« 次男的・和式トイレの使い方 | トップページ | 人間ドック ~その2 »

人間ドック

毎年、だいたい同じ時期に受けている人間ドック。

、、、と、今年は、いろんなことを考えさせられた人間ドックだった。。。

 

毎年のことながら、人間ドックを受けた後、しばらくしてから郵送される”結果のお知らせ”の大きな封筒を開けるのは、ちょっとコワイ 。

郵便ポストにその大きな封筒をみつけると、私は、いつもより足早に玄関へ急ぐ。

そして、急いで封を開け、、、そして、ホッとする。

特に異常ないのを確認すると、また私の命も1年更新されたような安堵の気持ちでいっぱいになる、ちょっと謙虚な私。

(に比べ、私のダンナは、まったく違う。

大きな封筒を目の前にしても、慌てて開けるでもなく、しばらくテーブルの上に置きっぱなしだったりする。

どうかすると数日も。

”なんにもないに決まっとーけん、あわてて開けることもないやろー。”という、おめでたい主義らしい。

当然、ドキドキもしないらしい。

あっ、、、。

でも、母・よしこに至っては、さらにその上をいく。

よしこは、あの歳になっても、検査自体をまったく受けていない模様。

私と姉の再三の警告<今年こそは、人間ドックに行くよう>にも、「私は、健康だから~。」と言って、応じようという気持ち、さらさらなし。)

今年も、またきた白い封筒。

ちょっとドキドキしながら封をあけてみると、そこには、、、!!

 

”乳房検査にて異常を認めます。

至急、乳腺外科にて精密検査を受けてください”

という文章が、まずは私の目に飛び込んできた。

なぬ?!

”主治医殿”と書いてある医療機関への紹介状まで同封されている。

マンモグラフィーに腫瘤像がみられるらしい。

こっ、、、これって、乳がん?!

入院?

この先、いったいどうなるの??

、、、という妄想が、私の頭の中で一気にブワーッと、ふくらむ。

と同時に、頭の中が急に涼しくなり、血の気がスーーっと引いていくのがわかった。

 

こ~りゃいかん、と思い、早速、姉へ電話。

姉も2~3年ほど前から、マンモグラフィーの検査をするたびにひっかかり、精密検査を受けている。

そして、そのたびに、しこりは良性であることを確認して、ホッとしている。

だから、姉の、”大丈夫よ~!! そんなの心配ないから!!”という、ただその一言を聞きたかった。

だから急いで姉に電話したのだけれど、、、。、

 

電話口で姉は、まず言った。

「大丈夫、大丈夫~!!。」。

”そうだよね~、そうだよね~。”と安心して聞いていたところ、姉が言った。

「でも、今からすぐ、できるだけ早く、明日にでも、病院に行った方がいいよ。

昨年、ひっかからなかったってことは、ちはる(私のこと)ちゃん、大丈夫。

早期だから。」。

んがっっ!!

やっぱり、これって、そっ、、、早期、、、がん、、、なの??

いったん足元まで下がった血が、今度は頭のほうに一気に逆流してきた。。。

 

で、結論から言うと、先日受けた、精密検査の結果は、その腫瘤、良性のもので、まったく心配ないとのこと。

なんだか、もう一度生き返ったような、ホッとした気持ちの今なのだけれど、精密検査を受けるまでの1週間は、長く、そして、いろんな 事を考えた日々だった。。。

次回へつづく

 

<これでも、人気ブログランキングに参加しています>

”人気ブログランキングへ”というところをクリック、おねがいしま~す!!

人気ブログランキングへ

 

|

« 次男的・和式トイレの使い方 | トップページ | 人間ドック ~その2 »

日々いろいろ」カテゴリの記事