« 先生~その4 | トップページ | 先生~その6 »

先生~その5

前回ブログのつづき

 

園では、いろんな行事があった。

保育参観やお誕生会・(障害のある子供を育てる)お母さんのための勉強会・遠足・・・。

で、一年に一回、一泊とまりがけで行く”宿泊学習”もあった。

 

これは、先生たちが、そうちゃんたち子供をお泊りに連れて行ってくれるもの。

なぜか、貸し切りバスを借りるでもなく、そうちゃんたちの”クラッシック・バス”(送迎用の幼稚園バス)に乗って行く。

、、、といっても、もちろん、イスに座れるのは、子供たちだけ。

先生たちは、完全に”朝のラッシュのバス”状態。

すし詰め状態で体を斜めにしながら、バスの通路に立ち、そのままゆられて目的地へ向かう。。。

 

確か、宿泊学習には、6月に行っていた記憶がある。

冷房もままならないあのバスで、先生たちは、大きな荷物を背負い、バスに乗り込んでいた。

なのに、”元気もりもり!” ”笑顔全開!”だった先生たち。。。

 

私とパパは、毎年、その日がくるのがとても楽しみだった。

「今日、ちゃんと寝れるかしら。。。」

「ねーっ!

なんか不安、、、。

落ち着かないよね。。。」

という、他のお母さんたちを尻目に、私とパパは、そうちゃんが乗ったバスを見送ったら、そそくさとその場を退散。

すぐに、温泉へゴー。

「いや~、そうちゃんがいないって、こんな感じなんだね~っ!!

やーっぱ最高!」

「最高だね~っ!!」。

諸手をあげて、ただただ大喜び。

心置きなく自由を満喫し、リフレッシュできた至極の時。

次の日、旅館の朝食をダッシュで食べたら、幼稚園へそうちゃんをお迎えに行っていたっけ。。。

 

夜、お母さんが恋しくて泣いて、なかなか寝ない子供。

障害の特性からか、睡眠が安定せず、夜中もずっと起きている子供。

こだわりが強くて、環境が変わり、混乱する子供。

もちろん、オムツがはずれていない子供も多い。

そんな子供たちを一手に引き受ける先生たち。

お泊りとなると、、、また格別なものがあったはず。

いったいどうやって一夜を明かしていたのだろうか、、、。

 

けれど、一日を終え園に戻って来た先生たちは、またいつもの笑顔で、

「ただいま~っ!!」

と言って、手を大きく振る。

そんな先生たちからは、いつもいつも、大きな大きな元気とパワーをもらっていた。。。

次回へつづく

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の”人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ポイントアップです。

いつも応援、ありがとうございます!!

 人気ブログランキングへ                       

|

« 先生~その4 | トップページ | 先生~その6 »

そうちゃん」カテゴリの記事