« 桐タンス事件 | トップページ | 三人兄弟<後編> »

三人兄弟<前編>

ふと思うと、小学校から歴代、私が仲のよかった友達は、”三人兄弟”が断トツに多かった。

私は、姉と二人姉妹だったので、”兄弟は二人”というのが、一番自然でしっくりくると思っていた。

だから、結婚して、もし子供が生まれることがあったら、”兄弟は二人”と漠然と思っていた。

 

でも、三人兄弟で育った私の友達は、みんな口をそろえて言った。

「子供は、三人はほしい。

だって、二人じゃ、なんか寂しそうだもん。 家の中がガランとしそう。」。

そう言う友達に、私はいつも、「私ね、姉と二人だったけど、寂しいと思ったことはないよ。

小さい頃、ケンカばかりしていた時なんて、”あー、一人っ子だったらどんなにのびのびして楽しいだろう。。”って、夢見た日もあるくらいだもん。」と言った。

すると、友達は、そろって、「そう? 私、兄弟がいないほうがいいって思ったことはないなあ。。。 

三人いたらケンカっていうケンカにならないし、、、。」と言う。

聞けば、三人兄弟も、もちろん、ケンカはするらしい。

けれど、だいたい、何かをきっかけに感情を激しくぶつけ合うのは、(その時どきで組み合わせは変わるものの)三人のうちの二人で、あとの残る一人は、必ず、”傍観者”的なニュートラルな立場の人となるらしい。

その、”ニュートラルな人”が、いつも、「、、、まっ、そんなことどーでもいいじゃない。」というような事を言い、もめている二人の間に入るので、だいたいそこで平和解決するらしいのだ。

 

私が結婚して、”子供三人”になったいきさつは、以前ブログ(バックナンバー8月:「長女もうすぐ3歳」)に書いたけれど、子供が三人生まれてみて”初めてわかったこと”は、意外と多い。

たとえば、”子宝母さん”(子供がたくさんいる大家族のドキュメンタリー)のテレビを見る時。

子供が二人(そうちゃんと長女)の時までは、”一日3回は洗濯機をまわす”と子宝母さんが言っているのを聞いては、「ひゃーっ!」。

部屋にあふれる洗濯物の山を見ては、「すごーいっ、、、。」。

ごはんの時間、いっせいに机につき、大皿料理を”われ先に!!”と、つまむ家族を見ては、「はーっ! あれじゃー、負けられない。 早く食べなきゃ!!」。

で、見終わった時には、”子宝母さんの健康”がまず気になり、そして、おそらくは、一日のうち、”自分の時間”というものをまったくもてないであろう子宝母さんを思うと、「わー、大変そう、、、。 

それにしても、どうしたら、あんなにたくさん次から次へと子供を産み育てる気持ちになれるんだろう。。」と、そっちの方にばかり気がむいた。

 

けれど、私自身が、子供三人(プラス・次男)になると一転、私のテレビの見方は、がぜん変わった。

「いや~、たくさんで食卓を囲んで、ワイワイ食べるのって、も~信じられないくらい楽しいんだろうな~!!」。

「楽しい事も大変なことも、色んな事をみんなで分け合って生活する大家族って、なーんか、いいな~! うらやましい!!」。

で、友達が、”兄弟二人だけじゃ、なんか淋しい。” ”子供は最低三人はほしい。”と言っていた気持ちが初めて、とてもよくわかるようになった。

子供二人の時は感じなかったけれど、子供三人になったとたん、子供たちは、”集団”となった。

すると、またたく間に、この集団のもつ、”ワイワイしたにぎやかさの魅力”に私は、とりつかれたのだった。

 

子供三人になった時、うちには、何かと手のかかるそうちゃん(長男・10歳・知的障害アリ)がいるので、その上、二人の子供も同時に育てる事は、大変だろうなあ、、、と思っていた。

で、実際、”そりゃーもー大変!!”な状況ではあるのだけれど、”体力的にはキツイけれど、思いがけず、精神的には、グッと楽になった”というのが、私の感想。

これは、私の中でも、かなりの誤算だった。。。

次回につづく

 

P.S.

今週の火曜日~木曜日にかけて、ココログ(ブログサービス)のメンテナンス&システム故障により、コメントが受けられなくなっていました。

ご迷惑おかけしました!!

 

<ブログランキングに参加しています>

下の、”人気blogランキングへ”というところをクリックしていただくと、一票アップです。

よろしくおねがいしまーすっ。

人気blogランキングへ

 

|

« 桐タンス事件 | トップページ | 三人兄弟<後編> »

日々いろいろ」カテゴリの記事

コメント

ちはるさん、こんにちは。

 うちも子供が3人いるので「精神的な楽」よ~くわかります。私は長女と1対1の時が煮詰まって一番辛かったです。
 それにしても!子供3人いると、ひとりが「まあまあ」と仲裁役に回るのは大きくなってからでしょうか?!(淡い期待)

 うちは10才、7才、4才、いまだその兆しが見えません!確かに主にケンカしているのは2人。そしてその2人は揃って私のところにやってきて、2人ともが前(私)を向いて、まるでミュージカルの舞台のようにいかに「自分が悪くなくて、相手が悪いか」を訴えかける。

 そして、私とともに観客になっているもう一人は、「あ!だけど、私、見てたよ!」とか証拠発言をし始め、三つ巴となる!・・・そして、母怒鳴る、という展開です。いつか成長して平和的解決となることを願います!!いつも楽しいお話ありがとうございます!

投稿: ようこ | 2006年10月21日 (土) 08時21分

私は、自分が3姉妹で育ちました。
今思うと、大げんか、なかったなあ・・・とやはり思います。
仲裁役は圧倒的に長女の姉が多かったです。
母がよく言ってたのが、
「3人だと、それぞれを比べないし、ちょっと変わったとこがあっても、個性なんだなあ・・・くらいにしか思わないよ。」
ということで、なるほど、と思ったものです。
でも、姉も妹も子どもは二人でおわりみたいです。もし、自分がママになれるものだったら、やっぱり3人ほしいなあ・・・。
「若草物語」の4人姉妹も楽しそう・・・。

投稿: ぱる | 2006年10月21日 (土) 08時46分

あたしは3人兄弟でしたケド
上の兄とは5つ離れてたせいか、喧嘩らしい喧嘩は
したコトありませんでした。

そん代わり、2つ上の兄とはしょっちゅう喧嘩。

年の近い3人兄弟やったら、たしかにそんな感じかもしれませんね!!
でも、うちは今2人ですケド
やっぱ、3人目に踏み込む勇気は無いです^^;

でも、そっか~、「集団」なるんですね。なるほど!!

なるほど、の、ぽち。

投稿: ある。 | 2006年10月21日 (土) 18時45分

3人兄弟、やっぱりいいんですね~♪
 
そういえばママ友の一人も、3人目が生まれてから、「家族全員が3人目の子育てをしてる気分」になってるから、すごく団結してるよ~、って話してました。

そして、3人でひとつの「社会」ができてくるから、親は夫婦でビデオ鑑賞の時間が持てたりする・・・とも言ってたなー。

うらやましい。。。でももう一人産む体力はないなー。

投稿: あかね | 2006年10月22日 (日) 00時38分

ちはるさんこんにちは~! 私自身も二人兄弟なんですけれど、若い頃は自分は子供が大好きで早く結婚して子供をたくさん産んで幸せな家庭を作るのウフ♪などと思っていて、最低三人!産むためには24で結婚、25で一人目を産み30までに3人生み終える、などと、緻密(?)な計画を彼氏もいないうちから立てておりました。しかし!現実は厳しい。結婚が28、一人目は29、そして一人目はあっという間に出来たのに二人目がなかなかできず・・二人目33!うぅっ。3人目を頭の片隅に考えつつあっというまの歳月、30も後半になり、マイホームを買ってしまい、今はもう無理だなぁという感じです。そうちゃんをはじめとする素敵な方々がいっぱいのちはるさん、これからもますます楽しい日々をと祈っています。そして、お体だけは気をつけて~☆

投稿: 桃の木 | 2006年10月23日 (月) 09時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桐タンス事件 | トップページ | 三人兄弟<後編> »