« よしこと東京へ行く ~その3(完) | トップページ | くるくる寿司に行く ~その2(完) »

くるくる寿司に行く ~その1

ここ数年、そうちゃん(長男・11歳・知的障害アリ)を連れて外食に行く機会は、激減していた。

(そうちゃんの大好きなハンバーガーを食べに、”サッと出てきて、スッと食べられ、パッと帰れるマクドナルド”へは、ちょこちょこ行っていたけれど、、、。)

 

外食が遠のいたのはいつからか、、、を厳密に言えば、あのうどん屋さんへ行って以来のこと。

あの日以来、私とパパの間では、”外食は、しばらく、もういいね、、、。”ということになったのだ。

もともと、”待つ”ということが苦手なそうちゃん。

そう、あの日も、注文したうどんがでてくるまでの短い時間も、落ちついて待つことが難しく、席からはなれようはなれようとして騒いでいたっけ。

そんなそうちゃんをなんとかなだめながら、席につかせ、、、ようやくうどんが運ばれてきた。

 

”そうちゃんがギリギリ待てるのは、うどん屋さんまでだね~。”と、パパと話しながら美味しくうどんを食べていたその時、そうちゃんは突如、”へックショーーン!!”。

、、、と、その大きな大きな”くしゃみ”とともに、そうちゃんの口いっぱいに”もぐもぐしていたうどん”は、そのままものすごい勢いでピューンとすっ飛び、テーブルに、それはそれは派手に散乱。

まあ、家族だけで食べていたとしたなら、なんてことのない風景。

でも、その時は、あいにく、店が混みあっていたため、相席。

そうちゃんの向かいの席には、知らないオジさんが、ズルズルっズルズルっと、うどんを食べていたのだ!!

 

幸い、幅の広いテーブルだったため、オジさんのうどんの丼の中に、そうちゃんのうどんは届かなかった(と、願いたい。。。)ので、ギリギリセーフ(と、願いたい。。。)だったけれど、あれ以来、”そうちゃんと一緒の時は、ゆっくりお家で食べるのが一番!!”ということに私とパパの意見は落ち着いた。

 

、、、ということで、手抜きしたい時は、外食でなく、出前。

そうちゃんのおかげで、出前のレパートリーも増え、美味しいお寿司やうなぎとも出会い、それはそれで、なかなか満足だった。

けれど、いつか、やっぱり、そうちゃんと一緒に外食を楽しめたら、、、という夢は、もちつづけていた。

 

そして、ついに、この夏、ようやく下の子供たち(長女・3歳 次男・2歳)が、外食に行っても、それなりに落ちついて食べれるようになったのを機に、そろそろ、”そうちゃんも連れての外食にチャレンジしてみよう!!”ということになった。

で、行ったのが、くるくる寿司。

そうちゃんは、お寿司が大好き。

お寿司といっても、そうちゃんは、マグロ一筋。

マグロを食べて食べて食べつくす。

私も、意外なことに、くるくる寿司へは、どういうわけか、この歳になるまで、行ったことがなかったので、今回、晴れて、そうちゃんもいっしょに家族みんなで食べに行った日は、ドキドキ。

 

まだお客さんの少ない夕方早く、私たちは、くるくる寿司へゴー。

お店の入口の看板には、”一皿 100円!!”と大きな太い文字でうたっている。

くるくる寿司のお店に入ると、テーブル席に案内される。

そうちゃんが”ごちそうさま”した瞬間に、私たちは速攻、店を去らないといけない計算になっているため、テーブル席に案内される途中から、私は、くるくるくるくる回っているお寿司を見ながら、”これ食べよう!!” ”あっ、、、これも!!”と、狙いを定める。

私と次男(2歳)が座り、向かいに、長女(3歳)とパパとそうちゃんが座る。

私と長女は、くるくるくるくる回っている側の席を陣取った。

 

さあ、ここからは時間との勝負!!

まずは、今回、久々の外食、、、そうちゃんを満足させることなく、成功は、ありえない。

、、、ということで、そうちゃんの好きなマグロを、常にそうちゃんの目の前にちらつかせる状態を保つべく、私が、そうちゃんの食べるペースを見ながら、絶妙のタイミングで向こうから回ってくるマグロをゲット!

、、、と同時に自分の食べるお寿司と次男の好きそうなお寿司もゲット!

パパも、そうちゃんのマグロにお醤油をつけて食べさせながら、もう片方の手をビューンとのばし、お寿司を次々ゲット!

長女は、「ママ、楽しいね~!」 「楽しいよね~!」を連発しながら、ウニ、いくら、ウニ、いくら、ウニ、、、という、驚くほど規則正しい順番でテンポよくお寿司をゲット!

 

私たち家族は、手と口を最大限むだなく動かしながら、まるで早食い競争でもしているかの勢いで、黙々と食べる。

途中、会話をする間もおしみ、食べる事にいそしんでいたが、くるくる寿司へ初めて行った私は、感動。

パパに、「ここ、いいね~!!」 「最高だね~!!」 「すごいよね~!!」を連発。

そんな私をみて、パパは、多少ぽかんとした節はあったが、私は気にしなかった。

けれど、私が、「いや~、ウニもいくらも穴子も、みーんな100円だなんて、信じられないよね~!」と口にしたとたん、パパは、かなりびっくりしていた。

「本当に、くるくる寿司行ったことないと? 一皿100円からってことで、全部が100円じゃないよ、、、。 お皿の色で値段が分類されとうとよ。」。

 

ガガーン、、、くるくる寿司は、100円均一じゃないのかあ!!

努めて、高そうなネタから順に食べていた私は、それを知った時、さすがにさっきまでの気持ちは、ちょっとさめたが、このくるくる寿司、どちらにしても、”安いこと”には変わりなかった。

そうちゃんも、大好きなマグロを好きなだけ食べられるとあって、ニコニコ笑顔でご満悦。

途中、気まぐれに席を立つこともなく、かくして、久々の”家族みんなで行く夢の外食(第1回目)”は、大成功に終わったのだった。

 

次回へつづく

                                                  

<人気ブログランキングに参加しています>

下の”人気blogランキングへ”というところをクリックしていただくと、ポイントアップです。

いつもありがとうございまーす!!

 

人気blogランキングへ

 

|

« よしこと東京へ行く ~その3(完) | トップページ | くるくる寿司に行く ~その2(完) »

日々いろいろ」カテゴリの記事