« そうちゃんと傘 | トップページ | 相撲ファン »

雨の日の少年

そうちゃん(長男・14歳・知的障害アリ)を車で学校までお迎えに行った帰り道。

梅雨空のどんよりした雲の下。

みんながうっとうしそうに傘をさし、歩くそんな中。。。 

 

私の視界の中に、一人の少年現れる。

そうちゃんと同じ学校(特別支援学校)に通う高校生らしき、その少年。

雨の中、傘をさしつつ、”も~ 楽しくってしかたがない!!”という気持ちを抑えきれないといったように、スキップ。

それも、ただのスキップではない。

タンッタ タンッタ タンッタ タン!!

なんか車の中まで音が響いてきそうな、飛び跳ねるようなスキップ。

ひょろりと背が高く細身の体が、そのたびにピヨ~ンピヨ~ンと、傘とともに跳ね上がる。

 

水たまりがあったら、彼は、迷わずそこをめがけて行く。

もちろんスキップはやめないので、バシャッ!バシャッ!と、水しぶきが上がり、靴どころか、制服のズボンもびっしょびしょの模様。。

「ぬはっ!!

今日もお母さん、お洗濯、、、。

大変だろうな。

アイロンもかけなくっちゃ。。。」

と、一瞬思うけれど、あんな楽しそうな姿は、どこへ行っても、そうそう見られるものじゃない。

目をキラキラと輝かせ、、、

あんなに自由で、のびやかなスキップを私は見たことがない

だから、いつからか、雨の日になると、学校の帰り、その少年が今日もスキップしている姿をみたさに、私は車を運転しながら、いつもキ ョロキョロ。

その少年を探すようになった。

そして、その少年を見るたびに、私も、日常のなんでもないいろんなことを愛しんで、丁寧に生きたいな、、、と、いつも思う。。。

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の”人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくとポイントアップです。

ここは、スキップせずに、おねがいしま~す(笑)!!

 人気ブログランキングへ                                

|

« そうちゃんと傘 | トップページ | 相撲ファン »

日々いろいろ」カテゴリの記事