« たくさん たくさん | トップページ | みかちゃん・おまけ »

カラス

「カラスってさあ、頭いいんだよね?!」

と、次男(5歳)が言う。

それで思い出した!!

あれはもう、3年くらい前のこと。。。

 

そうちゃんのスクールバスのお迎えに行った時のこと。

その日、私は、お迎えの前にお買い物。

買い物袋の中には、私が大好きな(家に帰ったら食べようと楽しみにしていた)パンも入っていた。

 

その日、スクールバスから降りてきたそうちゃんは、なぜかとても不機嫌。

さあ帰ろうと少し歩いたところで、そうちゃんは、突然、道端にベタンと座り込んでしまった。

私は、何回も立ち上がるよう、うながしたけれど、そうちゃん、一向に立とうとしない。

だから、私は、わざと、

「も~ 知らない!

ママ、先に帰るからね~。」

と言って(買い物袋を両手にもって)、私はスタスタと歩き出した。

 

、、、と、5メートルくらい歩いて、ふと振り向いて驚いた!!

なんと、そうちゃん、おもむろに私を見たかと思うと、突然スックと立ち上がり、(腹いせに?)車道に飛び出そうとしたのだ。

”ギャーーーっ 危ないっ!!”

そう思った瞬間、私は、両手に持っていた買い物袋をパッと手放し、ダーっと走り、そうちゃんの元へ!!

無事、そうちゃん、確保~~っ!!

セーフ・・・。

 

ところが、その後も、なぜかそうちゃんは非常に機嫌が悪く、道に座ったまま、手足をバタバタさせ、動こうとしない。

仕方なく、そうちゃんを差し押さえ、時がすぎるのを待つことに。。

 

、、、と、2分くらい時間が経過したかしてないか、、、

そのタイミングで、一羽のカラスがカ~カ~。

ちょうど買い物袋が投げ出された真上の電線にとまった。

そして、一瞬、そのカラスは、私とそうちゃんをチラリと見て、”ヘイ ラッキ~ いただき~!!”という目つきをしたかと思うと、そ こからは早かった!!

買い物袋のいちばん上に入れていた、私の大好きなパンを”シャシャシャッ”と口ばしにひっかけて出したかと思うと、パクパクパク。

あっという間に、紙袋に4~5個入っていたパンをたいらげた。

そして、カラスは、私がそこから(そうちゃんが座り込んでいる場所)動けないのを知っていた。

ゆっくりとゆったりと買い物袋に入っていたものを次々と器用に出し、自分でほしいものだけ選んで、口にくわえ、バタバタバタと羽音を 響かせ、飛んでいってしまった。。。

 

あっという間の出来事。

カラスのバタバタと飛んでいく後ろ姿を呆然と見送りながら、、、。

その時、なんでそんなに悲しいのかわからないほど悲しくなった。

 

そうちゃんが道にペタンと座り込んでしまって動かなくなり、私の言うことをまったく聞き入れてくれなかったこと。

そうちゃんがそこまで不機嫌になる何かが、スクールバスの中か学校であったのだろう、というところまでは推測できるけれど、それ以上 のことは、そうちゃんは自分の気持を伝えることができないので、何一つ、わかってあげられないこと。

そのことも私を悲しくさせたけれど、なんといっても、あのカラス!!

待ってましたとばかりに一瞬の間に、人の弱みにつけこんで(?)、私がここから動けない(そうちゃんがまた車道に飛び出したら危ない ので)のをわかっていて、私の大好きなパンを失敬していった、ズル賢さ・・・。

そんなこんなが複雑に混ざり合い、グワーッと強烈な怒りとも悲しみともつかない気持ちが胸の奥底からつきあげてきたあの日。。。

 

、、、そんな話を次男にした。

”だから、カラスは、賢い。”

という結びで。。。

 

すると次男は言った。

「ママ。

ママ、いいことをしたね~!」。

「、、、、ん?

、、、え???」

と私が聞き返すと、次男は言った。

「カラスさんは、ママの買った美味しいパンをたくさんたべて、おなかいーーーーっぱいになったでしょ~?」。

そして、

「カラスさん、おなかいっぱいになったから、夜まで食べなくて大丈夫だったんじゃない?」。

次男の話は続く。

「ママ。

カラスさんは、毎日大変なんだよ~。

朝もお昼も夜も、自分で食べるものをみつけなくっちゃいけないんだよ~。

朝ごはん食べたら次はお昼。

お昼ごはん食べたら、次は夜。

ずっとずっと一日中食べ物をみつけなきゃ いけないんだよ~。

だから、ママのパンをいっぱい食べた時は、おいしくっておいしくって、ものすご~くうれしかったんじゃない?

もうおなかいーーーっぱいになったから、夜ごはんは、もうみつけなくっていいしさー。

カラスさん、ものすごくうれしかっただろうね!!」。

、、、ドキッとした。

そして、なんだか、、、はずかしくなった。。。

子供って、なんて大人なんだろう。

そして、子供の気持ちは、なんてやわらかくってやさしいんだろう。。

ずっとずっと、、、

忘れないでいてね、その気持ちを。。。

 

by すっかり忘れてしまっていた母より(笑)

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の”人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ポイントアップです。

いつも応援、ありがとうございます!!

 人気ブログランキングへ   

  人気ブログランキングへ                                  

|

« たくさん たくさん | トップページ | みかちゃん・おまけ »

そうちゃん」カテゴリの記事