« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

リップサービス

子供の目は、なかなか鋭い。

どんなにかわいらしく装って若作りしても、”おばさんは、おばさん”にみえるし、地味な洋服を着てかまわなくっても、”おねえさんは、おねえさん”に見えるものらしい。

先日、若い頃のまま、かわいらしい女優さんがCMにでていたので、その女優さんを指差しながら、私は、興味津々で長女(5歳)に聞いた。

「ねえ、なっちゃん(長女のこと)。

この人、お姉さん?

おばさん?」。

すると、長女は、

「おばさ~ん。」と、迷わず即答。

思わず、私は、

「なっちゃん、鋭い!!」と言ってしまった。

 

、、、で、その後、ちょっと声を細めながら、恐々聞いた。

「ねえ、なっちゃん。

ママは、おばさん?

お姉さん?」。

すると、長女は、

「お姉さん!!」。

私は思わず、

「えーっ、うれし~い!

 、、、で、何歳に見える?」。

すると、長女は、

「ママはさあ、とってもかわいいもん、若くみえる~。 

そうだねえ、、、。」

と、しばし考えた後、

「ママは、小学校6年生にみえる!!」。

ズルっ。

そこまで言われると、、、お世辞としかいいようが、、、ない。

ガク~ン。

 

次男(3歳)は次男で。。。

テレビをみていると、時おり、吸い込まれそうに美しい女性がでてくるので、そのたびに、私は、

「うわっっ! 

この人、きれいねえ~!!」と叫ぶ。

すると、そのたびに、次男は、私の方をクルリと振り向き、

「ううん、ぜんぜんきれいじゃなーい。

ママの方が、ぜーったい、ぜったいかわいい!!」と言ってくれる。

次男は、今、”NHKおかあさんといっしょ””たくみおねえさん”が大・大・大好きなのだけれど、それでも、

「たくみおねえさんより、ママの方がかわいい!!」らしい。

 

そうちゃん(長男・13歳・知的障害アリ)はそうちゃんで。。。

私が外出する時、洋服を着替えると、

「う~わ~っ!

ママ、かわいいね~!!」。

「ママ、かわいいね~!!」を連呼。

 

そんなこんなをパパに言ったら、

「よくぞ、そんなこと言うように仕向けたね~っ。」

と言って、ニヤリと笑ったけれど、、、失礼な!

仕向けた覚えはない。

けれど、どっちにしても、この年になっても、、、、というか、この年になったからこそ、たとえウソでも、”かわいい”なんて言ってもらうと、無条件にうれしいのは事実。

「あら~ホント~?! 

まっ! ありがとう~。」と、ギュッと抱きしめたくもなる。

たぶん、子供たちにしてみると、そう言うと、私がすごく喜ぶことをわかっているので、深い意味はないけれど、とりあえず言ってくれてるのだと思う。

”なにか人を喜ばせること、ないかな?”という思いは、自然に沸いてくるもので、それは小さな子供たちにも、ちゃんと備わっている事なんだなあと、感心する。

こんな単純なお世辞でも、こんなに単純に喜べちゃうのだ。

あらためて、”リップサービス”の大切さを感じる。

 

子供たちを見習って、私も、子育ては、基本、

「えらい!」

「すごい!」

「かわいい!」。

これでいこう。

ことあるごとに耳元でささやきながら、なんとか調子に乗らせて、育てていきたいと思います。。。

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の、”人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ポイントアップです。

いつもありがとうございま~す!!

       人気ブログランキングへ   

 

|

そうちゃん・13歳になる

そうちゃんが、13歳になった。

最近のそうちゃんを見ていると、晴れやかな気持ちになる。

目にみえて成長を感じられるようになってきたからかもしれない。

 

この間、予防接種を受けに行った時も、待合室で40分イスに座って待ち、診察室へ入ってちゃーんと注射を受けられた。

(ちょっと前までは考えられなかったこと。

今までだったら、まずは病院の入口で”すったもんだ”があり、待合室でも、もちろん、落ち着いて待つなんてできるはずもなく、、、。

ようやく、診察室へ引きずられるように行く頃には、大混乱!

たった1本の注射を打つだけなのに、そりゃーもー大変な騒ぎだった。。。)

 

待合室でなかなか名前を呼ばれなかったので、さすがにちょっと不安がつのり、そうちゃんは大きな声でおしゃべりを繰り返してはいたけれど、診察室からそうちゃんの名前が呼ばれると、右手を大きく挙げて、スックと立ち上がりながら、大きな声で、「はーーーーーーいっ!!!」。

(これは、どうやら、小学校の卒業式の練習の時に身につけたものらしい。。)

それから、そうちゃんは、待合室にいる小さな子供たちを不器用によけながら、大またでドシンドシンと診察室にすすむと、先生に、「おーよーざーまー!!」(訳:おはようございまーす!)。

先生とちょっとおしゃべりしてケラケラ笑った後は、スムーズに注射。

注射が終わると、先生に何度も、「ありがっとー!」 「ありがっとー!」と言っていた、そうちゃん。

そして、最後は笑顔で、「せんせい、ばいば~い!」。

 

う~ん、素晴らしい。

こんな日がくるなんて!!

そして、不思議なことに、こうやって、そうちゃんに一つ、また一つ、”クリアーできること”が増えていくたびに、そうちゃんは、穏やかになってきた。

自信がでてきたのかなあ、、、と思う。

こんなそうちゃんを目の前にすると、私の”開墾作業”も一区切りついて、次の段階にきた気がする。

 

今までは、そうちゃんをどうやって育てようかと、いろいろ迷いながら考えあぐねてきた。

その都度、いろんな課題にぶち当たりながら(時には、砕け散りながら)も、心の片隅で、”そうちゃんが心地よく伸びていける環境づくり”というものを細々とではあるけれど、思ってきた日々だった。

それは、土地を耕す作業にも似ている。

大きな石があればヨイショヨイショと取り除き、これから植える植物がどうしたらのびやかに育つのか、どういう状態にしたらベストなのかを想像しながら、ひたすら土を柔らかくする作業。

で、その土地には、ちょこちょこではあるけれど、”今だ!”という時期に、ポケットから種をだし、まいてきた。

ちゃんと育つかどうかはわからないけど、とりあえずはまいてきた。

”ヘルパーさん種””プール種””公文種”。

”妹種””弟種”もまいた。

 

そして今、ここにきてやっとこさ、そのまいた種から、”ポコポコっ” ”ポコポコっ”と、新緑のかわいい芽が次々にでてきた。

ヘルパーさんにそうちゃんを預けたおかげで、そうちゃんは、ヘルパーさんとなら、いろんな場所へ出かけられるようになった。

何より、たくさんのヘルパーさんにかわいがってもらい、人間を信頼できるそうちゃんになった。

プール教室に通ったおかげで、今では、なんとクロール(もちろん、そうちゃん流)も背泳ぎも、息継ぎしながら25メートル泳げるようになった。

公文教室に通ったおかげで、勉強の時間は、とりあえず、しっかり30分座っていられるようになった。

妹や弟がそうちゃんの家族になってくれたおかげで、そうちゃんは、家の中でも、”いかにして、人とつきあっていくのか、、、。”という、人生で最も大切なことを学び中。

人生には、いろんな人間模様があるのだと、何事もそうスムーズにはいかないことも気づいてくれたハズだ。

 

せっかく芽がでてきたのだから、このかわいい芽には、太陽の光をいっぱいあびさせて、土が乾いたら水をたっぷりやって、これからもっともっと大きく育ってほしいなあ。。。

 

<人気ブログランキングに参加しています。>

下の”人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくとポイントアップです。

どうぞよろしくおねがいしま~す!!  

    人気ブログランキングへ     

 

|

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »