« もてなしの心 | トップページ | 習い事 »

飄々と

なっちゃん(長女・8歳)は、女の子ながら、とてもクール。

声も低めだし、目の前のことにいちいち一喜一憂するでもなく、なんだか飄々としている感じ。

目が合えば笑うタイプ、ではもちろんなく、それどころか、面白いことがなければ笑えないタイプ。

パパに言わせれば、

「女子校に行ったら、もてるタイプやね~。」。

 

それは言えた!

私でさえも、時々、そんな長女をみて、“ん~ かっこいい~。”と思ってしまうくらいだから。

そう、たとえば、インフルエンザの検査をする時。。。

 

この間、長女、発熱。

念のためということで、インフルエンザの検査をすることに。

(綿棒のようなものを鼻の奥まで突っ込む、あの検査。)

病院の先生が、さあ、これから検査するという時、

「はい。

 では、今から検査しま~す。

の方向いて~ 動かないでくださ~い。」。

 

すると、長女、背筋をしゃんとしたまま、なんの迷いもなくスッとななめ45度上の壁側に目を向け、クッとあごをもちあげる。

さてさて、綿棒のような棒が、どんどん長女の鼻に入っていく。

その棒は、もう行き止まりだな、と思ったところから、いつも、さらに奥へとねじ込まれる。

それを横で見ていると、

“そうそう、、、。

そこからが、ものすご~く痛いんだよね~っ!!“

なぜか私の方が、隣でみていて力が入ってしまうのだれど、当の本人は表情一つ変えずに、シャーシャーとしたもの。

(これ、毎回。)

そして、いつも、看護婦さんから

「まあ・・・。

 すごいわね。。。。」。

 

長女は、診察室から出て待合室に移動しても、“何一つ 変わったことはなかった。“という風で特に何をしゃべるでもなく無言。

堂々としている。

そんな長女にすりよって、私は、思わず言ってしまう。

「ねえねえ、なっちゃん。

 なっちゃんさあ、あの検査、痛くないの????」。

すると、長女、これまた一つも表情を変えず、近くの本棚からとってきた本を読んだまま目をそらさず、

「痛いさ、そりゃ。」。

ただ、それだけ。

 

あんまり涼しい顔をしているので、

「ねーねー。

なっちゃん、余裕だね~!

 なっちゃんなら、5回続けてあの検査するって言われても平気なんじゃない? 」

思わずそう言うと、長女、まだまだ本を読みながら、

「5回・・・?

 んっ まあ、そのくらいなら平気だね。」。

 

すごい!

なーんか、かっこいい!!

 

そういえば、長女、保育園の頃、水いぼが体にバーッと、たくさんできたときがあった。

病院へ行くと、ここまでできたら、もう、ピンセットで水いぼの中のシンを一つずつつまんで取っていくしかない、と言われ、とることに。

「でも、こんなに数あるし、痛いから、何回かに分けてやらなきゃいけないなあ・・・?」

そう先生はいったけれど、先生、ピンセット片手にいざ始めてみると、長女の我慢強いこと我慢強いこと!!

 

うつ伏せでベットにしがみついたまま、「あー」でもなければ「うー」でもない。

とにかく、ただただじーっと石のように身を固めていた。

先生も、途中から、手元軽やかにテンポにのってきて、ピンセットがすすむ、すすむ。

結局、一回でぜ~んぶ取りきることに。

「まあ、、、。

 すごい!

 よく頑張ったね。

 痛かったでしょうに、えらいわ~!!」

と、看護婦さんにほめらたっけ。

その時も、長女、特に何事もあった風ではなく、スーッと爽やかに診察室を後にし、淡々としていた。

なーんか、どこか男気あります。

 

その上、寝る時も、ストンと寝たら、翌朝までノンストップ。

夜中、頻繁にあるそうちゃん(長男・15歳・知的障害アリ)の(大音量の)寝言も、次男(6歳)の喘息になった時のひどい咳も、

長女、隣で寝ているにもかかわらず、いまだかつて一度も聞いたことがない、と言うから驚きです。

ちょっと大型犬の気風あり、です。。。

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というところをクリックしていたくと、ポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

|

« もてなしの心 | トップページ | 習い事 »

長女」カテゴリの記事