« 焼肉 | トップページ | よしこと免許証 ~その1 »

よしこの年賀状

元旦、私の実家にて。。

なかなかの社交家、母・よしこには、たくさんの年賀状がくる。

おせちを食べて、おなかいっぱいになったよしこは、その束をもって、うれしそうに、ソファへ向かった。

ドスン。

ソファに座ると、年賀状を丁寧に手にとりながら、一枚一枚、年賀状に向かってコメント。

これ、元旦の日の、よしこの恒例行事。

「あーら、、、久しぶり。。」

「あら、いつみても達筆ね~。」

というのは、よく耳にするコメント。

で、それは、聞き流しておけばいいので問題ないのだが、たまに、「ねー、ちはるちゃーん(もしくは、りかちゃーん)、ちょっと来て~。」。

こうくると、少々問題がでてくる。

よしこにそう言われると、私たちは、これから”何”をよしこが言わんとするのか、だいたい見当がつく。

見当がつくだけに、今、していることをわざわざ中断して、”ヨイショ”と立ち上がり、よしこのところに行かなければならないのは、ちょっと面倒くさかったりする。

でも、仕方なく、いつも私たちは従順な犬のごとく、よしこの足元に近づく。

すると、よしこは、「ねーねー、ちょっとー、見て~。」と言って、手に持っている年賀状を私たちに”ホレホレ”とばかりに手渡す。

 

「なんてかわいいんでしょう! どうして、こんなかわいい子が生まれるのかしら~。。」。

よしこのそんな嘆き(?)を耳にしながら私たちが目にするのは、写真入りの年賀状。

よしこ宛てに来たものだから、どこのだれのお孫さんかは、さっぱりわからないけれど、なるほど、目がくりくりっとした、本当にかわいい女の子。

「こんなかわいい子だったら、親は、さぞかしうれしいでしょうねー!!」。

そう言いながら、よしこは、自分の娘(私たち)、ならびに孫(5人衆)を見回す。

そして、”がっくりだ”という表情をしたかと思うと、また、「ホーント、うらやましいわ~。」と、ため息混じりにつぶやく。

 

昔から、よしこは、そうだった。

私や姉の友人で、とてもきれいな人がいると、いつも、よしこは、こんな風に嘆いた。

そして、私たちに面と向かって、「どうしてかしら、、、。 どうしてお友達の○○ちゃんは、あんなにきれいなのかしらねー。 

ママも、かわいい子供が生まれるの、夢だったんだけど~。

”トイレ掃除をすると、かわいい子供が生まれる”っていうから、ママ、学生の頃からずっとトイレ掃除してたのよ。 なのにね~。。」。

よしこの夢を破ったのだとしたら、私たちは、”あーら、ごめんなさ~い。 お気の毒さま~。”と言わざるを得ない。

でも、よしこの”どうして”の問いには、胸をはって、こう答えたい。

だって、答えは明快だ。

その子(美しい子)が似た、お母さん、もしくは、お父さんが、とんでもなく美人か美男子だからだ。

理由は、ただそれだけ。

だいたい、よしこだって、そういう願望があったなら、トイレ掃除よりもまず、結婚相手を、少なくとも、もう少し”厳選”して、結婚するべきだったというよりほかない。

 

私と姉は、その話題になるたびに、ほぼ同じ答えを返してきた。

でも、何回私たちがよしこに、「いーい、、、ママ。 それはね、、、。」と、かみくだいてかみくだいて説明しても、(”ほら、あそこの家だって、、、そうそう、従兄弟のところだって見てごらん。 美人・美男子の子供のお母さん、お父さんは、これまた、美人・美男子でしょー?! そういうことになってるんだよー。。”と、わざわざ例にあげて説明。)、心底納得できないらしい。

そういう話になると、よしこは、「まあ、パパとママの子供だからね、、、。 仕方ないわよね。。」と、自分にいいきかせるように(私たちを見ながら)力なく言う。

けれど、続けて、よしこは必ず言う。

「でもねー、○○の△△ちゃんは、お父さんもお母さんもたいしたことないのに、それはそれは美人なのよー!!」。

、、、、そりゃ、たまには、隔世遺伝、、、そして、ごくごくたまには、お父さん(お母さん?)の浮気ってことも考えられるけれど、、、。

 

そういえば、今年、こういうこともあった。

よしこは、なにやらモニョモニョ言いながら、年賀状を朗読しはじめた。

と、その時。

「”ことしは、、、、げんきにめぐる、、、どくらくのように”、、、って、、、。

なによ、これ、どういう意味かしら、ちはる(私のこと)ちゃん?」と、よしこが私に聞いた。

私は、年賀状をのぞきこみ、プーッ(笑)。

「ねえ、ママ。 これって、”こま”って読むんじゃないの??」。

なんてことはない、”今年は、元気に廻る独楽のように、、、。”と書いてあったのだ。

(ちなみに、”めぐる”ではなく”まわる”)

皮肉にも(?)、その年賀状には、しっかりと独楽(こま)の絵が大きく印刷してあったので、私たちまわりにいた人みんな、声をあげて笑った。

 

そうそう、年賀状を見て、あらためて思ったけれど、”字”というのは、書いた人の”人となり”を驚くほど忠実に現すものだと、つくづく思う。

太い字、細い字、横に傾いた字、クセのある字、大きい字、小さい字、角ばった字、丸っこい字、バランスのとれた字、、、、それは、その人そのものだと思う。

 

そういえば、ダンナさんは、大学に入った時、かわいい女の子をみつけ、猛烈に好きになりかけたらしい。

けれど、その女の子の容姿とは、あまりにかけななれた”骨太で、とんでもなく雑な字”に驚き、幻滅、、、一瞬にして熱がさめ、好きになるのをやめたらしい。

ほんと、ほんと、そういうものだと私も思う。。

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の”人気blogランキングへ”というとこをクリックしていただくと、ポイントアップです。

どうぞよろしくおねがいしまーすっ。

  人気blogランキングへ     

 

P.S.

コメントをどうもありがとうございました!!

桃の木さん。。私、ブロッコリーをみくびってました。 これからは、焼肉のとき、”レギュラー選手”に加えてみます。

naoさん。。あっ、、、私も、年末、”り香さんの鶏鍋”食べました。 ねっ、あれ、美味しいですよね~。

レミさん。。ごはんに直接タレをつけるんじゃなくって、焼いたお肉にタレをつけて、それをごはんの上に、、、ってところがミソですね。 なんだか、また焼肉が食べたくなりました!

さとみさん。。”真っ黒いステーキ”、、、う~ん、ミステリアス!! なんだか魅惑です(笑)。。

|

« 焼肉 | トップページ | よしこと免許証 ~その1 »

母・よしこ」カテゴリの記事