« そうちゃん・理髪店へ行く<前編> | トップページ | 私と姉が妊婦だったころ~その1 »

そうちゃん・理髪店へ行く<後編>

前回ブログのづつき

                                                     

理髪店には、機会をみては、何度か足を運んだ。

でも、そうちゃんは、お店に入ることもなく、いつも、お店の入口のドアを開けることさえできずに引き返していた。

                                                

一度、3年くらい前、パパが行っている理髪店に行ったとき、私は事前に、お店のお兄さんに相談した。。                                                                                                                       

「(これこれこういう理由で)ただお店に連れて行っても、断固拒否して、髪を切らせてくれないと思うので、ちょっとお願いがあるんですけどー。。」

その理髪店、大きな通りに面したお店で、そうちゃんがこよなく愛す“バス”がよく通っている。

だから、お店の中でなく、外に新聞をひいて、イスを置き、バスを見せながら切ってもらうとうまくいくんじゃないかー、、、という作戦。

で、お店のお兄さんは、快くひきうけてくれた。

                                                

当日、そうちゃんを理髪店へ連れて行くと、そうちゃんは、不安そうな顔をしていたものの、外に設けられた特別席に、無事着席。

けれど、お兄さんがエプロンのケープをそうちゃんにサッと巻いた時、そうちゃんの頭の中で、そのエプロンは、「いつもの生活には馴染みのない、“新しい物=異物”」と判断されたらしく、すんなりと快くは受け入れたくないようで、ちょっとバタバタして、拒否。

私は、“はあ、、、今日も、これまでかあ、、、。”と思ったけれど、警察の人が犯人にやさしくなだめ、説得するかのように、私も、その手法で、そうちゃんを落ち着かせると、なんとかもう一度、イスに座る気になってくれた。

そこへ、バスが向こうの方から連なってやってきた。

その瞬間をねらって、理容師のお兄さんは、ザクッと、絶妙のタイミングでハサミを入れ、サッサッサッと髪をすいた。

“おーっ! 今日は、ひょっとするとうまくいくかも、、、!!”と、あわい期待を抱いたその時、「いやったー!!(訳:いやだー。)」。

そうちゃんは、エプロンをはぎ取り、早くも退席のご準備。

、、、ということで、あえなく、リタイアー。

またか、、、、。

                                                    

いや~、それにしても、あの時のそうちゃんの髪型は、すごかった。

だって、そうちゃん、ザクッとハサミをいれられたところが、左側面であったため、当然、そこだけが短くなっていて、正面から見ると、右と左が7~8cmは違う、ちぐはぐな長さとなった、何ともおかしな、冗談のような髪型だったのだから。。

プロの理容師さんにとって、自分が手がけたお客さんを、あんな形で家に帰さなきゃいけなかったことは、どういう事情にせよ、納得いかなかったに違いない。

で、おそらくは、あんな髪で帰っていったのは、そうちゃんが初めてだったに違いない。

その後も、何度か、理髪店を訪ねてはみたものの、夢かなうことはなかった。。

                                                 

“もうしばらくは、そうちゃんが理髪店で髪をきることは、難しいのかなあ、、、。”と最近さすがに私も、思いはじめていた。

それが、ついこの間のこと。

毎週一回通っている、そうちゃんのプール教室の先生にその話をすると、先生は、「今度、私が連れて行きましょうか? そうちゃん、できると思いますよ。 行ってみましょう。」。

そのプールの先生は、障害をもった子供たちを対象に、スイミングを教えてくれている。

もとは、長い間、施設で知的障害のある方をお世話していたこともあり、障害をもった子供たちのことを、驚くほどよく理解し、つかんでいて、本当の意味でのエキスパート。

そうちゃんは、“人”を見抜く才能にだけはたけていて、プールの先生は、そうちゃんが大好きな人の一人。

                                                      

当日、パパは、そうちゃんを連れ、車に乗って、待ち合わせの理髪店へ。

(その理髪店の理容師さんは、近くにある施設(障害のある子供たちがいる)の子供たちの髪をいつも切っているらしく、そうちゃんのような子供に慣れているということで、プールの先生は、その理髪店を選んだ。)

お店の前に到着して、先生が立っているのを見ると、そうちゃんは、大喜びでハシャイデいたらしいけれど、いざ、三人で、お店の中に入ると、やはり、嫌がり、バタバタさわいだらしい。

プールの先生に、「じゃ、お父さん。 ここは私にまかせて。 外で待っていてください。」と言われ、パパは外で待つことに。

                                                   

で、15分後、出てきたそうちゃんの髪は、すっきりさっぱり!!

なーんと、ここにくるまで、10年。。。

                                                          

長女が、半年前、初めて美容室に髪を切りに行った時、最初こそ、お店に入るのを拒んだ娘だったが、最後には、“かわいいよ~。”“かわいいよ~。”というお店の方のおだてに、すっかり気をよくして、手鏡をみては、うっとりしたりと、それはもう、余裕シャクシャクだったっけ。。

私は、今までのそうちゃんを見てきただけに、“すごいなあー。。”と感心したものだ。

あの時も、うれしかった。。

けれど、先週の金曜日に、「そうちゃん、髪きれたよー!!」と、ダンナさんから送られた、そうちゃんの写真つきメールを見たときは、ザーッと鳥肌が立って、涙がポロポロ。。

内心、“今日もダメだろうなあ。。”と思っていただけに、心の底から、ふるえるようなうれしさがこみ上げてきた。

その時、娘が美容室で初めて髪を切れたことを、“成長”と言うのだとしたら、そうちゃんが理髪店で初めて髪を切れたことは、“革命”って言ってもいいんじゃないかな、、、と思った。

                                               

そうちゃんを連れて返ってきたダンナさんも、あの時ばかりは、「オオ~。 今日は泣けたぜ~!」と言って、さすがに目に涙を浮かべ、感動にひたり、しばらくの間、玄関に突っ立っていた。

                                                       

そうちゃんが、一歩前にふみだすとき、そこには、必ず、家族だけでない、誰かが存在する。

本当に、いろんな人に助けられ、応援してもらって、そうちゃんは生きているなあ、、、と、実感する今日この頃。

これからも、出会いを大切にして、ゆっくりでいいから、前にすすんでいってくれたらいいなあ。。。

                                          

<人気ブログランキングに参加しています>

下の”人気blogランキングへ”というところをクリックしていただくと一票アップです。

よろしくおねがいしまーすっ。

 人気blogランキングへ                                         

P.S.

”オムツの底力”にコメントをありがとうございました。

いやー、経験者でないと、あのショックを共有できませんね、ホントに。 で、さっそくですが、人間は過ちをくり返す動物です。。 そう思わずにはいられません。 、、、、というのも、昨夜も私、”オムツ入り洗濯”をやってしまいました!! バンッと洗濯機のドアを開けた瞬間、驚くやら、あきれるやら、、、、。 でも、コメントを寄せていただいたのを読ませていただいていたおかげで、へこむことなく、昨日の私は、淡々としたものでした。 ”このまま、乾燥機にかけちゃうかなー。。”と、モクモクとチャレンジ精神までわいてきたほどの余裕でした。 けれど、まあ、昨日は、スゴイ量の洗濯物だったので、このまま乾燥機にかけると、クチャクチャになることは、容易に想像できたので、ベランダに干しました。 さっき見たら、前回同様、昨夜の惨劇はどこへやら、何事もなく乾いていました。 けれど、パパの黒いポロシャツと黒い靴下だけは、白い毛のようなものがつきまくり、、、。 あれはちょっと、、、どうするかなあ。。。 でも、、、まっ、いっか。。

                                             

|

« そうちゃん・理髪店へ行く<前編> | トップページ | 私と姉が妊婦だったころ~その1 »

そうちゃん」カテゴリの記事

コメント

ちはるさん、コメントありがとうございました!!同じ思いを共有できた気がしてとってもうれしかったです・・。
それから・・そうちゃん革命おめでとう!!わたしもうれしくなってジーンときてしまいました・・。人をひきつける力はそうちゃんの天性のものですね。ほのぼのとした感動でいっぱいです。また次回を楽しみにしています。

投稿: Haru | 2006年8月26日 (土) 16時05分

そうかそうか、そうちゃんはまた新しい扉を開いたのですね!!
読んで私も今日は達成感を味わいました!
そしていつもそこに誰かのやさしい支えの手があること、とてもありがたいですね!

ちなみに我が家ではまだワタシがチョッキンチョッキン。
人に会うたびごとに「コレ誰が切っているの?」と聞かれ続け、その数が10人を越えたくらいあたりでワタシもだんだん不安になってきました。「あれ?ヘン?この髪型・・・。」って。
この髪型が似ている有名人はふかわりょうさんかペナルティのワッキーさんです。
ちょっと修行が必要だったりして・・・(汗)

投稿: こころ | 2006年8月26日 (土) 16時22分

あたしの髪の毛は、20歳なるまでお父さんに切ってもらってましたよ~。
もちろん、ド素人ですが。
結婚して(23歳)からは、ダンナに無理やり切ってもぅてます。
もちろん、超ド素人ですが。

でも、そうちゃんのお話聞かせてもぅて
う~ん、ちょっと涙が出そうなって・・・。
うん。成長が目に見えるってステキですね!!

あ。洗濯の話は、「2度あることは3度ある」言いますから
気ぃつけてくださいね~♪

投稿: ある。 | 2006年8月26日 (土) 16時33分

ちはるさん。お久しぶりです。ちょっと帰省してる間に、そうちゃんは何だか大きな「革命」を起こして、壁を乗り越えて。やっぱり涙がじわ~んと出てしまいました。そうやって一歩一歩ゆっくりゆっくりそうちゃんペースで登っていってるのですよね。きっとちはるさんご家族だからいつも大きな愛で見守ってくださる方がいて下さるのですね。私も、遠いパソコンの向こうからですけれど、そっとそっと応援しています。

投稿: 桃の木 | 2006年8月26日 (土) 23時18分

そうちゃん、やったね!!えらかったですねー!髪を切ったイケメンそうちゃんに会ってみたいなあ。読んでる私まで、いつも温かく、澄んだ気持ちにさせてくれて、そうちゃん、ありがとうね。
そうちゃんのハートをぎゅっと掴む、プールの先生は匠、ですね。
3人のお子さんの愛情いっぱい、全力投球子育ての合間にブログの更新、ちはるさん、お疲れさまです。とっても楽しみにブログ見てますが、この暑い日々、くれぐれも無理されないよう、お体大事にしてくださいね!

投稿: ままくま | 2006年8月27日 (日) 15時32分

その後、「3度目の正直」を経験されたでしょうか。
いかがお過ごしですか??
いつも、あほなコメントばっかのある。です。

この度、事後承諾なってもて申し訳ないんですが
うちのブログにリンクさしてもらいました。
迷惑やったらソッコーはずすんで、言うてください。

投稿: ある。 | 2006年8月28日 (月) 21時34分

なみだ
「そうちゃん散髪屋革命」に涙した方も多いでしょう。
悲しい涙や痛い涙はだれでも流すし、できれば流したくないと思いますが、うれし涙や感動の涙はほんとうに貴重なものです。
大のおとなが心動かされて涙を流すことはそうあるものではありません。むしろ、大のおとなだからぐっと涙を堪えたり、知らん顔を決め込んだりすることのほうが多いでしょう。
「子供の成長を見て涙する」という当たり前のことが、当たり前ののように起こっている家庭はとても健全なのだと思います。
そして、その様子をブログで読んで涙できることを素直に喜びたいと思います。

投稿: oxxsan | 2006年8月29日 (火) 14時11分

そうちゃん、サラサラストレートヘアでうらやましいなぁ~。。
憧れるのよー、そういう子に。
我が子は2人とも赤ちゃんの頃、
くるっくるのくせ毛でとーってもかわいかったのに、
今は成長と共にねぐせ風のウエーブヘアに!
博士みたいな髪型です。(笑。)

投稿: ciao ! | 2006年8月30日 (水) 17時30分

突然失礼します。

今、プログランキングの順位は何位くらいですか?
アウト・インからのアクセス数は減っていませんか?
もし、ランキング順位が上がらない、アクセスが増えないとお悩みでしたら、

今までとは全く違う『プロが薦める!稼げるMovable Typeのプログ』を利用して
みたらいかがでしょうか。

ランキング上位のプログはほとんどこれを使っています!

理由? は、簡単に言いますと、検索でヒットしやすいから外部アクセスが倍増する
からです。その結果、インとアウトのアクセスが倍増します。

★ 詳細は「Posted by」または「名前」をクリックするとご覧になれます。

★ アフターケアーも充実しておりますので安心です。
  きっとお役に立てるとおもいますよ。

プログランキングをクリックしておきました!

最後までお読みいただきありがとうございました。

投稿: 達人 | 2006年8月31日 (木) 10時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そうちゃん・理髪店へ行く<前編> | トップページ | 私と姉が妊婦だったころ~その1 »