« そうちゃんと長女と次男 | トップページ | 発覚 »

そうちゃんと公文

そうちゃん(長男・12歳・知的障害アリ)、実は、週に一度、公文に通っている。

、、、ってことを私が言うと、たいていの人は、「えーっ、、、? そうちゃんが?? 公文に行ってるのっ!?」。

そして、母・よしこや姉に至っては、「、、、で、そうちゃん、いったい公文で何やってんの???」と首をかしげる。

そのくらいビックリなことらしい。。。

 

私だって、そうちゃんを公文に行かせてみようだなんて、ちっとも思っていなかった。

だって、ひと口に”知的障害がある”といっても、それぞれ。

普通の人だって、東大に行けちゃうくらいの人とそうでない人の間には、相当な差がある。

それと同じように、知的障害も、軽い人とそうでない人(もちろん、そうちゃんは、”そうでない人”の集合体に含まれます。)の差はすごい。

で、公文なんてものは、きっと、もっと障害が軽い子供が通うものと思っていたので、私とそうちゃんにとっては、公文は、”高嶺の花”だった。

 

ところが、たまたま、そうちゃんと仲良しのお友達が公文に行っていて、そのお母さんから公文での話をときどき聞くようになって。。。

 

お友達が通うその教室は、家から車で30分くらいかかる場所(ちょっと遠い)にあるのだけれど、なんでも、とても熱心な先生で、障害がある子供も受け入れてくださるらしい。

で、ある日、”まっ、じゃっ、ちょっと一度、行くだけでも行ってみようか、、、。”と、教室を訪ねたのが、はじまり。

”ちょっとお話を聞くだけ”と軽い気持ちで行ったのだけれど、

「ぜひ、ぜひ、ぜひ、連れて来て下さい、お母さん!! 

どんなお子さんでも、やれば必ずのびます。 

私も一生懸命がんばるから、お母さんも一緒にがんばって~! 

ねっ!! ねっ!! お子さんと一緒に毎日ちょっとづつでいいからプリント(宿題)してきてください!!」。

、、、ということで、その日のうちに、即・入会。

そこからそうちゃんの公文通いは始まった。

 

最初は、普通の子供の中で一緒にやるのは難しいでしょうということで、わざわざそうちゃんのためにマンツーマンで特別に時間をとっていただいてのスタート。

そして、”普通の子供たちといっしょに(一緒の空間で)公文ができる日”を目指して幾年月。

とうとう(1年ちょっとかかったかな、、、?)”デビュー”も立派に果たした。

途中、長女(4歳)と次男(3歳)も、「そうちゃんといっしょに公文行きたーい!!」ときかないので、長女(4歳)と次男(3歳)も公文に仲間入り。

再びマンツーマン(子供三人にそれぞれに先生がついてくださる)形式に変わった。

、、、と、状況にあわせて形式は変わったけれど、そうちゃんが公文をはじめて、今年の夏で、もう5年になる。

 

”30分でいいから、じっと座って何かに集中する力がつけばいいなあ。。”という思いと”毎週同じ時間に目的をもって行く場所ができたらいいなあ。。”という思いからはじまった公文。

その願いが叶えられたら、私としてはもう十分。

あとは、”もし万が一、ひらがなでも覚えられたら、ラッキーかな。”という思いが、かすかにあったくらい。

 

公文に行くと、そうちゃんは、数字表を読んだり、ひらがな表を読んだり、プリント(まっすぐに横線や縦線をひく練習)をしたりしている。

よ~く考えると、5年間、していることは、さほど変わらない。

、、、というか、全く変わっていない!!

(もちろん、普通は、できたら次のステップのプリントへと、どんどんうつります。)

だから、外見では何も進歩していないように思える。

けれど、今や、なんと、あのそうちゃんが、公文に行ったら、お勉強のためにちゃんと座って集中している。

 

そして、なんといっても、そうちゃん、”公文だ~い好き!! 先生だ~い好き!!”。

いつも車からを降りると、公文バックをゆさゆさ揺らしながら教室までかけて行く。

一度だって”行きたくない”と言ったことも”公文いやだ”と言ったこともない。

その代わりに、毎週土曜日になると、必ず、「公文ある(訳:公文に行く)?」と私に聞き、私が「あるよ~。」と答えると、「ヤッタ~!!」といって体をゆすってピョンピョンはねる。

いつもいつも体いっぱいに、ただただ新鮮に喜びをあらわす。

 

宿題のプリントも、長女や次男は、

「やりたくな~い~。」

「ねむた~い~。」 

「つかれた~。」。

、、、というのが決まり文句。

そう言いながら体をクネクネさせて、不満をあらわにする姿は、いつも私をイライラさせてくれるけれど、そうちゃんはというと、夕食が終わったら「公文は?」。

”公文の宿題、今日する?”と自ら確認する、いわば模範生。

一度だってそうちゃんは、”やりたくない”とか”イヤだ”と言ったことがない。

 

私が「公文の時間で~す。」と、公文のバックを持ってきても、長女と次男は、何の音沙汰なし、見事にノーリアクションだったりする。

それに対して、そうちゃんは、ちゃーんと一番に私のもとに来てくれる。

で、感心なのは、そうちゃん、5年間、変わらず、同じプリントをしていること。

ただエンピツで縦線をひいたり、横線をひいたり、、、というだけのプリント。

 

でも、実は、5年たった今でも、たったそれだけのことが、そうちゃんは自分だけではうまくできない。

一人ですると、プリントをはみ出してテーブルにオーバーランした後、やっとそうちゃんのエンピツはとまる。

腕に力が入りすぎて、うまく力をコントロールすることができないのだ。

で、いつも、そうちゃんの方から私に、「手伝ってください。」とご依頼がある。

だから、私とそうちゃんは、いっしょにエンピツをもって横線・縦線をひいていく。

 

毎日同じことの繰り返しの地味な地味な作業。

けれど、その作業をコツコツと日々重ねていくそうちゃん。

そんなそうちゃんを見ていると、「う~ん、がんばってるよなあー。」と思って、なんだか毎回”じーん”としてしまう。

 

そうちゃんは楽しめることも、できることも、健康な子供よりもうんとうんとうんと少ないけれど、いったん好きになると、単調なことでも、がまん強く続ける力がある。

プール教室(こちらも週に一度通っています)だってそう。

一度も”行きたくない”と言ったことも”もう、イヤだ”と言ったこともない。

そして、何より、”どうしてそんなに新鮮に喜びを体いっぱいにあらわせるのだろう、、、。”というくらい、”今日もまた好きな習い事に行けること”を楽しみにしている。

 

そして、、、。

最近では、なんと、かなり、ひらがながわかってきたらしい。

もちろん書く事はできないけれど、読むことは、ひとつひとつゆっくりだったら、できていると思う。

声に出して「あ」 「い」 「う」とはっきり発音することはできないけれど、頭の中では、ちゃーんとわかっている模様。

びっくりだ。

 

いつも同じプリントをしているそうちゃんが、しばらくは、長女も次男も、とてもフシギにみえたようだ。

「そうちゃんだけ簡単だから、いつもすぐ終わってずる~い!」とか、「なんでそうちゃんだけ、いつもママが手伝うの~?」などとも言っていた。

けれど、そういえば、最近は、もうピタリと言わなくなった。

小さくても、何が大切でどういうことが偉いことなのかは、ちゃーんとわかっている。

 

そうちゃんがコツコツと積み重ねていくこの先には、いったいなにがあるんだろう。

ちょっと何か”期待”をも感じさせてくれる最近のそうちゃんです。。。

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の”人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくとポイントアップです。

いつもありがとうございまーす!!

        人気ブログランキングへ 

 

|

« そうちゃんと長女と次男 | トップページ | 発覚 »

そうちゃん」カテゴリの記事