« ベルリンの壁 | トップページ | オムツ卒業 »

小話・スーパーボール

今朝、朝食を食べている次男(5歳)のそばを通り過ぎる時、目に留まったもの。

それは、、、スーパーボール。

(スーパーボール:赤や黄色、青や緑、、、いろんな色がある、ゴム製のボールのことです。 

ビヨーンビヨーンとよく跳ねる、あれです。)

 

で、そのスーパーボールがある場所が、問題です。

次男のオレンジのスーパーボールは、、、なんと、お茶碗のごはんの中心部に、きれいに埋め込まれているではありませんかっ!!

(一瞬、私、”日の丸弁当”かと思いました。。。)

「はっくん(次男のこと)、、、、。 

なっ、、、なにしてんの?」

と言うと、

次男「だってさー、白いごはんだけじゃ、さみしいでしょ。

こうやったら、きれいでしょ~?!

だから、ここに入れてんの!!」。

 

んぎゃっ!!

スーパーボールって、そんな使い方もできるボールなの、、、???   

あわててつまみあげたスーパーボールには、ごはん粒がいーっぱい。

 

やっぱり、思考回路が、、、おもしろい。。。

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の”人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくとポイントアップです。

いつもありがとうございます!!

  人気ブログランキングへ        

 

|

« ベルリンの壁 | トップページ | オムツ卒業 »

次男」カテゴリの記事