« たし算と逆算 | トップページ | 恵方巻き »

そうちゃん語録

そうちゃん(長男・14歳・知的障害アリ)がしゃべる言葉を理解(通訳)するのは、なかなか難しい。。。

 

まずは、”いったい・・・何て言っているんだろう?”と、素直に疑問をもつ力。

そして、”なんて言っているのか、ものすごく気になる。 ・・・知りたい。”という興味と限りなき探究心。

”この状況からみて・・・おそらくは、こういうことを言っているにちがいない。”という観察力と、予測をたてていく壮大な想像力。

これなくしては、到底、そうちゃんが言っていることを理解することは難しい。

 

私なんかは、たまたま、そうちゃんと一緒にいる時間が長いので、経験から、そして、それぞれのシチュエーションから、なんとなーくそ れとなーくわかっていった。

だから、いつも一緒にいるわけでない人は、よほどの人でないと、よくは理解できないと思う。

ところが、、、そうちゃんのクラスには、その”よほどの人”がいる模様。。。

 

そうちゃんのクラスメートに、そうちゃんのことが大好き!!

そうちゃんのことが気になって仕方ない、というお友達がいるらしい。

そのお友達は、そうちゃんよりもずっとずっと障害の程度は軽く、文字も書けるし、計算もできる。

(そして、なんといっても、とってもかわいい。)

で、そのクラスメートは、そうちゃんのすることなすこと、その言動すべてが面白くって仕方ないそう。

そしていつも、そうちゃんをみながら、静かに幸せそうに微笑んでくれているらしい。。。

 

そうちゃん、授業参観に行ったときだって、なぜかやたらとはりきっている。

何もできないのに、なぜか自信満々。

私だって、いつも”?????”。

おもしろいなあ、と思う。

 

たとえば、先生が、

「はいっ。

それでは~、前に出てやってくれる人、手あげてください!」

と言えば、まず長~い手をサッと挙げ、

「はいっ!!  はいっ!!」。

あたるまで大きな声をはりあげるのは、、、そうちゃん。

 

が、先生からあてられ、はりきって前に出たところで、、、、。

他のお友達のように、きっちりしゃべれるわけでも、何か指示通りにできるわけでもないのに、そうちゃんは、大満足。

毎回、積極的に手をあげ、どんな形であれ、授業では、いつも主役ねらい。

そうちゃんにとっては、前に出て発表(?)することに意義があるらしい。

誰がどう思うか、なんて、まったくおかまいなし。。。

 

、、、そういうところも、そのお友達にとっては、そうちゃんの面白いところ、なのかもしれない。

でも、それ以上に、興味をもってくれているのが、”そうちゃん語”。

その子は、わざわざなんと、そうちゃんのために”そうちゃん語録”というノートをつくってくれているらしい。

そうちゃんが言ったことを逐一、ノートにダダダーっと書きとめ、その訳を(日夜)研究してくれているそうだ。

たとえば、そうちゃん、「先生」のことは、そうちゃん語で正確に言うと、「てんてぃえ~。」。

こういうそうちゃんが発する一つ一つを研究してくれているのだという。。。

 

私が知っているところで、もっとも難しいそうちゃん語は、「あらららる~。」

そうちゃん語で「あらららる~。」は、なんと、「(パパの)仕事」を意味する。

この”あらららる~”がどこからきているのか(語源?)は、まったく不明。

でも、この訳、「(パパの)仕事」で、まちがいない。

(もし、そうちゃんの”あらららる~”がわかるようになったら、それはも~、プロ級です!!)

 

こういうお友達に囲まれて、今日も一日楽しくすごしているそうちゃん。

幸せです。。。

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の”人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!

人気ブログランキングへ           

  人気ブログランキングへ                                            

|

« たし算と逆算 | トップページ | 恵方巻き »

そうちゃん」カテゴリの記事