「うん!

 ママがね~、ママがね~、ママがね~、

 も~、じゅーぶん、って!!」

と、何度も何度も言っていた。

とろけそうな笑顔で。。。

 

17歳になっても、単語すら十分にはうまく伝えられないそうちゃんが、

“ママが、もう十分、って言っている。”

という意味合いのことをなぜかいつもいつも口にする。

私は、そうちゃんに、そんなにいつも“十分!!”と言っている憶えはないのだけれど、

そうちゃんがそう言うのだから、たぶん、、、、

よく言っているのかもしれないけれど。。。

 

あんまりそうちゃんが電話を持ってうれしそうに(おばあちゃんに)言うので、それを横で見ていると、私までうれしくなる。

そして、なんで、この、そうちゃんという人は、生まれつきたくさんは与えられなかったのに、

今も、毎日生きていくには、不便や混乱がたくさんあるはずなのに、

こんなにやわらかで豊かにいつも笑っていられるのだろう、、、

と、尊敬の念がモクモクと湧いてきます。

本当に、そうちゃんはそうちゃんとして、これ以上ないくらいもう十分。

十分満たしてくれているなあ、と、あらためて思います。

 

昔、お釈迦様には、一説によると、8万4千人もの弟子がいたそうです。

その中でも最高位の弟子16人を“十六羅漢”とよんでいたそう。

その十六羅漢の中に、今でいう知的障害のある人物がいたそうです。

(周利槃特(シュリ・ハンドク)さん)

 

障害ゆえに、なかなか覚える、ということができず悩むシュリさんに、お釈迦様は言います。

「お前は掃除ができたよな。

 掃除をしながら、この言葉だけを念ずればよい。

 『塵を払い、垢(あか)を除かん』」。

そう言って、ちりを払い垢を取り除くホウキをお釈迦様からわたされたシュリさん。

ひたすらに掃除をしながら、数十年もの間この言葉を唱えていたそうです。

すると・・・ 。

 

そうだったのか。

塵を払い、垢(あか)を除かんというのは、自分の心の中に存在する塵と垢・・・

 つまり、頭が良くなることが救いではなく、物覚えの悪い事に対する執着心(塵・垢)を取り除く事こそが大切だったのか、

、、、と、ついに気づきます。

そこでお釈迦様の言葉。

「悟りを開くというのは、数多くの物事を覚える事では決してない。

 わずかな事であっても、徹底して行う事が大切なんだ。

 掃除をしている彼を見てご覧なさい。

 その一生懸命さに思わず手を合わせたくなるだろう。

 お経は読めないかもしれないが、法を説くことはできるんだ」 。

シュリさんは、無言の説法ができる人、として、十六羅漢になったとされています。。

 

私にとって、そうちゃんは、まさにシュリさん、そのものです。

本当にいつもありがとうね。

そして、これからもよろしくね。

そうちゃん!!

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

|

カッコイイ人

まだまだパパのぎっくり腰が治らないため、毎朝、パパを会社まで車で送っている私。

交通量の多い都心へ向かう道すがら、赤信号でとまるたび、私、人間ウォッチング。

うん、どれどれ。

こんなに大勢、、、

みんな、何して働いているんだろう??

 

いろんな人が、歩き慣れた道を左に右に曲がり、歩いていく。

そして、突然、スーッと、ビルに吸い込まれるようにして消えていく。

それにしても、、、、。

みんな一様に、大変そうだ。

 

特に雨の日。

月曜日。

都心へ向かう大人は、休み明けの疲れを引きずったまま、ちょっとけだるそう。

今日の仕事の段取りを歩きながらしているのか、眉間にシワをよせて歩いている人も。

そんな中、その人は、背筋をシャンと伸ばし、横断歩道を歩いていた。

長い白い杖を右手にもって。

 

その白い杖をツンツン、ツンツン、と、リズミカルに左右に動かしながら、信号待ちしている私の目の前の横断歩道を堂々と渡っていく。

渡りきったところで、また、黄色い点字ブロックをツンツン、ツンツン。

確認しながら、また、信号待ち。

そして、信号が青に変わったとたん、少しもひるむことなく、誰よりも真っ先に、軽い足取りで横断歩道を渡っていった。

その姿に、迷いはない。

 

朝のラッシュ。

車が激しく行きかう中、この男性は目が不自由で何もみえず、誰の力も借りずに杖一本。

怖くないのかな??

思わず車の中から私の方が気になって身をのりだしたけれど、その男性はサッサッサッ、と大股に次々と隣の人を抜きながら軽快に歩く。

その男性は、たくさんの人が横断歩道を渡る中、なぜだか、ポッと、ひときわ存在感を放っていた。

それは、白い杖をもっていたから、ではなく、あまりに迷いというものがなかったから。

さっぱりと晴れ晴れした顔をして歩いていたから。

白い杖をたよりに、使える限りの感覚(車や人や風の気配、白い杖の先から手のひらに伝わってくることなど)を研ぎ澄まして最大限、自分に取り入れていることが瞬時に伝わってきたから。

そして、目がみえないことは、ちっとも大変なことなんかじゃない、ってことが、ふわりと私に伝わってきたから。

 

スーツをきこなし、背筋を伸ばし、だれよりも颯爽と歩いていたこの白い杖の男性。

私が毎回ウォッチンしているなかで、ダントツ、一番かっこよかった人。。。

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の”人気ブログランキングへ“というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

|

チョコレート

この間、次男(7歳)がチョコレートを食べようとしていた。

チョコレートが次男の口に、まさに入ろうとしたその瞬間!!

「あっ それ、ダメ!

 食べたらダメ!!」

と、とっさに私。

 

ポカンとして、次男、

「どーして たべちゃだめなの??」。

私は、迷うことなく、

「だってねえ、それ、お酒はいってるんだから!」。

すると次男、

「えっ お酒?

 このチョコレート、お酒がはいってんの??」。

「そうよ。

 だって、そう、りかちゃん(姉のこと)が言ってたもん。」。

私はそう言って、次男が口元までもっていったチョコレートを没収!!

 

ところで、そのチョコレートにお酒がはいっているだなんてこと、、、、

実は、真っ赤なウソ。

そのチョコレートは、この間、姉のところに遊びに行った時に、3つだけもらったものの一つ。

なんでも、それ、外国のお土産チョコレートらしく、日本には売っていないのだけれど、

も~のすごーく、強烈においしいのだ!!

姉は姉で、冷蔵庫の棚の上の方に大事そうにそのチョコレートをかくまっていて(?)、

姉もどうやら、一人で(家族のだれにも知らさずに)大事に食べているっぽかった。

(姉妹なので、その辺のことは、ピ~ンときます<笑>)

 

ま、それにしても、美味しくてたまらないから、といって、いったんは次男の口元までいきかけたチョコレートをとりあげるのはどうなのか?

また、それを、子供が寝静まったあと、自分一人、楽しみながら味わって食べる、というのもいかがなものか??

と、思ったりもしますが。。。

この小さなチョコレートは、私がなんと大人げない人間なのかをあらためて教えてもくれました。

でも、おいしいんだもの。

しかたないのだ(笑)。。。

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

|

ぎっくり腰

ただ今、パパ、ぎっくり腰の真っただ中。

今回は、、、、長い!!

もう、かれこれ3週目に突入。。。

 

一度はいったん治りかけたものの、なんと、今度は新たなポイントで“ぎっくり!!”が発生した模様。

ひゃーっ。

こんな恐ろしいことがあるものなのかっ!!

(きっと、ひとところが痛いと、他の部分に負担がかかり、これは、二次障害ですね。)

 

新たな“ぎっくり“のせいで、またもや痛みは最初の時と同じレベルにもどったらしく、腰を“く“の字にまげ、痛みに耐えながらの出社。

かたわらに、カバン(仕事用)をのせたキャリーをカラカラカラカラいわせ、引きながら・・・。

 

ドイツ語では、このぎっくり腰のことを”魔女の一撃“というらしいけれど、まったくその通り!!

とくだん何をしたわけでもないのに、一瞬にしてダメージは絶大!

魔女の一撃どころか、二撃も受けた、かわいそうなパパ。

(「一度あることは二度三度、っていうからね~。

 三撃目、気をつけなきゃね~!」

と私が言ったら、

「冗談でも、今はそんなこというの、やめてくれ。」

と言われました。

確かに<笑>)

 

それにしても、年度末・年度初めのこの(仕事が)忙しい時期に、会社も休もうにも休めず。。。

パパの知り合いは、ぎっくりで1か月半、会社を休んだというから、ぎっくりも、あなどれません。

ぎっくり腰の予防には、ストレッチと腰痛体操がいいそうです。

さあ、みなさん、今日からはじめましょう!!

(私は、ぎっくりのお手本<パパ>を横目に、とっくにはじめてます!

ここのところお風呂あがりには、せっせせっせとストレッチしております<笑>)

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!

 


人気ブログランキングへ

|

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »