« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

そうちゃんと公文

そうちゃん(長男・12歳・知的障害アリ)、実は、週に一度、公文に通っている。

、、、ってことを私が言うと、たいていの人は、「えーっ、、、? そうちゃんが?? 公文に行ってるのっ!?」。

そして、母・よしこや姉に至っては、「、、、で、そうちゃん、いったい公文で何やってんの???」と首をかしげる。

そのくらいビックリなことらしい。。。

 

私だって、そうちゃんを公文に行かせてみようだなんて、ちっとも思っていなかった。

だって、ひと口に”知的障害がある”といっても、それぞれ。

普通の人だって、東大に行けちゃうくらいの人とそうでない人の間には、相当な差がある。

それと同じように、知的障害も、軽い人とそうでない人(もちろん、そうちゃんは、”そうでない人”の集合体に含まれます。)の差はすごい。

で、公文なんてものは、きっと、もっと障害が軽い子供が通うものと思っていたので、私とそうちゃんにとっては、公文は、”高嶺の花”だった。

 

ところが、たまたま、そうちゃんと仲良しのお友達が公文に行っていて、そのお母さんから公文での話をときどき聞くようになって。。。

 

お友達が通うその教室は、家から車で30分くらいかかる場所(ちょっと遠い)にあるのだけれど、なんでも、とても熱心な先生で、障害がある子供も受け入れてくださるらしい。

で、ある日、”まっ、じゃっ、ちょっと一度、行くだけでも行ってみようか、、、。”と、教室を訪ねたのが、はじまり。

”ちょっとお話を聞くだけ”と軽い気持ちで行ったのだけれど、

「ぜひ、ぜひ、ぜひ、連れて来て下さい、お母さん!! 

どんなお子さんでも、やれば必ずのびます。 

私も一生懸命がんばるから、お母さんも一緒にがんばって~! 

ねっ!! ねっ!! お子さんと一緒に毎日ちょっとづつでいいからプリント(宿題)してきてください!!」。

、、、ということで、その日のうちに、即・入会。

そこからそうちゃんの公文通いは始まった。

 

最初は、普通の子供の中で一緒にやるのは難しいでしょうということで、わざわざそうちゃんのためにマンツーマンで特別に時間をとっていただいてのスタート。

そして、”普通の子供たちといっしょに(一緒の空間で)公文ができる日”を目指して幾年月。

とうとう(1年ちょっとかかったかな、、、?)”デビュー”も立派に果たした。

途中、長女(4歳)と次男(3歳)も、「そうちゃんといっしょに公文行きたーい!!」ときかないので、長女(4歳)と次男(3歳)も公文に仲間入り。

再びマンツーマン(子供三人にそれぞれに先生がついてくださる)形式に変わった。

、、、と、状況にあわせて形式は変わったけれど、そうちゃんが公文をはじめて、今年の夏で、もう5年になる。

 

”30分でいいから、じっと座って何かに集中する力がつけばいいなあ。。”という思いと”毎週同じ時間に目的をもって行く場所ができたらいいなあ。。”という思いからはじまった公文。

その願いが叶えられたら、私としてはもう十分。

あとは、”もし万が一、ひらがなでも覚えられたら、ラッキーかな。”という思いが、かすかにあったくらい。

 

公文に行くと、そうちゃんは、数字表を読んだり、ひらがな表を読んだり、プリント(まっすぐに横線や縦線をひく練習)をしたりしている。

よ~く考えると、5年間、していることは、さほど変わらない。

、、、というか、全く変わっていない!!

(もちろん、普通は、できたら次のステップのプリントへと、どんどんうつります。)

だから、外見では何も進歩していないように思える。

けれど、今や、なんと、あのそうちゃんが、公文に行ったら、お勉強のためにちゃんと座って集中している。

 

そして、なんといっても、そうちゃん、”公文だ~い好き!! 先生だ~い好き!!”。

いつも車からを降りると、公文バックをゆさゆさ揺らしながら教室までかけて行く。

一度だって”行きたくない”と言ったことも”公文いやだ”と言ったこともない。

その代わりに、毎週土曜日になると、必ず、「公文ある(訳:公文に行く)?」と私に聞き、私が「あるよ~。」と答えると、「ヤッタ~!!」といって体をゆすってピョンピョンはねる。

いつもいつも体いっぱいに、ただただ新鮮に喜びをあらわす。

 

宿題のプリントも、長女や次男は、

「やりたくな~い~。」

「ねむた~い~。」 

「つかれた~。」。

、、、というのが決まり文句。

そう言いながら体をクネクネさせて、不満をあらわにする姿は、いつも私をイライラさせてくれるけれど、そうちゃんはというと、夕食が終わったら「公文は?」。

”公文の宿題、今日する?”と自ら確認する、いわば模範生。

一度だってそうちゃんは、”やりたくない”とか”イヤだ”と言ったことがない。

 

私が「公文の時間で~す。」と、公文のバックを持ってきても、長女と次男は、何の音沙汰なし、見事にノーリアクションだったりする。

それに対して、そうちゃんは、ちゃーんと一番に私のもとに来てくれる。

で、感心なのは、そうちゃん、5年間、変わらず、同じプリントをしていること。

ただエンピツで縦線をひいたり、横線をひいたり、、、というだけのプリント。

 

でも、実は、5年たった今でも、たったそれだけのことが、そうちゃんは自分だけではうまくできない。

一人ですると、プリントをはみ出してテーブルにオーバーランした後、やっとそうちゃんのエンピツはとまる。

腕に力が入りすぎて、うまく力をコントロールすることができないのだ。

で、いつも、そうちゃんの方から私に、「手伝ってください。」とご依頼がある。

だから、私とそうちゃんは、いっしょにエンピツをもって横線・縦線をひいていく。

 

毎日同じことの繰り返しの地味な地味な作業。

けれど、その作業をコツコツと日々重ねていくそうちゃん。

そんなそうちゃんを見ていると、「う~ん、がんばってるよなあー。」と思って、なんだか毎回”じーん”としてしまう。

 

そうちゃんは楽しめることも、できることも、健康な子供よりもうんとうんとうんと少ないけれど、いったん好きになると、単調なことでも、がまん強く続ける力がある。

プール教室(こちらも週に一度通っています)だってそう。

一度も”行きたくない”と言ったことも”もう、イヤだ”と言ったこともない。

そして、何より、”どうしてそんなに新鮮に喜びを体いっぱいにあらわせるのだろう、、、。”というくらい、”今日もまた好きな習い事に行けること”を楽しみにしている。

 

そして、、、。

最近では、なんと、かなり、ひらがながわかってきたらしい。

もちろん書く事はできないけれど、読むことは、ひとつひとつゆっくりだったら、できていると思う。

声に出して「あ」 「い」 「う」とはっきり発音することはできないけれど、頭の中では、ちゃーんとわかっている模様。

びっくりだ。

 

いつも同じプリントをしているそうちゃんが、しばらくは、長女も次男も、とてもフシギにみえたようだ。

「そうちゃんだけ簡単だから、いつもすぐ終わってずる~い!」とか、「なんでそうちゃんだけ、いつもママが手伝うの~?」などとも言っていた。

けれど、そういえば、最近は、もうピタリと言わなくなった。

小さくても、何が大切でどういうことが偉いことなのかは、ちゃーんとわかっている。

 

そうちゃんがコツコツと積み重ねていくこの先には、いったいなにがあるんだろう。

ちょっと何か”期待”をも感じさせてくれる最近のそうちゃんです。。。

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の”人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくとポイントアップです。

いつもありがとうございまーす!!

        人気ブログランキングへ 

 

|

そうちゃんと長女と次男

最近、次男(3歳)には、”そうちゃん”が、ちょっとフシギに映るらしい。

次男から見ると、そびえ立つほどに大きい(ただ今、身長170cm!!)そうちゃん(長男・12歳・知的障害アリ)が、いろんな日常を”お手伝い”してもらっているのが、”????”なのだ。

私がそうちゃんの顔をパシャパシャ洗っていると、次男は、そばに来て身をのりだし、

「ねーね、そうちゃん。 

どうして、そうちゃん、大きいのにしゃー(さー)、お顔、ママに洗ってもらってるの~? 

そうちゃん、お手て、痛いの~??」。

                                        

そうちゃんは、言葉をひとつひとつハッキリと発音できないので、なんでも言葉が一塊になってしまってわかりづらい。

(、、、というか、私の通訳なくしては、なかなか理解できない。。。)

だから、”もうちょっとハッキリしゃべれるようになって、もっといろんな人に伝わる言葉になればなあ、、、。”と思って、最近、そうちゃんとしゃべる時は、「そうちゃん、ひとつひとつハッキリ言ってみて~。 ほら、”そ” ”う” ”ちゃ” ”ん”。」。

、、、とかいう風に、私は、発音の練習をかねて、おしゃべりする時がある。

こんな時、そこにまた次男現れ、

「ねーね~。 

そうちゃん、どうして大きいのにしゃー(さー)、おしゃべりできないの~??」と、ストレートな質問。。

 

そんな時、かなり困惑する。

誰が困惑するかというと、実は、”私が”ではなく、”そうちゃん”が!!

、、、というのも、その質問、いつも、私に向けてではなく、当の本人、そうちゃんに向けられる。

次男は、イスに乗ったりして、わざわざそうちゃんと同じ高さに視線を合わせ、”なんとかこの疑問に答えてくれないか~、ベイビ~?!”というような強い信念のもと、そうちゃんの目の奥をジッとのぞき込みながら言うのだ。

 

そうちゃんは、手先も不器用だし、おしゃべりもうまくできないから、”なにもわかっていない”風に思われがちだけれど、実は、かなりよくわかっていると思う。

特に人の心の中を見抜く力や、人の感情なんかは、よ~く読み取る。

だから、そんな時(次男に質問された時)のそうちゃんは、悲しそうな顔と悔しそうな顔をして、そして、最後は、とても困った顔をする。

 

”ボクだって、できることなら、なんだって自分でしたいさ。 

おしゃべりだって、いっぱいしてみたい。 

でも、思うように手も口も動いてくれないんだもん。。”という思いと

”ボクはずっとボク。 このペースでずっときたんだ。

何を今さら、、、!! 

新入り(そうちゃんより後に生まれた次男)が何いってんだよ~?!”という思い。

そして、

”その質問には、うまく答えられないよ、、、。

 君の思いは受け止めるけど、ボクの思いは君にうまく伝えることができないんだもん。。”という思いが、複雑にそうちゃんの中で渦巻いているように思う。

 

きっと、次男を”なるほど~っ!!”と思わせるほど、私もそうちゃんも、これという回答はできていない。

にもかかわらず、数日たつと、次男は、きっと自分でいろいろと考えるのだろう。

次男なりに自分を納得させ、そして、何かを感じ取っているので驚く。

 

ふと見ると、次男は、

「そうちゃん。 

”あ!” ”い!” ”う!” ”え!” ”お!”だよっ。

 ねー、はっきり言ってごらん。」と言って、大きなそうちゃんの横に自分も正座して、発音講座の講師となっている。

その横顔は、私より一生懸命だったりする。

 

それとか、タッタッターっと、かけて行っては、

「ね~、そうちゃん。 

はっくん(次男のこと)ねー、そうちゃんのことだ~い好きだよ~。 

はっくんがしゃー(さー)、なにかお手伝いしよっか?」などと、そうちゃんの耳元でささやいていたりする。

 

長女(4歳)は、、、というと、”そうちゃんが病気”だということは、漠然とではあるけれど、理解している。

で、最近の長女は、なんだか頼もしい。

 

外を歩く時、私は、そうちゃんと手をつなぐので、自ずと長女は次男と一緒に歩くことが多い。

長女、次男を守るようにして、しっかりと次男の手を引く。

そして、次男が危なくないように、車からかばうように歩道の奥側に次男を歩かせ、自分は必ず車道側を歩く。

ちょっとでも車が通りすぎようとするなら、両手をいっぱいに広げて、次男が歩道からはみださないように”カニ歩き”のような格好で歩いたりもする。

信号待ちの時、そうちゃんが赤でも渡ってしまわないように(そうちゃん、赤でも青でも黄色でもお構いなく、堂々と渡ろうとなさいます、、、トホホ。。)大きなそうちゃんのパンツをしっかとにぎって、

「ママ。 なっちゃんが(長女のこと)、そうちゃん、つかまえとくからだいじょうぶよ~。」とか言ったりする。

 

そんな次男や長女を見ていたら、”子供ってすごいなあ、、、。”と感心してしまう。

あんなに小さいながら、二人はもう、すでに、”そうちゃんをエスコート”している感じなのだ。

大人が”手伝ってあげて”とか”○○してあげて”なんて、そんなことを言う必要はないらしい。

何も教えなくっても、”目の前に困っている人がいたら、その人が安全に心地よくすごせるように、力ある者がリードする”ということを本能的に知っているのだ。

 

さりげない気配り、、、できそうでできないんだよなあ。。

私も、これから、次男や長女を見習って、さりげなくエスコートできる人になりたいです。。。

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の”人気ブログランキングへ”というとこをクリックしていただくとポイントアップです。

いつもありがとうございまーすっ!!  

      人気ブログランキングへ      

 

|

温泉にて

この間、温泉に泊まりに行った時のこと。

お風呂の湯船に長女(4歳)とつかって、「やっぱ、温泉は気持ち~ね~。。」と言っていたら、長女が、

「ねえ、ママ。 女の子が一人いて、よかったでしょ~?!」。

「だってさあ、なっちゃん(長女のこと)が男の子だったら、ママ、お風呂、一人で入らないといけないもんね~。 

そしたらママ、寂しいでしょ~?」と言う。

 

そう!

娘さん、よくご存知で!!

、、、というのも、この私、結婚して初めて、”なーんか、寂しいもんだねー、、、。”と、しんみり思った瞬間は、実は、温泉に行ったときだったのだ。

そう、”女湯”に一人ひっそり入った時だったと記憶している。

 

私は、姉(お料理やお菓子の本を出版しています:行正り香)と二人姉妹だった。

で、小さい頃から結婚するまで、どこかへ泊まりに行った時などは、お風呂タイムといえば、私と姉と母・よしこと三人で、”さっ、そろそろお風呂に行こっか。”と、いつも一緒だった。

思えば、温泉につかりながら、”夕食はどんなのがでるかな~。”とか、”今日の食事はおいしかったね~。”とか、”やっぱ、温泉は最高だよね~。”とか、そんなたわいのないことをベラベラしゃべることが楽しかったのだ。

 

それが結婚したとたん、一転、単独行動。

長女が生まれる前までは、そうちゃん(長男・12歳・知的障害アリ)はパパと一緒に男湯へ入るので、私は女湯へ一人トボトボ向かう。

まあ、うるさい人(一日中しゃべりまくる、そうちゃん)から瞬間、開放されることは至極の幸せではあるけれど、向かった先の女湯に他のお客さんが一人もいず、だだっ広いお風呂に私一人、、、ということになると、、、ガビーン。

こんな大きなお風呂に私一人、、、こっ、、こわいじゃないのさっ、、、。

くつろぐどころか、なんだかかえって落ち着かず、”、、、なーんか寂しい、、、。”気持ちがジワーっ。

ジャバジャバっと入って、どうかすると男湯のメンバー(パパ&そうちゃん)よりも早くあがってきてしまうことも多かった。

だから、長女が生まれて、何がうれしいって、”二人で女湯へ向かえること”。

これ、実は私にとっては、かなり、”うれし~っ!!”ことなのだ。

 

そして、長女は言った。

「ママのことね、なっちゃん、ずっとお空の上からみてたんだよ。 

でね、ママが寂しくないように、女の子になろうって決めて、生まれてきたんだよ。

ねーっ、女の子だったら、いっしょにお風呂に入れるでしょ。

でね、ママのところに行きたいなあと思ったから、なっちゃん、ここに生まれてきたんだよ。」。

そして、長女は、いろんなことを”お空の上から”みていたのだという。

そうちゃんがずっと歩けなかったことも、お空から見てたから知っていた、、、とも言っていたっけ、、、。

 

人間が一人、生まれてくるっていうことは、ものすごくドラマティックなことだと思っていた。

けれど、それは、いろんな偶然と偶然が重なったものだと思っていた。

でも、長女のその言葉を聞いていたら、、、。

もしかしたら、赤ちゃんたちはみんな、生まれる前から、お空の上でずーっといろんなことを眺めているのかもしれない。

そして、いろんなことを思いながら、”じゃ、ここの家の子になってみようかなあ~。”と行き先を希望して生まれてくるものなのかもしれないなあ、、、と思えてきた。

 

もし、そうだったら、それは、ものすごーくうれしいことだなあ。

長女も次男(3歳)も、そして、そうちゃんも、単なる偶然ではなく、私のところに来るべくして来てくれた気がする。

、、、そう思ったら、あらためて、「Welcome!!」な気持ちがモクモクわいてきて、三人ギュッと抱きしめたくなってしまった。。。

 

<ブログランキングに参加しています>

下の”人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ポイントアップです。

ポチッと、よろしくお願いしま~す!!

人気ブログランキングへ

 

 

|

三日坊主(4・完)

前回ブログのつづき

 

次の日の夕食も、私は、当然のように十五穀米を炊いた。

まー、皆さん(子供たち)、お気に召さないのはわかっていたけれど、いざとなれば、冷凍ごはんもあるし、嫌いだという者がいれば、冷凍ごはんをチンすればいいのだ。

そうちゃん(長男・12歳・知的障害アリ)は、もちろん十五穀米は断固拒否だったため、ごはんをチン。

長女(4歳)と次男(3歳)は、渋々ながらも、なんとか食べていた。

そんなみんなを見まわしながら、

「ヘルシー&ビューティのためには、これ、食べなくっちゃー! 

なんかね、ママ、これ食べてると、大地の恵みを感じるよ~っ!!」。

二日目の夜まで、私は、確かにこう言っていた。

、、、が。

 

三日目の夜、私に異変が起きた、、、。

食事の時、ふと、十五穀米を”ジーーーッ”と見たのがいけなかった。

昨日まで、あんなに”う~ん、美味しい!!”と思っていたのに、

”ところで、、、、。 

なんでごはんにこんなにいっぱいツブツブが、、、?”という思いがスッとよぎった。

この一点の思いが私をくるわせた。

なんだか、そのツブツブを見ていたら、急に”き~も~ち~悪~~~いっ”という感情がフツっと私の中にわいたのだ。

 

そうだ、、、そういえば、昔、私が飼っていた小鳥(インコ&文鳥)たちが美味しそうに食べていた”あわ”も入っているではないか、、、。

私は急に当時のことを思い出した。

ルル(インコ)とララ(文鳥)があんまり美味しそうに”アワ(小鳥のえさ)”を食べるので、私は、よく鳥かごに顔を押し付けてその様子を眺めたものだ。

そして、

「ルルちゃん、そんなに美味しいの?」 

「ララちゃん、ほーんと好きねえ~。」と言いながら、口ばしを忙しく動かして食べる小鳥たちを見ていたあの頃。

 

その光景を鮮明に思い出したとたん、

”、、、、。

 なっ、、、なんで、私、小鳥のえさみたいなごはん、食べてるんだっけ、、、?!”という思いが”ムクッ”とわいてきて、そのとたん、ごはんに入っているツブツブに何ともいえない違和感が、、、。

”そうちゃんのドタバタ劇”には、かなり笑わせてもらったけれど、今日は、なぜだか、そうちゃんの気持ちが手に取るほどよ~くわかる。

確かに、、、確かに、、、確かに気持ち悪い、、、。

 

けれど、これまたフシギで、あの時のそうちゃんと全く一緒なのだけれど、”気持ち悪い・美味しくなさそう”というのは、実は頭の中で思うことであって、これがいざ実際、口にごはんを運んで食べてみると、特段まずいということはないのだ。

これが厄介なのだ。

このことは、脳にかなりの混乱をまねく。

 

とにかく、目の前の十五穀米をひと口食べるたびに自分の中で”いろんなこと”が起こるのだ。

まずは、自然にわきたつ”気持ち悪い”という頭のイメージを払拭すべく、”いやいや、そんなことはない。 これ、健康にいいんだし、食べなくちゃ、、。”と自らに言い聞かせるが作業が不可欠。

でもって、その作業には、かなりのエネルギーを費やすにもかかわらず、思い切ってごはんをほお張ると、そうちゃんと同様、”、、、んっ?! 、、、決して、まずくはないよ、、、ね?”という拍子抜けの思い。

それから、なんとか気持ちをもち直して、”うんうん、美味しい美味しい。”と自分に思い込ませてはみるものの、ゴックンとごはんを飲み込んだとたん、また、”なーんだか、やっぱり、このツブツブがどうも気持ち悪い、、、。”という気持ちがわいてきて箸がすすまなくなってしまう。

、、、ということで、いつしか、

「”気持ち悪い”→”食べなくちゃ”→”美味しくないことはない。”→”美味しい”」という思いがワンセットになって、ひらすらに頭の中でローテーション。

 

、、、いや~、こんなんじゃあ、面倒くさくてやってられない。

もはや、ごはんを美味しく食べるどころじゃなくなってくる。

とにかく、ごはんを食べるのにこんな無駄なエネルギーを使ったのは、久方ぶりだった。

6口目には、もうすでにクタクタに疲れきってしまった私。

、、、なにもこんな思いまでして、、、ヘルシー&ビューティになったって、、、トホホ、、、。

、、、ということで、見事に、十五穀米は、たった三日で退場となってしまったのだった。

 

その十五穀米、キッチンの流しの下の引き出しで、ひっそりと次の出番を待っています。

、、、が、もう、日の目をみることはないでしょう。

次の日曜日あたり、余すところなく、公園の小鳥たちにプレゼントしようと思っております。。。

おしまい

                                              

<人気ブログランキングに参加しています>

下の”人気ブログランキング”のところをクリックしていただくと、ポイントアップです。

ひとつ、”ポチッ”とお願いしま~す!!

人気ブログランキングへ

 

|

三日坊主(3)

前回ブログのつづき

                                          

さてさて、初めて十五穀米を目の前にしたそうちゃん(長男・12歳・知的障害アリ)のリアクションはと言うと、、、。

それは、長女(4歳)と次男(3歳)に比べると、かなり派手なものだった。。。

 

自分のトレイにのっている十五穀米を目にしたそうちゃんは、無言で、カーペットを”ツーツーツーツーツーっ”と、すり足で妙な音をたてながらテーブルに恐る恐る近づいてきた。

そして、”これまでに見た事のない物体(十五穀米)”にすいよせられるようにして、しばし至近距離にて”ジーッ”と十五穀米を見つめた後、「ママ、いっ、、いやだ~~っ!!」と、かなり動揺しながら、まずはお決まりの文句から。

(新しい物、新しい環境、、、などが、とっても苦手なそうちゃん。

”その新しものがいったい何であるのか。”が理解できないので、”新しい○○”を、なかなかスムーズに受け入れることができない。

ことに食事に関しては、かなり“食感”というものを重視している模様。

ゴツゴツしたものやバサバサしたものは、ノーセンキュー。)

 

しばらく観察した後、今度は、”十五穀米”の研究段階にはいった。

まずは、鼻をごはんすれすれまで近づけ、クンクンクンクン。

”香り”の研究はかなり時間をかけて行われた。

お次は、このごはんの”感触”を指先でチェック。

そして、今度は、なんとかこのナゾの物体(十五穀米)をごはんから取り除けないものか、、、と考えたそうちゃんは、指先でごはんの表面をつまみあげた。

が、しかし、ナゾの物体は、ごはんの表面だけでなく、完全にごはんに混ざりあっているため、途中で断念。

その時点で、”かなりの脅威”を感じたのか、そうちゃん、ずいぶんと大げさに腰がひけたかと思うと、次の瞬間、スタスターっと、ダイニングテーブルのイスではなく、カーペットの方に座り込んでしまった。

 

笑っちゃいけないけれど、その一連の光景はかなりおかしかった。

私と長女と次男、思わず顔をあわせて笑いながら、私は、

「そっ、、、そうちゃん。

そ~んな驚くことないじゃないでしょ~?! 

ちょっと、ちょっとでいいから食べてごら~ん。」と言って、まずはイスに座らせた。

 

まあ、私は、内心、”十五穀米は、そうちゃんにはムリかなあ、、、。”とは思っていた。

、、、というのも、普段から、そうちゃんは、かなりの”こだわり”がある。

そうちゃんは、ごはん(お米)を食べる時には、必ずふりかけをかける。

そのふりかけも、何でもよいというわけではなく、”丸美屋の混ぜ込みわかめ・梅じそ”しかダメ。

(他のふりかけは、食感や味の好みが合わないらしく、猛烈に拒否。)

炊き込みご飯にも、好きなものとキライなものがある。

(牡蠣ごはんやかしわごはん、きのこの炊き込みごはんは、だ~い好き。

でも、グリンピースごはんなんかは、キライ。)

十五穀米も、そうちゃんに”炊き込みご飯“としてグルーピングされれば、もしかしたら、食べるかも、、、?

 

そんなことを思いながら、、、いよいよ、そうちゃん、注目のひと口目!!!

(私と長女と次男、もはや、そうちゃんの奇妙な行動にクギ付け。)

そうちゃん、”あともうちょっとで、そうちゃんの口に十五穀米が入る、、、!!”と思った瞬間、私たちの視線を感じてか、なぜか、食べるのを躊躇し、スプーンをお皿にもどす、、、。

、、、という動作を何度もして、もったいつけた後、とうとうひと口目がそうちゃんの口に!!

そうちゃんは、

”、、、、。 

たった今、頭で想像したのとは、ちょっと、、、ちがう、、、か?

まあ、好みではないまでも、食べられない程でもないか、、、。”というような、何ともいえない複雑な表情をしたあと、ひと言、「、、、うわっ、、、。」と力なく言った後、しばしの沈黙。

 

二口目を口に入れる時も、もう一度、ごはんのツブツブをあらためて確認し、一瞬、ブルブルっと身ぶるいし、”気持ち悪~い”という表情をするものの、また、仕方なく口にいれると、

”、、、、、。 

まー、でも、食べられない程ではないか、、、。”という表情をして、今度は無言。

 

しかし、三口目、同じ動作を繰り返した後、突然”ガバッ!!”と席を立ったかと思うと、「うわ~っ!!」。

そう言って今度は怒りをあらわにして、イスから転げるようにしてカーペットに座り込んだ。

もはや、”とても生理的に受け付けない、、、。 耐えられない!!”といった感じだったのだ。

 

そうちゃんのまったくオーバーな(本人は必死であります。。。)”ドタバタ劇”のような風景を目の前に、私たちは思わずケタケタ笑ってしまった。

そして、そんなそうちゃんのためには、冷凍ごはんをチン。

その日の夕食は、こんな風に終わったのだった。

次回につづく

                                                

<人気ブログランキングに参加しています。>

下の”人気ブログランキングへ”というとこをクリックしていただくと、ポイントアップです。

いつも応援、ありがとうございま~すっ!!

         人気ブログランキングへ     

 

|

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »