« 亀のジョン~その4 | トップページ | 亀のジョン~その6 »

亀のジョン~その5

前回ブログのつづき

              

そうそう。

この辺で、(なかなか登場しない)肝心な亀のジョンのお話を。。。

                           

私はこれまで、動物園で大きな陸ガメをみたり、池で甲羅干しをしている亀の姿はみたことがあった。

けれど、じーーーっと観察するほどの興味は、さらさらわかず、その場をパッとみてサッと立ち去ってきた。

なので、亀という生き物をあらためて、じーーーっと観察するのは、ジョンが初めて。

これが、思いのほか新鮮で面白かった。

”面白かった”・・・と、すでにもう過去形なのが気になりますが・・・???

ジョンはいったい、この先、どうなったのでしょうか・・・???)

                

直径3cmほどの小さな甲羅にピョコンと頭がつき、かわいい手足が4つ。

小さな目をキョロキョロさせながら、目をぱちくりぱちくり。

眠る時は、ちゃーんとパタンと目(まぶた)をとじる。

市販の”亀のエサ”はまったく食べず、私が手でジョンの一口大にちぎったイリコが好き。

イリコが大きすぎたりすると、器用に両手(?)をつかってイリコを持つようにして食べるのには驚いた。

賢い!!

                         

ゆっくりとくつろぎたい時、しっかり寝たい時は、物陰に隠れたい、という習性があるのか、石の陰に身をひそめてリラックスタイムを楽 しむ。

そして、亀は雑食で、キャベツも好きらしいので、ちょうどジョンの甲羅のサイズくらいにちぎったキャベツを水にうかべてあげると・・・ 。

ジョンは、それを食べる代わりに、キャベツを自分の甲羅の上にきっちりのせ、布団がわりにし、夜通しそのキャベツ布団をかけていたり する。

なんといっても、あのブスーッとした、ちょっと怒ってるような顔は、みればみるほど逆に愛嬌があってかわいい!!

ずーっと、ジョンをみていたら、、、

時にそうちゃん(長男・15歳・知的障害アリ)をみて”ハッ”とし、時にパパをみては”ドキッ”とする。

なんだか、そうちゃんもパパも、なぜかジョンの顔に似てみえてしかたない。。。

                  

ベランダで日光浴をさせると、大ハシャギ。

手足をバタバタして喜ぶジョン。

かわいい。

すごくかわいい。

                

ところで、長女(8歳)と次男(6歳)が連れて帰ってきた5匹の亀も、そうやって順調に(?)里親がみつかり、晴れてジョンだけとなっ た次の日の夜、パパが出張から帰ってきた。

パパは、玄関に置いている亀のケースをみるなり、

「げっっ!

亀、、、1匹だけ~?

ほかの亀は どーしたと~(どうしたの)?!」

と驚く。

                

そんなパパに、これこれこうで、、、と、私、いきさつを話す。

すると、パパ、

「えーーーーっ?

おふくろに3匹?!?!

・・・・・。」。

そして、さらに、

「ちょっと~~~、それ、あんまりやろ~?!

それじゃあ、ちはる(私のこと)さん、”年寄りを狙った振り込めサギ”と変わらんやな~い・・・。

ひどいな~、それ~、、、。

おふくろ、亀を飼うことがどういうことなのか、まったくわかってないやろう、、、。」。

               

、、、ということで、私は、思いがけず、”年寄り狙いの振り込めサギ”と同格の、とんでもない悪者として、(なぜか)つるしあげられた (?)のだった。。。

次回につづく

         

<人気ブログランキングに参加しています>

下の”人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!

人気ブログランキングへ  

人気ブログランキングへ            

           

|

« 亀のジョン~その4 | トップページ | 亀のジョン~その6 »

日々いろいろ」カテゴリの記事