« 好きなこと | トップページ | 君の名は?? »

テンポ

今朝、そうちゃん(長男・16歳・知的障害アリ)が”クインテット”のCDを向こうの部屋できいている時、私、その曲に耳を澄ましながら、ふと、

ん???

 

、、、と、次男(6歳)が言った。

「この曲、初めて聴くね~。」

そして、

「なんか、暗いね~、この曲。

 こんな曲があのCDにはいってたんだ~。

 知らなかった~。」。

 

そうなのだ!

今、私が思ったことと全く同じことを次男も感じていた。

 

、、、、というのも、金曜日にCDがきてからというもの、そうちゃんはCDラジカセの前に座って、ひたすら早送りしながら、ずーーーーっと聴いている。

そうちゃん、自分の好きな曲は、何回も何回もリピートして聴くのだけれど、(早くも次男なんかは全部歌詞を覚えて歌ったりしている)そうちゃん、好みでないのはとばしているようで、この曲は知らなかった。

ただ、今は、どういうわけか、そうちゃん、とばしそこねたのか、暗~い雰囲気の歌が確かに流れている・・・。

 

そうちゃんは、昔から、なぜか、明るい曲が好き。

言葉にはまったく反応のない時期から、音楽だけは聞きわける。

不思議だったのは、毎週末みていたテレビ番組の間にはいるCMの曲。

いつもその番組をみていると、だいたい同じ時間帯に同じCMが流れるのだけれど、そうちゃん、そのCMで流れる曲をきいては、いっつも泣いていた。

(そう、日曜日の夜9時半キッカリ、そうちゃんは、決まっていつも泣いていた!!)

その曲のはじまりを聞いたとたん、そうちゃん、瞬時におびえた顔になり、

“うっ、、、うわ~ん うわ~ん”

と泣き出していたっけ。

それはそれは悲しそうに大粒の涙をぽろぽろ流しながら。。。

 

また、そうちゃんが1歳になったころから通い始めた療育園(障害のある子供が通う幼稚園のようなもの)でも、先生がペープサードをしながら、“お花が笑った~”の曲を歌うたびに、(待ってましたとばかりに)出だしから大泣き。

ものすごい勢いで泣き出して、部屋にとどまってはいられないほどだったっけ。

ここでそうちゃんのセンサーを分析すると。。。

 

“明るい曲が好きで暗い曲がキライ。“

ということは間違いないのだけれど、“長調だと好きで短調だとキライ。“ということにはなっていないところが、面白いなあ、と思うところ。

そうちゃんの好き嫌いのポイント。

それは、どうやら“テンポ”にある模様。

 

そういえば、療育園の先生の歌う“お花が笑った~”の曲も、先生は、なぜか(みんなにわかりやすく歌うつもりだったからか?)

“お~~~~はな~~~が わ~~~らった~~~~~

 お~~~~はな~~~が わ~~~らった~~~~~“

と、ものすご~~~~~くゆーーーーっくり歌っていたのだ、今思えば。

そういう、なんだか、怪談のナレーションのような、ジト~~っとして、ゆ~~~っくりして、抑揚のな~~い曲が、どうも苦手なご様子です。

 

そうやってみると、そうちゃんの好きな人もまた、心地よいテンポでおしゃべりする人が多い気がするなあ。

そうちゃんが”寄席“好きなのも、あの独特のテンポ感がたまらないのかもしれません。。。

(話の内容は、わからないに違いないけれど、テレビの前のそうちゃんは、いつも大うけ。

最初から最後まであごがはずれるくらい笑っております。)

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

|

« 好きなこと | トップページ | 君の名は?? »

そうちゃん」カテゴリの記事