« あきれたサンタ~その2 | トップページ | 記憶の中に »

あきれたサンタ~その3

前回ブログのつづき

う~ん、これで、あとはクリスマスを待つのみ。

、、、と、サンタとしての大役を果たし、ホッとしたのもつかの間。。。

 

次の日の夜、長女(9歳)が、

「あっ そうだ・・・。

 私、サンタさんにもっと詳しくお手紙を書こう!!」

と言ったのを皮切りに、次男(7歳)もまた、紙とえんぴつを再び持ってやってきた。

 

(えっ、、、まさかっ!!<驚>

お手紙は、昨日ちゃーんと書いたじゃないのよ??

まさか、、、 まさか、おまえさんたち、、、、

今日になって欲しいものがきれいさっぱり変わったりはしていないよ、、、ね?!?!?!)

 

長女と次男は、サンタさんに紙いっぱいにものすごいスピードでツラツラと、手紙を書きだした。

(参考:サンタ、心臓がバクバク。)

 

手紙には、サンタさんが来てくれたことのお礼からはじまり、、、、

あーー よかったよかった!

二人とも、昨日と欲しいものは、まったく同じで変わっていないもよう。

ホッ。

、、、、ところが!!

 

手紙を書き終えた次男、まだなんとな~く物足りなそうな顔をしている。

そして、“パンっ!!“。

力強く手をたたいて立ち上がったかと思うと、

「あっ そうだ!!

 もっとくわしくサンタさんにおしえてあげなくっちゃ!!」。

そして、

「ね~ママ。

 パソコンみせて~。

みせてよ~。

 はっくん(次男のこと)ね、パソコンで調べてコレッ!ていう車をきめて、サンタさんにおしえてあげる!!」

 

(えっ、、、 ギョギョッ、、、!!

パソコン、、、、それはマズイ、、、。

パソコンを開くとすぐ左、“お気に入り”のところに、ショップと商品名がしっかり残っているはず、、、!!

そしてなにより、もうプレゼントの注文はキッカリ完了しているんだから、、、、。

お金だって、もう朝一番、コンビニで払っちゃったし、、、。

だから、今さら、やっぱこっち、というわけにはいかないのだっ! !)

 

そこで、サンタは、苦し紛れに言った。

「そりゃね、、、、

 ママ、サンタさんには具体的にくわしく欲しいものを伝えたほうがいいよ、とは昨日言ったよ。

でもさあ、だからって、あまりにも細かく指定するっていうのは、、、どうなのかなあ??」。

 

「だってさあ、もしもよ、、、、

もしも、その指定されたものがサンタさんの手に入らなかったら、

サンタさん、もうどうしていいかわからなくなって、結果、仕方がないから、それとはぜんぜんちがうものを選ぶ、ってこともあるんじゃな~い?」。

そして、ウンウンウンと一人うなずきながら、

「あっ、、、そっかあ、、、。

 もしかしたら、“ママが小さいとき、ぜんぜん欲しいと思ってもみなかったものがプレゼントに届いた”、って言ったけど、

あれは、もしかしたら、ママが欲しいものをサンタさんにくわしく伝えなかったからじゃなくて、サンタさんにちゃんとは伝えたんだけど、“これがいい!“ってママが指定したものがどうしても手に入らかったから、仕方がなく、ぜんぜん違うものをサンタさんがもってきた、っていうことだったのかなあ、、、?

 あ~ そうかな、、、?

 そうだったのかねっ??」。

 

二人(長女と次男)は顔を見合わせ、はじめはポカンとした顔をしていた。

けれど、次第にうなずきが深くなり、しまいには、

「あ~ そっかー。

 それも、、、そうかもしれないね~。

 そうだよね!!」

これまた、いたく納得した模様。

難を逃れました!

 

我ながら、、、、 本当にあきれたサンタであります(笑)

、、、でも、めでたしめでたし!!

おしまい

<人気ブログランキングに参加しています>

下の”人気ブログランキングへ“というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

|

« あきれたサンタ~その2 | トップページ | 記憶の中に »

日々いろいろ」カテゴリの記事