« 三日坊主(1) | トップページ | 三日坊主(3) »

三日坊主(2)

前回ブログのつづき

                                             

長女(4歳)に思いがけず、そんなこと(「なっちゃんが赤ちゃん産むころには、ママ、もう死んでるでしょ~?」)を言われたから、、、というわけではないけれど。。。

 

次の日、買い物に行った八百屋さんで、レジの列に並んでいた時のこと。

ふと、私の目にとまったものは、”十五穀米”。

十五穀米といえば、私の中では(勝手に)、健康食品の代表選手。

、、、でありながら、大昔に一度、和食を食べに行ったお店で口にして以来、食べたことがなかった。

が、昨日、あんなことがあって、

”なんとか長生きしてみたいもんだ、、、しかも、人のお役にたてるくらいに元気モリモリで。”、、、と、一夜にしてすっかり欲深くなった私は、自然と棚に置いてある十五穀米の袋に手がのびた。

 

その袋には、”ヘルシー&ビューティ”と太文字でうたっている。

「なになに、、、。」。

これは聞き捨てならん、、、。

健康と美が、たった大さじ何杯かお米に混ぜて炊くだけで手に入るというのかっ!!

”今までこれを食べずにきたことは、いったいどのくらい損失にあたいするものなのか、、、!!”、、、そんな気持ちにさえなりながら、これは買わねばっ!!

十五穀米を即座にポイと買い物カゴへ。。。

 

さてさて、その夜、いよいよ炊飯の時間。

もちろん十五穀米を入れて、、、。

ごはんが炊き上がるのがあんなに楽しみだったのは、久々だった。

いったいどんな味なのか、、、!!

そして、どのくらい”ヘルシー&ビューティ”になれるものなのか!!

 

炊き上がったら、まっさきにひと口食べてみた。

「う~ん、美味しい!! びっくり、びっくり!!」というのが私の感想。

なんとな~く敬遠していた十五穀米だったけれど、意外にも、こんなに美味しいものなのかっ!!

よしっ、うちも今日から十五穀米でいこう。

 

さーて、子供たちは、いったいどんな反応をみせてくれるのだろうか。。。

私は、

「はーい、ごはんよ~。 

今日のごはんは、とっても美味しいよ~! 

あのね~、噛むと甘くて美味しいから食べてごら~ん。」と言いながら子供たちを席にさそった。

(平日のため、もちろんパパは食卓にはおりません。)

 

サササーッとかけつけた子供たちは、まずは、しげしげとごはんに注目。

一瞬、なんとな~くイヤ~な空気が流れた後、長女がまず、けげんそうな顔をしながら、

「わっ、、、。 

ねえ、これ、なーに? 

なにごはん?」。

「なにごはんって、、、。 

十五穀米っていうのよっ!

 ちょっとー、食べてごらん! 

なんかねー、いつものごはんより甘いよ~!」と私。

すると、渋々ひと口ほおばった長女は、「、、、、。」。

なぜか、しばし絶句の後、「ぜんぜん甘くないよ、、、。 ねーママ、これ、キラ~イ。」と、バサリ。

 

続いて、次男の反応に注目。

すると、次男は、ひと口も食べていないのに、すでに、

「ね~、ママ! 

はっくん(次男のこと)しゃー(さー)、このごはん、好きだよ~っ!」と、ニコニコ。

そして、お米に入っているつぶつぶを一粒一粒スプーンで拾い上げては、

「ねー、ママ、これは~?」。

「これはな~に?」

「じゃー、これは~?」と質問攻め。

 

その質問に対し、丁寧に答えて、、、と言いたいところだが、実際は、「はーい、もちきび。」 「それ、丸麦。」 「はーい、紫米。」と、十五穀米の袋の裏に書いてある原材料名を、適当に棒読みしている私。

なにせ、十五種類入っているので、次男からの質問、なかなか終わらず、、、。

が、そのたびに次男、「あっ、しょう(そう)!!」と、満足気な顔はするものの、さっきから見ていると、いっこうに食べようとはしていない。

結局最後は、私にうながされ、ひと口は食べたけれど、すぐに、

「はっくん、これしゃー(これさあ)、好きなんだけどしゃー(さー)、今日はもう、ごちそうさま~。」。

次男、好みではないことは明らかだった。

 

そして、問題のそうちゃん(長男・12歳・知的障害あり)は、、、!!

”問題の”、、、というのも、そうちゃん、障害のためか、とにかく、”新しいもの”が苦手。

新しい場所も、新しい環境も苦手。

もちろん、初めて食べる食べ物にも、人の何十倍も慎重。

そして、その日の十五穀米も例外ではなかった。。。

次回につづく

 

P.S.

この間、テラスのお花を植え替えました。

マイスコップを片手に、はりきって土をまぜたり、お花を植えるのを手伝ってくれる長女に、「あー、なっちゃん(長女のこと)が手伝ってくれるから、ママ、助かる~。」と言うと、「ねー、ママ。 なっちゃん、赤ちゃんだった時は、寝てばっかりいて、なーんにもできなかったんでしょ?」と聞く。

だから、「まー、そりゃー、赤ちゃんの時はねー。。。」と、私が言うと、、、。

”フンフンフンフン”と静かにうなずきながら、スコップで土をすくう手をやすめることなく、「それじゃあ、ママ、一人で、大変だったでしょ~?!」と、私をねぎらうような口調で言うのでびっくり!!

一瞬、隣のおばちゃんと話してるのかと錯覚するくらい(笑)、その表情は大人っぽかったです。

”いっ、、、いつの間に、こんなに成長したんだろう、、、。”と、時おりハッとします。。。

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の”人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ポイントアップです。

いつも応援、ありがとうございます!!

 人気ブログランキングへ  

 

|

« 三日坊主(1) | トップページ | 三日坊主(3) »

日々いろいろ」カテゴリの記事