« 虫少年~その2 | トップページ | 昆虫少年~その4・完 »

虫少年~その3

前回ブログのつづき

                               

実は、前の日、”カブトムシハウス”のお店のお兄さんは、

「オスは、交尾したら死ぬんです。」

と言っていた。

だから、

「えっっ(驚)!!

そうかあ、、、。

じゃあさあ、つがいじゃなくて、オスのカブトムシだけ買う?」

と、パパに思わず言った私。

けれど、それを横で聞いていたお兄さんは、

「次の世代を産ませて、また命をつなげていこう、っていう目的もあるので、うちではつがいでないと 売れないんですよ~。」。

、、、ということで、つがいで買い、同じ虫かごに入れたのだが。。。

                                  

昨日は、あんなに元気いっぱい、虫かごの中を動き回っていたのに、たった一晩で逝ってしまうだなん て、、、。

名前が”お元気くん”だけに、余計に痛々しく不憫だった。

次男は意外にもケロリとしていたが、パパは、しばし虫かごの前に立ちつくし、ガックリ肩を落として いた。

そして、虫かごにはってある名前の紙を見て呆然としながら、

「”かっこいいおうさま・お元気くん”かあ、、、。

あーあ、まるで戒名やない。。。」。

                        

昨日、お店のお兄さんが、

「涼しいところに置いてあげてくださいね。」

と言っていたので、家でもクーラーがかかっている一等地・リビングの出窓のところに虫かごを大小二 つ並べて置くことにした私たち。

そこへひっきりなしに次男が現れ、虫かごを開け、”お元気くん””ちいちゃん””メーるちゃん ”を手に取り触ったり、おしゃべりしたり、添え木の位置を変えたりしていた。

それを見て、パパは、

「はっくん(次男のこと)!

あんまり触ると虫が弱って死んじゃうから、そのままにしてあげなさい!

かわいそうだよ!」

と、何度も言っていた。

                                          

けれど、私がハタから見る限り、昆虫ゼリーに土がついてはきれいに洗い、

「この味は、好みじゃないのかな??」と言っては、昆虫ゼリーをせっせと新しいのに変え、(昆 虫ゼリーには、いろんな色(味?)があります。)

カブトムシが引っくり返っては、慌てて飛んで行って表に返し、

「生存カクニン!!」と言っては、カブトムシをさわり、、、

一番かいがいしくお世話していたのは、、、元・虫少年のパパであった。

そして私もまた、ちょこちょこ虫かごをのぞいているうちに、新しい家族がいっきに増えたようで、心 がわくわくしたのだった。

なのに、、、

”お元気くん”は、もういない。。。

次回へつづく

                     

<人気ブログランキングに参加しています>

下の”人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ポイントアップです。

いつも応援、ありがとうございます!!

人気ブログランキングへ  

            

|

« 虫少年~その2 | トップページ | 昆虫少年~その4・完 »

次男」カテゴリの記事