« ゴキブリ退治 ~その2(完) | トップページ | おばあちゃんの口ぐせ »

0、6パーセントの可能性

「はあ~ん、、、。」 「へえーっ、、、。」。

この間、パソコンをみていて、あらためてビックリした。

なんと、そうちゃん(長男・11歳・知的障害あり)のように、生まれつき障害(染色体異常)をもって、この世に生まれる可能性は、たったの、”0、6%”なんだそうだ。

まわりを見渡しても、そうそういないことはわかっていたけれど、こんなに少ないだなんて!!

                                                             

そもそも、染色体に異常があった場合、出生に至ることなく、妊娠中に自然淘汰(流産などにより)されることがほとんどだそう。

(ちなみに、もし、この”自然淘汰”がなければ、生まれた子供の40%に染色体異常があるだろうと言われているらしい。)

だいたい、この世に生まれてくること自体、いろんな偶然が重なってのことだから、”奇跡”のようなものだと思うのに、そうちゃんの場合は、そこからさらに0、6%にしぼられるわけだ。

                                                            

そう考えると、幾多もの”難関”が次から次へとあったであろう、私のお腹の中で、10ヶ月という長い長い間、ジッと、へばりついていたそうちゃんは、いったい、どんな力があって、最後までがんばれたんだろう。。

不思議で不思議でたまらなくなる。

そう思うと、思わず、私の隣で、“カエルの唄”をハミングで(CDにあわせながら)熱唱しているそうちゃんをマジマジとのぞきこんでしまった。。

                                                           

そんな特別な戦いを勝ち抜いてきたそうちゃん。

だから、まあ、おしゃべりができなくても、手先が不器用でも、ときどき道に座りこんでギャーギャー怒ったり、妹にちょっかいだしたりして私を困らせたとしても、「まっ、、、。 しょうがないか、、、。」と思える。

だって、そんなこんなを想像すると、今、ここに、そうちゃんが存在することすら信じられないくらいのことで、そりゃあ~も~、神の領域だ。

                                                              

長女が4歳になり、最近、、、いや、もうずっと前から、”そうちゃんは、フツウのお兄ちゃんとはちがう”と感じている。

4歳の子供なりに、「そうちゃんは、大きいのに、おしゃべりしたり、一人でトイレに行ったりできんもんね。」とか、いろんなことを疑問に思いだしたようだ。

                                                              

だから、この間、そんな長女に言った。

「あのね、そうちゃんは、フツウの子供じゃないんだよ。

なっちゃん(長女の呼び名)やはっくん(次男・2歳の呼び名)とかとは、ぜんぜんちがうの。

そうちゃんはねー、特別なのよ~。」。

すると、長女は、「えっ、、、そうちゃんは、お病気だから?」と私の顔をのぞきこむ。

                                                             

なので、言った。

「ううん、ちがうのよー。。病気だからとか、そういうことじゃないの。

あのねー、そうちゃんみたいな子供は、”生まれてきてほしいなあ”と思っても、なかなかね、、、もう、なっかなか生まれてこれるもんじゃないの。

だから、特別なの。 スペシャルなのよ~。」。

                                                             

「スピシャル(スペシャルと言ったつもり)かあ、、、。」と言う長女に、

「そう。 そうちゃんみたいな子供をね、”福子”っていうんだよ。

でね、福子を大切にしたら、いっぱい、いいことがあるんだってよ!

だからさあ、ママたち、これからが、楽しみだよね~!!」と、私。

すると、長女も、「そうちゃん、ふ・く・ご、、、だったんだあ。 なるほどー。。

 わーっ、なんか、楽しみ! 楽しみになってきた~!! 

なっちゃん、そうちゃんのこと大切にしよう~!!」と言って、キャッキャはしゃいでいた。

                                                              

今も、飽きることなく、隣で、CDを”カエルの唄”に何度も巻き戻し。

まるで、初めて聴くかのように、新鮮な笑顔で前奏をきいたかと思ったら、首に青筋いっぱいたてて、大声をはりあげて唄っているそうちゃん。

                                                             

そんなそうちゃんをみていたら、”ママも、なんだってがんばってごらん! 

可能性はあるんだからさあ!!”と言われているようで、、、なんか元気モリモリわいてきた。。。

                                                            

<人気ブログランキングに参加しています>

下の”人気blogランキングへ”というところをクリックしていただくと、ポイントアップです。

そうちゃんと同じく、いつも新鮮に、上がったり下がったり(?)を楽しんでおります。

”ポチッ”、今日もよろしくおねがいしま~す!!

    人気blogランキングへ  

                                                                                                                                                                                       

<本の紹介>

私のブログにもよく登場する”母・よしこ”の十八番もたくさん登場します。。。

                                                          

おうちに帰って、ごはんにしよう。 おうちに帰って、ごはんにしよう。

著者:日置 武晴,行正 り香
販売元:文化出版局
Amazon.co.jpで詳細を確認する

                                                           

|

« ゴキブリ退治 ~その2(完) | トップページ | おばあちゃんの口ぐせ »

そうちゃん」カテゴリの記事