« 自己肯定感 | トップページ | 次男のドリル~国語編 »

あいさつ

朝、そうちゃん(長男・16歳・知的障害アリ)の学校の靴箱でよく会う女の子は、私が「おはよ~。」とあいさつしても、“おはよ~。”とは言ってくれない。

しかも、私の声どころか、目の前に立っている私の存在そのもの自体、彼女の視界にさえ入っていないかのよう。

視線をちょっとも私の方に向けることなく、あっち(ちょっと遠いあっち)をみたまま、でもなんとなく、ほんわかとした表情で立っている。

 

毎朝、外靴をぬいで、靴箱にある上靴を出し、、、

出しはするものの、靴を履き替えるまで、ゆーっくりたーっぷり時間をかける、というのがその子の流儀(?)らしい。

結果、いつも靴箱の前で、そうやってずっと立っている。

私は私で、毎朝、その女の子に靴箱で会うと(そうちゃんの隣の靴箱なので、よく会う。)

「おはよ~、○○ちゃん。」。

いつもあいさつはかえってこないけれど、いつしか、それが、その子と私の“あいさつの形”だと思っていたので、それに対しては、何の違和感もなく、とりたてて思うこともなかった。

ところが!

 

この間の卒業式の日。

いつもだったらスクールバスが出入りして、子供たちがバスからおりてきて、ワイワイ。

学校の玄関前は、その子供たちとお迎えの先生たちでごったがえしている頃なのに、この日の朝は、シーーーーン。

静まり返っている。

(この日は、スクールバスがお休みなので。)

いつもは玄関前にズラリと並んでいるお迎えの先生たちもおらず、ただ玄関には卒業式受付コーナーが設けられ、数人の先生が椅子に座って受付しているのみ。

 

そんな、いつもとちがう雰囲気にそうちゃんも落ち着かず、すっかり腰が引け、玄関前をうろうろするばかりで、さっきからなかなか靴箱のところまで到達しない。

やっとのことで靴箱まで歩をすすめたところ、今日も靴箱にその女の子はいた。

、、、と、そうちゃんの姿を確認すると、その女の子はパッと表情をかえ、

「あっ! そうちゃん!!」

と言いながら、そうちゃんに向かって思わず駆け出した。

そして、もう、それはそれはうれしそうにニコニコ~っと笑い、

「そうちゃん!」

「そうちゃん!」

と何度も言いながら、そうちゃんの手をしっかと両手でにぎる。

 

さっきまでものすごーく不安そうだったそうちゃんもまた、その女の子が声をかけてくれ、手をにぎってくれたおかげで緊張が一気にやわらぐ。

二人とも上靴に履き替えたところで、私が、

「そうちゃんとさあ、いっしょに、教室、行ってくれる?」

と、その女の子に言うと、こっくりとうれしそうにうなづきながら、二人、手を取り合いながら教室へと向かった、あの日。

(きっと、その女の子も、いつもとはまったくちがう静かな朝に落ち着かず、心底不安だったにちがいない。)

 

、、、、そんなことがあった日の翌日。 

朝、いつものように靴箱でその女の子にあうと初めて、「おはよ~。」と、私にあいさつを返してくれた。

その時のうれしさといったら!!

 

まずは、“おはよ~”って、その子が思いがけず言ってくれたことに対して、

“、、、ん?

 はっ??

 えーーっ???“という驚き。

そして、そのあと、グググググーっと、なんともいえない、胸の奥からこみ上げてくるようなよろこび。

なんか怪しくニヤけてしまうほどにうれしかった!

だから、帰り道に思った。

“それにしても、なんでこんなにうれしいんだろ??

 たったの「おはよ~。」だけなのに“ 。

 

たぶん、それは、だれからも強制されない、その子自身から湧いて出た“おはよ~。”だったからじゃないかな、と思う。

それは、時間をかけて熟成された、純粋で完全な、何よりも、自分の心から自然にうまれた“おはよ~。”であった。

「あいさつは、ちゃんとするものよ!

 きちんと あいさつしなさい!!」

とか、

「“おはよ~。”、でしょ?!」

とか、”あいさつはきまりだから。”、と教えられ、強制されたものとは全く違い、(むしろその対極にある)

“ただのあいさつじゃないな、これは。”と思ったから。

 

なんだか、それは、私が初めてその子に、私の存在自体を認めてもらったような、

(その子の)視界にはいっててもいいよ、という了承だった、というのか、

その証としてのあいさつだったようにも思えたから。

そう。

晴れてようやく、その子の視界の中に仲間入りできたような、なんともいえないありがたい、誇らしいような気持ちにさせてくれる“おはよ~。”だった。

 

不思議だ。

その日を境に、その女の子は、会えば必ず「おはよ~。」と言ってくれる。

目も合わせてくれるようになった。

それどころか、私の言うことに、“うん うん“と、かすかにうなづいてくれるようにもなった。

だから、うれしい。

ほんとうに、うれしい。。。

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

|

« 自己肯定感 | トップページ | 次男のドリル~国語編 »

そうちゃん」カテゴリの記事