« 亀のジョン~その2 | トップページ | 亀のジョン~その4 »

亀のジョン~その3

前回ブログのつづき

        

「みなさ~ん、ハ~イ、ハロ~。」

と言って、大急ぎでやってきてくれた義母は、さっそく亀たちのもとに。

長女(8歳)と次男(6歳)の、

「ねえ、ショコラばーば。

本当に亀さん、飼ってくれるの~?」

という問いに、

「う~ん。

飼う飼う飼う飼う~っ!!」。

     

しかし、、、

成長したら体長25cm、体重2kgにもなるであろう亀を3匹も、いったい義母に託していいものなのか・・・。

、、、って、そうだ!!

そんなことより、さっきの電話では、具体的に亀がどのくらい大きくなるのかさえ話していなかった!!

 

、、、ということで、さっそく義母に、

「いや~、、、

でも、お母さん、本当に大丈夫かなあ・・・?

この亀、めちゃくちゃ大きくなるらしいんですよ。

このくらい(そう言いながら、25cmくらいの円を両手で描く私)になるらしいです。」。

 

すると、義母は、両手を挙げて飛び上がり、大きな声で

「えーーーーっ?!

そんなに~~~~??」

と言ってのけぞったものの、”どのくらいかけて、そんなに大きくなるのか?”とか、”実際、何cmくらいまで大きくなるのか?”とかいう具体的な質問は一切なし。

ハッハッハッハーッと、豪快に笑いながら、

「本当~~~?!」

と、ただひとこと言っただけだった。

 

義母は帰り際、三匹の亀の入ったプラスチックケースをやさしく抱きかかえるようにして丁寧に持ち、

「じゃあ、亀さん、いただきま~す。

大事に大事に そだてま~す!!」

と言うので、

「今は小さいからいいけれど、とにかく大きくなって、そうしたらお世話も大変になるから、(亀を)誰かほしいっていう人がいたら、遠慮なく誰にでもあげてくださいね。」

と私が言うと、

「いやいや~、誰にもあげ~ん。(誰にもあげない。)

私がね~、おお~きく育てる。

そして、スッポンにして食べよ~!!」

と、またもや豪快に笑いながら義母は、帰って行った。

(次男、スッポン鍋にして食べると義母が言ったのを真に受け、義母が帰ってからしばらく、

”ショコラばーば、本当に亀を食べる気なのかな?”

”まさか、、、今日のお味噌汁に亀、入れられないかな?”

とか、マジに心配していた。)

 

義母をみていると、ふと、夏に(久しぶりにまた)よんだ”坊ちゃん”(夏目漱石)にでてくる”清さん”を思い出す。

なーんか、義母は、清さんとかぶるところがある。。。

次回につづく

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の”人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!

人気ブログランキングへ        

 人気ブログランキングへ                               

|

« 亀のジョン~その2 | トップページ | 亀のジョン~その4 »

日々いろいろ」カテゴリの記事