« そうちゃんと靴 | トップページ | 次男と黄色い傘 »

そうちゃんとズボン

そうちゃん(長男・15歳・知的障害アリ)がここ数年愛用している服。

それは、みーんな、”ユニクロ”。

安くて着心地もよく、ある意味本物志向のそうちゃんもが認める、ユニクロの服。

わざわざお店に行って試着することが難しいそうちゃんは、いつからか、ユニクロ一筋。

(メーカーやブランドが変わると、サイズも微妙にちがうのでその度に困るけれど、もうこれ一筋に なってからは、サイズで迷うこともない。)

 

中でも、”ジャージ”は、そうちゃん愛用の必須アイテム。

のびのび素材は、そうちゃんにリラックスタイムを約束し、トイレでもとっても便利。

(そうちゃん、ベルトやボタンをとめたりすることが自分ではできない。

でも、ジャージだったら、上げたり下げたり自由自在。

トイレでも、ら~くらく。)

この”ジャージ”にたどりつくまで、そうちゃんのズボンは、いろいろだった。。。

 

赤ちゃん時代、私はロンパース(上と下がつながっている赤ちゃん着)が大好きだった。

けれど、 2~3歳になる頃、パタリとロンパースは姿を消す。

その頃になると、”子供は歩いている”のが大前提。

だから、どこのお店に行っても、男の子の服は、ロンパースから上下バラバラの服へと変わる。

けれど、これがちょっと困った。

 

そうちゃんは、まだ歩けなかったので、ことあるごとに私はそうちゃんを抱っこしなければならないのだけれど、上下バラバラ(Tシャツ&ズボンなど。)の服を着せると、どんどん上の服(Tシャツや トレーナー)が上へ上へとあがってきて、ほぼいつもそうちゃんは、へそだしルック。

おへそどころか、洋服は、遠慮なく脇まで上がってくることもしばしば。

冬なんて、とーっても寒々しい。

 

しかも、おむつも、寝かせたままでしかかえられないので、体位を変えずに、パッチンパッチンとスナップをはずしておむつを変えられるロンパースが本当は一番。

だから、たま~に大きいサイズのロンパースが売っているのを見つけると、飛びつくようにして買っ ていたっけ。

 

お次は、”綿パン”の時代。

4~5歳から、ようやく歩けるようになったものの、そうちゃん、おむつがなかなかとれない。

家と学校では、だいたいトイレでオッケーになっても、外出の時は、ちょっと自信がない。

だから、念のため、おむつをはかせて出かけることが多かった。

けれど、おむつをはかせるとお尻がモッコモコ。

それはまるで、大きなドナルドダック。

だから、そんなお尻を目立たせない”綿パン”が主流。

 

そして、今、ここに、”ジャージ”の黄金時代。

おかげさまで(私たちに似ず)足がスラリと長いそうちゃんは、ジャージ(ユニクロ)を颯爽と(? )着こなす。

小学校5年の時に、そうちゃん、すっかりおむつを卒業、パンツに昇格。

それと同時にジャージ・デビュー。

 

パンツのままお尻スッキリのジャージは、そうちゃんにとっては、まさに”出世ズボン”。

これまた成長の証であります。。。

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の”人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが 上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!

人気ブログランキングへ    

 人気ブログランキングへ                

|

« そうちゃんと靴 | トップページ | 次男と黄色い傘 »

そうちゃん」カテゴリの記事