« そうちゃん・”障害”を嫌う。 | トップページ | そうちゃんとロースハム »

言葉

言葉は、不思議だな、と思う。。。

 

(昨日のブログで書いた)そうちゃんが抱く”しょうがい”という言葉に対してのイメージもそうだ けれど、その言葉のもつ意味を誰かから詳しく教えてもらったわけではないのに、言葉の一つ一つに は、自分の経験やその時感じたことが自然とそのまま凝縮されて すりこまれていくものなのだなあ 。

そうやって、自分の心の中にある辞書の中に、自分だけが感じる”言葉”として記憶されていくだな んて、、、

なんて不思議なことだろう、とあらためて思う。

 

この間、長女(8歳)の国語の教科書をのぞきこんで、思わずハッとした。

そこには、ページいっぱいに、 ”思ったことや かんじたことを あらわすことば”として、いろいろな単語が並んでいる。

その中で、「どんなとき こういう気持ちになったか、思い出してみよう」という項目がある。

そして、次々と単語が連なる。。。

 

あんしん かんしんする おもしろい おかしい おどろいた すき 明るい へいき うらやまし い よろこぶ 気もちがいい まんぞく うれしい たのしい わすれられない まちどおしい

 

きんちょうする きらい こまる くるしい かなしい おそろしい はらが立つ つまらない さ みしい くやしい しんぱい ざんねん こわい はずかしい はんせいする 気もちがわるい

 

日々、自分の中にいろんな気もちがあることはわかっていたはずだけど、その気持ちを言葉にすると 、それに付随して(逆に)どれだけたくさんの気もちが自分の中で渦巻いているんだろう、と驚く。

言葉には、”楽しい気もち、明るい気持ちになる言葉”と、”嫌な気持ち、暗い気持ちになることば ”の二つが、こんなにもパキンと明確に分かれているものなのか、、、。

 

そうちゃんの”しょうがい”という言葉に受ける印象をいきなり、”楽しい気もち、明るい気持ちに なる言葉”に変えることは簡単ではない。

けれど、”楽しい気持ち、明るい気持ちになる言葉”は、まだまだこんなにたくさんあるので、そうちゃんに、この”楽しいきもち、明るい気持ちになる言葉”に結びつくような経験ををひとつでもふやして、ひとつずつ大事に深めていくことは、十分できるな、と思える。

 

今日一日も、”楽しい気もち、明るい気持ちになる言葉”をくりかえしブツブツ言っていたら、きっ と昨日よりも何倍も、はるかに楽しくすごせそうな気がします(笑)

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の”人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが 上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!

人気ブログランキングへ     

 人気ブログランキングへ                                                   

|

« そうちゃん・”障害”を嫌う。 | トップページ | そうちゃんとロースハム »

日々いろいろ」カテゴリの記事