« 魚屋さん | トップページ | ”ほ”に てんてん »

そうちゃんは美化委員

「うわあ かわいいね~!!」。

そうちゃん(長男・14歳・知的障害アリ)は、私が掃除するといつもほめてくれる。

”きれい”という言葉をそうちゃんは使わず、なぜか”かわいい”と言う。)

 

たとえば、お風呂掃除をした日。

パパや長女(7歳)や次男(5歳)は、

「おっ。 きれいになったね~!」

と言ってくれる日もあるけれど、言ってくれない日もある。

それ以前の問題として、きれいになったことに気付いていない日も多々ある。

 

そこにきて、そうちゃんは、100パーセント!!

お風呂掃除した日は、一回だって気付かなかった日はない。

そして必ず、

「うわあ かわいいね~!!」。

湯船を壁を洗面器を指差しながらほめてくれる。

 

で、なぜだかわからないけれど、こういう風にほめられるのは、とってもうれしい。 

子供は、ほめて育てろというけれど、それは正しいと思う。

そして、それは、大人だって同じ。

 

私なんか、お風呂掃除してる最中、今日もまたそうちゃんがほめてくれるかと思うと、なんとなくドキドキして落ち着かない。

”めんどくさいなあ、、、。 天井は、今日はやめとくかあ。。。”

と一瞬思っても、そうちゃんが目をキラキラさせながらほめてくれる のかと思うと、

”まっ、、、やっとくか。”という気にもなる。

 

そうちゃん、他にも、シーツを洗った日、枕カバーを洗った日、布団をほした日・・・。

絶対にはずすことなく、ほめてくれる。

実は、そうちゃん、きれい好き。

けれど、

「ほら、これ汚れてるよ。 洗って~。」

とかいう風に私に決して押し付けることはない。

強制しない。

ただただきれいなのが好きなだけの、すばらしき美化委員なのだ。

 

ほめることも大切だけれど、”ほめ時”というのも、とても大事らしい。

なんでも、いいことをして、時間がたってから「すごかったね~!!」とほめられても、脳は、それほど活性化されないらしい。

いいことをしたら、その瞬間にほめられるのが一番脳が活性化するらしい。

 

そういえば、そうちゃんは、いつも一番風呂。

掃除をした成果をそうちゃんが一番初めにチェック。

そして時を逃さず、オーバーにほめてくれる。

ほめられると、またがんばろうと思う。

で、またがんばったら、またほめられる。。。

 

ちゃんと評価してくれる人がいること、そして、私のしたことをちゃんとみてくれている人がいることは、小さいことでもとってもうれし い。。。

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の”人気ブログランキングへ”といところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援ありがとうございます!!

 人気ブログランキングへ        

 人気ブログランキングへ                          

|

« 魚屋さん | トップページ | ”ほ”に てんてん »

そうちゃん」カテゴリの記事