« そうちゃん的テレビの見方 | トップページ | チュンチュンとミーンミンミン »

次男の最近

「男の子の赤ちゃん育てるのは、タイヘンよー。 女の子とは、ぜんぜん”動き”が違うんだからー。」

というのは、私がこれまでに、よく耳にした言葉。

よく聞いてはいたけれど、今まで、実感した事はなかった。

けれど、ここ最近、この言葉がしみじみ説得力をもつようになってきた。。

 

そうちゃん(長男・10歳・知的障害アリ)も男の子だけれど、そうちゃんは、いたずらしようにも、赤ちゃんの時期は、まだ歩くどころか、動くこともできなかったので、そういう意味では、”タイヘン”な思いをした記憶がない。

長女(2歳)が赤ちゃんの頃、、、、確かに、いたずらは、よくしていた。

ひたすらに引き出しの中の物を出しまくったり、フタをあけて、中身を全部だしたり、、、でも、まあ、そんなものだった。

甘えん坊なので、私の後をついてまわって、”だっこ だっこ”というタイプだったので、いつも私の見えるところに、彼女はいた。

 

が、ここのところ、次男(1才2ヶ月)、まさに、”動き”がちがう。

最近の次男は、ピョコンと飛び出たお腹をつきだし、背筋を弓なりにそって、タッタッタッタッ、、、、もう随分昔から歩いているような顔つきをして、早歩きで、どこまでも行く。

家の中でも、ひとところに落ち着いておらず、部屋を巡回してまわり、なにかいいものはないかー、、、と、常に探し回っているご様子。

 

いたずらだって、もー、誰にも止められない。

引き出しという引き出しを開けまくり、ちらかしまくる。

長女の時は、一個一個ゆっくりした動作で、中の物を出していたが、こちらは、豪快にザバーっと、一気にひっくり返すタイプ。

で、あっちこっちで、ザバーっ! ザバーっ! しているので、気がつくと、大海原のごとく、部屋にはいろんな物が散乱し、あっという間にメチャクチャに。

泥棒でも、もう少し気をつかって、荒らしてくれるだろう、、、ってもんだ。。

そして、手に届く所には、すべて手を伸ばし、上に置いてあるものを、片っ端から、ダーっと落としたり、、、と、ただひたすらに、いたずらに専心の毎日を満喫。。。

”こんなことしたって、べつに、どうなるってことは、ないんだけどさー”というような、サラリとした無表情な顔で悪事をはたらくところが、余計に私を唖然とさせる。)

 

面白いのは、ここ最近、ペンやお煎餅や、ありとあらゆるものを、鼻や耳に入れようとしている奇妙な光景を目にすること。

最初は、「、、、、、何してるの??」と、不思議に思ったのだけれど、これ、どうやら、耳鼻科に行った時の治療のマネをしているようなのだ。

この間、中耳炎になってからというもの、耳鼻科へ行く事の多い次男。

病院では、鼻に管を入れて、鼻水をとったり、耳に、三角錐のようなものを入れて、耳の中の様子をチェックするのだ。

何度行っても、その治療のたびに、ベソをかいているのに、家で、その嫌いなはずの治療を、なぜか自ら率先してやっている次男。

ご苦労。。。

 

で、長女と決定的にちがうのは、縦の動き。

そう、高い所が大好きなところ。

まだ小さいのに、上昇志向(?)に満ち満ちていて、どこへでも、ズズズーっといわせながらイスを自ら運び、それを足場にして、登る、登る。

テーブル、コンポ、キッチンのカウンター、机の上、、、。

その登りっぷりは、まるで、野猿のようでもあり、とび職人のようでもある。

イスの背を足場にして、上半身をグイーッとのばし、目標(カウンターなど)に手をかける。

足場から目標まで距離がある時は、当然、目標に手をかけ、足場から足を離した瞬間に、下半身は宙ぶらりんになる。

私も、それをヒヤヒヤしながらも、横で見ていて、”もはや、そこまでか、、、。”と、助けの手をのべようと思うが、次男は、特段、焦った様子もなく、「ウッ ウッ ウッ、、、。」と言いながら、腕に力をこめ、グイーッと身をよせて、見事、よじ登りに成功!

で、これ、私がそばで見ている時だけだったらいいのだけれど、私が目を離している時も、部屋のあちこちでしているので、危なっかしくって見ちゃいられない。

ごはんを作っている時などに見かけたら、その都度、現場へ飛んで行き、次男をさしおさえ、下におろすのだが、何回も何回もそれの繰り返しとなり、なかなか家事もはかどらない。

 

、、、、というわけで、この、次男の危険な行動を阻止すべく、思いついたのが、”部屋の中のイスというイスを、全部ねかせる作戦”。

で、ただ今、実行中。

が、これ、次男は、確かに、高い所には登れなくなったので、その点は、めでたしめでたしなのだが、なにしろ、狭い部屋のあちこちに、イスがゴロゴロしているわけで、私をふくめ、イスに突っかかっての”けが人”続出。

この間なんか、そうちゃんがつまずいて、次男が下敷きになった事件も発生。

、、、、ということで、次男が高い所に登る危険より、こっちの方がよっぽど危ないんじゃないか説も、ちらほらでてきていたりする。。。

う~ん、迷う所だ。。

 

こんな調子で、次男は、起きてる間中、パワー全開、元気元気!

そのパワーの源は、月並みだけれど、よく食べて、よく寝ること。

そして、もうひとつは、”余計なエネルギーは使わない。(チャンスがあれば、エネルギー補充を心がける。)”というところにありそうだ。

たとえば、次男にとって、”車に乗って、ボーっと起きている事”は、どうやら、無駄なエネルギーを使う事、とみなされるらしい。

最近、不思議で仕方ないのだけれど、次男をチャイルドシートに乗せ、カチッとベルトをはめた瞬間、”さあて、、、寝るか。。。”という顔にサッと変わる。

私が運転席にまわり、エンジンをかけ、後ろに座っている次男を見ると、もうすでに、あくびのひとつもしている。

で、車を走らせ、最初の赤信号で車をとめたとき、クルリと振り向くと、すでに、次男は、”ZZZZ,,,,.”

寝息をたて、ちゃっかり眠りに入っている。

このへんの、次男の、オンとオフの切り替えのうまさは、私もこれからぜひ、見習っていきたいと思う。

 

P.S.

コメント、たくさんありがとうございます。

ciao!さんの、そうちゃんが、CMの最終チェックをしたら、、、、ですが、厳しいですよ~、きっと。。

なんたって、理屈なし、お世辞いっさいなしの、直感勝負ですから!

 

<ブログランキングに参加しています>

下の、”人気blogランキングへ”というところをクリックしていただくと、一票アップです。

よろしくおねがいしまーすっ。

人気blogランキングへ

 

|

« そうちゃん的テレビの見方 | トップページ | チュンチュンとミーンミンミン »

次男」カテゴリの記事

コメント

うふふふ☆次男君やってますね~! 息子が小さい頃を思い出します!けれど、そこまで大変じゃなかったなぁ~、とにかく甘えたでひたすらおっぱいにしがみついていた子なので(2歳すぎまで)。それでもそのときは大変な気ガしてしました。。 そうちゃんに娘ちゃんに次男君、育児の大変な時期の絶頂期でしょうか、毎日クリックしますから、お体に気をつけて頑張ってくださいね!!!

投稿: 桃の木 | 2006年8月 1日 (火) 15時19分

ちはるさーん、その2年後が今の我が家です。長男が3歳になったのを機に私は厳しくしつけようと、正座させてみました。
すると。。。5分後には寝てた。。。正座したまま。しかも爆睡。
そこで、翌日はお外に放り出しました。もちろん、我が家もノーシューズです。ところが、インターホンを押しまくり、こちらが騒音に堪えきれず家の中に入れました。すると、お姉ちゃん(7歳)に「今度からお外に出されたらピンポン押し続けなネ。」とレクチャーしてる始末。
そして今日。今日こそはインターホン、私も絶対、我慢する!と覚悟を決め(こちらも必死です!)、お外に出して30分。インターホン押し続け、最後は通りかかった郵便やさんに「助けてくだちゃい!おちょと(お外)に出されまちた」と駆け寄り、終息しました。。。。おまえはセカチューか!!!
惨敗です。
男の子、手ごわいです。お互い、がんばりましょうネ!!!
ブログ、いつも楽しみにしてます。

投稿: ゆきべ | 2006年8月 1日 (火) 21時01分

はじめまして。大阪に住むサリーです。友人に、ちはるさんのブログ面白いよと教えて貰い、いつもこっそりお邪魔しています★
その繋がりはお姉さんの料理本マニア繋がりなんですが(^_^)
私にも5歳の長女と2歳の長男がいてますが、
この2歳児は、手が8本ぐらいいるかな?というほど手がかかりますよ~~
道ばたでは、アラーの神にお祈りか?っと
すぐにすねて、正座でお祈りポーズで叫んで動きません(;O;)
男子子育て。。。強くてたくましい、そして優しい子に育つように
頑張りましょうね~~~
いつもブログの内容に励まされています。

投稿: サリー | 2006年8月 1日 (火) 22時27分

初めまして♪
ランキングから飛んできました。

3人もお子さんいてはるんですね。
うちも2人いるんですケド
やっぱ、下の男の子はちはるさんとこの次男くんみたいに
いたずらっこでしたね!

包丁とかは危ないから、全部手ぇ届けへんとこに隠したり
調味料もラー油を全部ひっくりかえされてからは
全部、移動させましたし。

幼稚園行くぐらいから、ずいぶん落ち着きましたけど♪

投稿: ある。 | 2006年8月 2日 (水) 13時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そうちゃん的テレビの見方 | トップページ | チュンチュンとミーンミンミン »