« 2007年2月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

昨夜の出来事

初めに、、、。

今日のブログは、途中、汚いシーンがでてまいりますので、お食事中の方&これからお食事を、、、という方は、またあとでどうぞ。。。

 

昨夜、私は、子供を寝かしつける時に一緒に寝てしまっていて、気がつけば、午前1時すぎ。

”あっ、、、洗濯機の中の洗濯物、干してない、、、。 クチャクチャだ。。。”(私は、洗濯を夜する派)と思いながら立ち上がったちょうどその時、赤ら顔をしたグデングデンに酔っぱらったダンナさんが帰ってきた。

私が「おかえり~。」と玄関に向かっていると、私の背後から、「パパ~!!」と、聞き慣れた声。

ふり向くと、そうちゃん(長男・11歳・知的障害アリ)までが物音に気づいてか、起きてきた。

「今日は、久々、いっぱい飲んだ。 もう、このまま、コンタクトをとって、寝ます。。」と言いながら千鳥足でパジャマに着替えたダンナさんは、洗面所へ。

私は、同じく、洗面所にある洗濯機の中から、洗濯物をとりだし、パンパンとシワをのばしていた。

 

、、、と、さっきから、ダンナさん、コンタクトをとるのに一苦労している模様。

「、、、とれん。 目が乾燥して、コンタクトが目にくっついとう。」。

「目薬さしてから、とったら?」と私が言うと、「そうね。」とダンナさん。

でも、その直後、「げっ。 目薬なくなっとー。」。

(ダンナさんは、もう、眠くて眠くてたまらないらしく、ただでさえ小さな目をしばつかせながら、ときおり目をつむりだした。)

「顔洗ってさー、しばらく、しっかり目を開けとかないと、とれないよ。」と私が言うと、「そうね、、、。」と言いながらフラフラとソファへ。

で、ダンナさん、ソファにストンと座ったとたん、また小さな目を閉じた。

 

私は、あたかも、遭難して寝ようとしている人を寝せまいと必死になる時と同じように、ダンナさんのほっぺをパンパンつっついて、「ねーねー、目あけとかないと、乾燥してますますとれなくなるよっ!」 「ねーねーねーねー!!!」と、体を揺すりながら何度もしつこく言った。

でも、ダンナさんは、私の親切な忠告をあっさり無視して、寝るばかり。

あんまり起きないので、途中、私も、「まっ、いっか、、、このままでも、、、。」とも思ったけれど、さすがにコンタクトをずっとつけたままで朝を迎えるのはあんまりだろうと、またまた揺すりはじめたら、ダンナさん、仕方なくヌーッと立ち上がり、フラフラとした足どりで、またまた洗面所へ。

 

で、しばらくマジメに格闘していたが、「まずい、、、。 本当にまずい、、、。 マジでとれん。。。」。

何度トライしても無理らしい。

そうこうするうちに、あっという間に、ダンナさんの両目が充血しだした。

あまりの赤さに驚いた私は、思わずダンナさんの目をのぞきこんだ。

すると、なんと、コンタクトらしきものは、、、、みあたらない。。。

何処へいってしまったのか、コンタクトよ。。。

 

「ねー、、、両目とも、コンタクトついてないよ、、、。 

あ~っ 大変大変!! 目の裏側に入っていっちゃったんじゃないの~!!」と私が叫ぶと、ダンナさんは、「えっ、、、マジ~、それ?!」。

そして、本当に困ったような顔を一瞬したかと思うと、目をつぶったまま顔をしかめた。

、、、と、そのことが、さすがに精神的ダメージをあたえたのか、急激に酔いがまわったらしく、「おっ、、。 気持ち悪い、、。 ちょっと、、、。 」と言ったかと思うと、あわててトイレへGO。

(もー、キタナイ話でスミマセン。)

 

トイレの前には、そうちゃんがへばりついている。

(パパがトイレに行く時は、いつもそうちゃんは、トイレの前を陣取る。

そしてあらかじめ持ってきた数字カードをトイレのドアの隙間からスーッといれ、パパに「○番! △△△行き~!!」と、その数字の番号のバスがどこ行きかを言わせて楽しむ。)

が、そうちゃん、昨夜は、このカードを持ってくる暇はなかった。

なにしろ、トイレに駆け込んだパパは、「ゲー」だの「ウッ」だのと突然声をあげはじめたからだ。

で、トイレの前に座っていたそうちゃんはというと、その声に、なぜか大うけ。

体をねじってゲラゲラ笑いながら、パパの「ゲー」につづいてそうちゃん、「ゲーっ!! ウーッヒヒヒヒー(笑)」。

「ウッ」といえば、そうちゃんも「ウッ!! イーッヒヒヒヒヒ(笑)」。

そうちゃんは、オウムがえしにパパのマネして、パパとそうちゃんは、深夜にして大合唱。

初めこそ、半ばあきれながら私はソファにすわって遠い目をして見ていたけれど、そのうちにその奇妙な光景にたまらなくなり、私も、クックックックッ(笑)!!

 

トイレからでてきたダンナさんは、顔色こそよくなったものの、ますます焦りはじめたようだった。

「まずい、、、まずい、、、とれん、、、とれん。 とれんと寝れん。。」。

ところが、なんと!!

ふたを開けてみれば、、、、。

コンタクトは、目の裏側に入り込んだのでもなんでもなかった。

なんてことはない、無意識のうちに、いつとったのかは知らないけれど、コンタクトは、パパのコンタクトケースに整然と浮かんでいたのだった。

トホホ。。。

 

まったく真夜中に人騒がせなことよっ!

さんざん騒いでおきながら、ホッとしたパパは、これでやっと寝れるとフニャッと笑いながら、何事もなかったかのように、お布団へGO。

3秒もしないうちに、今度はグーハーグーハーと、迷惑極まりない大イビキをかきながら寝てしまった。

そうちゃんも、パパと一緒にお布団へ入ったかと思うと、そのイビキを少しも気にすることなく、あっという間にスースーと寝息をたてはじめた。。

 

後に残された私だけ、なんだか妙に目がさえてしまって、なんとなーく、しらけた気分。。

で、そうそう、ここからです。

今日の本題は!!

(なんと、、、ここから本題?? 文章が長い!! そう、ここからは宣伝です~。)

こんな夜(このままスッと寝てしまいたくない夜)におすすめなのが、姉が今度、ソニーからだしたCD。

(姉:行正 り香が企画監修しました)

今回3枚(ラフマニノフ・バッハ・モーツアルト)だしたのですが、この夜きいたのは、バッハ。

しらけた気分を、しきりなおしてくれた1枚でした。

曲は、”FOR DINNER AND DRINK”というテーマでセレクトされたものですが、飲み食いしながらでなくても、十分楽しめます。

なにかついでの時に、ぜひ、手にとってみてください。。。

 

<ブログランキングに参加しています>

下の”人気blogランキングへ”というところをクリックしていただくと一票アップです。

どうぞよろしくお願いしまーすっ!

 人気blogランキングへ    

 

P.S.

現在、コメントは受け付けておりません。

(迷惑メールがいっぱいくるため。)

 

|

そうちゃん・11歳になる

今日は、そうちゃん(長男・知的障害アリ)、11歳のバースデー。

最近、めっきり大人びたそうちゃん。

額には、青春のシンボルのにきび。

背も私を追い越し、体重も私を追い越した。

ニコニコ笑った時の、恵比寿さんのようなとろける笑顔は変わらないけれど、たったつい最近までみせてくれた、あどけなーい子供っぽいしぐさは、もう、アルバムの中でしか見られなくなってしまった。

長い間、一人っ子だったそうちゃんは、家では、それまで天下をとり、悠々とすごしてきたけれど、長女(3歳)と次男(1歳)の出現により、うかうかしていられなくなった。

 

この一年、そうちゃん、できることがいっぱいふえたね。

もちろん、スローペースの成長ではあるけれど、ごはんも、以前よりは、こぼさずに食べれるようになったし、みかんの皮も自分でむいてたべれるようになったし、私の夢の一つであった”散髪屋さんデビュー”も叶えてくれたし、夜、パンツで寝ても、オネショしなくなったし、プール教室でも、確実に前より「う~ん、”水泳”に一歩近づいてる~!!」と、感じる。

ちょっと前までは、買い物に行こうものなら、レジで並べず、ひっくり返って怒ったりしていたのに、今は、「ならぶ。 ならぶ~。」と言いながら、私といっしょに順番を待てるようになった。

あっぱれ、そうちゃん!!

 

ただ、1年、年を重ねたのは、そうちゃんだけではないのだ。

長女と次男も、同じく、そうちゃんといっしょに、年をかさねた。

、、、、と、長女と次男の成長の、はっ、早いこと、早いことっ!!!

あっという間に歩き、しゃべり、手先を器用につかって遊び、なんにでも興味をもち自分のものにしていく。

なにしろ、私もそうちゃんを育ててきて、長い間、まんまとこの、独特のスローペースにまかれていたので、長女と次男の成長は、超特急。

楽しいほどに成長してくれる、このスピードに、喜びとともに、ものすごいオドロキを感じている。

 

自分より後に生まれて、ついこの間まで、小さな小さな赤ちゃんだった妹や弟が、自分の目の前で、成長していく姿は、そうちゃんの目には、どう映っているのだろうか。

今、完全に、そうちゃんは、長女をライバルと感じ、なにかとちょっかいをだし、叩いたり、嫌がらせをしている。

目の前で、いろんな事をして楽しそうに遊ぶ長女、目の前で、私と楽しそうにおしゃべりする長女をみて、いら立ちがかくせない。

かといって、その気持ちを言葉にして表現できないそうちゃん。

 

母親としては、長女と次男が超特急で成長してくれるのは、本当に楽しくて、心がときめくほどうれしい。

けれど、一人の人間(私)から見ると、”こんなの不公平じゃないか~!”と、そうちゃんと口をそろえて言いたくなる。

私がそうちゃんだったら、きっと、妹や弟に、やっぱりそうちゃんと同じく、嫉妬やくやしさを感じ、叩いたりつねったりしているだろうなあ。。

 

時おりみせる、そうちゃんが横目で妹や弟が楽しそうに遊んでいるのを静かに見ている姿に、私は、胸が痛くなる。

そうちゃんだって、おしゃべりしたいよね。

いろんなおもちゃで遊びたいよね。

手先をスムーズに動かしたいよね。

何より、一人で、お外に行ったり、お友達と遊んだりしたいよね。。。

 

でもね、そうちゃん、これだけは言わせて。

そうちゃんが、兄弟の中で、一番がんばってるんだよ。

たくさんの困難をかかえながら、それでも、確実に一歩一歩前に前に成長していっているそうちゃんをみていると、私は、”ああ、そうちゃんには、誰もかなわないなあ。。。”って思うんだよ。

だから、そうちゃんは、そうちゃんらしく、いつまでもそうちゃんでいてください。

 

そうちゃん、心から、ハッピーバースデー!!

 

<ブログランキングに参加しています>

下の”人気blogランキングへ”というところをクリックしていただくと、ポイントアップです。

いつもありがとうございまーすっ。

    人気blogランキングへ 

 

P.S.

現在、コメントは受け付けておりません。

(迷惑メールがいっぱいくるため。)

|

« 2007年2月 | トップページ | 2007年5月 »