« サンフランシスコとレッカー車<後編> | トップページ | 雨の日のバス停<前編> »

口ぐせ

最近の子供たちの口ぐせ。

そうちゃん(長男・10歳・知的障害アリ):「さっ!! さっ!!」

 (参考:手をパチンとたたきながら、威勢のよいかけ声のみ。)                                             

長女(2歳):「まっ いっか!」 「ねー 仕方ないよね~。」

次男(1歳):「はーーい! はーーい!」

で、これ、そのまんま、私の口ぐせだったりするので驚きだ。

 

そうちゃんの、「さっ!! さっ!!」。

これは、私が、”ごはんの準備” ”お風呂” ”お布団敷き”、、、と、行動を切りかえる時、「さっ!! お風呂に入ろうか~!」 「さっ!! お布団敷こうかな~!」などと、何度も何度もかけ声をかけている模様。

どうやら私はそうやって、自らを奮い立たせながら、次の行動へと移るらしく、それを、そうちゃんが真似たもの。

やはり、かけ声なしに、この三人衆(そうちゃん・長女・次男)に囲まれ、次の行動にでることは難しい。

 

だって、、、。

”布団を敷く”という、何でもない事にも、私の仕事を阻むものが次々と現れる。

和室へ行き、私が押入れをサーッと開けると、長女がスーッと背後からやって来て、「今、ここでピョンピョンしてるからダメ~! お布団はまーだー!!」

今までピョンピョンなんかしていなかったのに、突然ジャンプの練習らしき事を和室で始める娘。

ふとリビングを見ると、コンポの上に仁王立ちになった次男が、時折よろけながら、誇らしげに手をパチパチしながら、天を仰いで笑っている。

”きゃ 危ないー!”と思っている所に、そうちゃんが、ビデオテープを持ってやって来て、”これ、どーにかしてくれ!!”と言わんばかりに、寸断されたテープ部分をピラピラさせながら私の顔の前に突きつけ、泣き叫ぶ。

(そうちゃんは、ビデオがお好き。

特にお相撲には目がない。 何回も何回も繰り返して見るあまり、こんな風に、テープがバッサリ切れてしまう事もしばしば。 、、、これを、私に、どーしろと言うのだ、、、。)

 

お風呂の時だって、かけ声とともに、ダダダーッと、みんな一斉に洗面所へ。

洋服をちゃんと脱げる人がいない集団が、浴室のドアの前で、だんご状態で重なり合いながら、それぞれに脱げる所までは脱いで、我先にと、つっつき、争いながら待ちわびている。

それから先は、私に洋服を脱がせてもらおうと、みんな必死だ。

お風呂に入ったら入ったで、「石鹸、目に入ったら痛いからねー。 目を触っちゃダメよー。」という私のアドバイスもよそに、長女は、石鹸のついた手でビー。

目をバッチリこする。

そして、「目が痛いのー! もう~! イヤっ!!」と言って、なぜか怒りを私にぶつけ大泣き。

次男は、狭い浴室をチョロチョロするので、最低2回は、ツルンと足をすべらせ転倒。

そうちゃんは、浴室にあるデジタルの時計を凝視しながら、一分変わるとごとに、「次30? ママ?」 「次31? ママ?」と、相変わらずの語尾上がりの質問攻め。

 

ようやくみんなを洗い終え、バスタオルでふくと、、、。

みんな脱ぐのは好きだが、どういうわけか着るのは嫌いで、ふき終わったとたん、三人衆は、パーッと、あっちこっち三方向に分散し、キャキャキャキャと、何がおかしいのか笑いながら逃げ惑う。

、、、と、そうちゃんは、早くも、全裸のままベランダに直行し、「お~い! お~い!」と、マンションの前を通り過ぎる人々に、満面の笑みでバイバイと手を振っている。

ちょっと次男差し押さえに時間がかかると、”シャー”。

遠慮なく、じゅうたんにおもらしをする。

 

、、、というわけで、一人でサササッとすれば、5分のところを、三人衆に囲まれたゆえに、とたんに事は、ややこしくなり、数倍の時間を要する事になる。

そういう環境の中、一つ一つ、事をすすめていくために、”かけ声”は、欠かせない。

高校の時、部活の先生が、ベンチで叫んでいた。

「きつい時こそ、声をだせー!!」 (”ファイトー!”とか、”ナイッシュー!”とか、、。)

その言葉が、今になって、よみがえってくる。

なので、「さっ!!」 「さっ!!」と言いながら、今、一人で実践中。。

 

次男の「はーーい!」 「はーーい!」。

私が言う時には、「はーーい!」の後に、必ず、「待っててね~。」が付け加えられる。

(次男は、まだしゃべれないので、後半部分は省略。)

三人のメチャクチャな要求をみたすには、相当な才能が必要とされる。

たぶん、ただの人間には到底ムリだ。

観音菩薩のように、手がいっぱいあったら別だが、残念ながら私には、たった2本。

足を駆使して使ったとしても、あわせて4本しかない。

それに、三方から同時に、いろいろと言われても、聖徳太子じゃあるまいし、、、。

、、、ということで、子供たちは、そう私に言われると、待たされたまま、かわいそうに、要求叶わぬまま、そのままポイと闇に葬られる事もしばしば。。

(だからだろうか、私が、「はーーい! 待っててね~。」と言うと、皆、一様にブスッとし、疑惑の目を私に向けるのは、、、。)

 

長女は、最近、私がボソっと、「げっ、、忘れた、、、。」とつぶやくと、すかさず、「まっ いっか!」。

「あーあ、、、。 本当はしなくちゃいけないんだけどさ~。。」と私がつぶやくと、すかさず、「ねー 仕方ないよね~。」と言う。

絶妙のタイミングで合いの手を打つ。

う~ん、これは、久々に、心がなごむ。

これから娘には、”言われたらうれしいこと”を日頃から言っておく事に決めた!

 

ちなみに、最近の私のハヤリ文句は、「ねーねー、これって、健康を害してまですること~?」

これを言い出したとたん、俄然、毎日が楽になった。

日常の中で、知らない間に、「あれもしなきゃ、、、。」 「これもしなきゃ、、、。」と、どんどん山積みになっていく事々。

でも、”健康を害してまですること”となると、1つ、、2つ、、、しなきゃいけなかったハズの事が、あっさりと姿を消していく。

なにしろ、うちには、そうちゃんという、何が何でも、”精神年齢1歳半のままで、一生をやり通してやろう~!”という、かたくなな坊ちゃんが一人いるので、健康結構! 長生きおおいに結構!!

、、、、というわけで、ダンナさんも、健康を害してまで”出世”しなくていい事になっているので、この言葉は、自分が楽できるだけでなく、まわりにも十分、恩恵を与えている。

 

<ブログランキングに参加しています>

下の”人気blogランキングへ”という所をクリックしていただくと、一票アップです。

よろしくおねがいしまーすっ。

<

人気blogランキングへ                                                              

P。S。

コメントをくださった方、どうもありがとうございます。

ciao!さんからのコメントで、私がいつごろから、どういうきっかけで母のことを”よしこ”と呼んででいるのかですが、、。

私も、コメントをいただいて、不思議に思いました。

どうして、私と姉は、母のことを”よしこ”と呼んでいるのだろう。。。

面と向かっては”ママ”と呼んでいますが、私と姉の間で母のことを話す時は、昔から“よしこ”でした。

きっと、母には、「ママ」 「お母さん」 「おふくろ」 「おかん」、、、という、どの枠にもおさまりきれない、独自のキャラクターがあり、自然に”よしこ”と変化していったものと思われます。。

 

|

« サンフランシスコとレッカー車<後編> | トップページ | 雨の日のバス停<前編> »

日々いろいろ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
はじめまして、tana♪と申します。
3人の子育て話、本当に面白くて笑ってしまいました。
うちはまだ2歳の坊ちゃんが一人なのですが、最近私の口癖をよく真似してます。
これからも日記楽しみにしてますね。
子育ても頑張って下さい。

投稿: tana♪ | 2006年7月 2日 (日) 19時54分

ちはるさん、わたしの唐突な質問にお答えくださってありがとうございます。
やはり面と向かってはママなのですね。

ちはるさんの日記は読んでいる途中は
時どき あまりのことに
「あわ、あわ、わ、大変!」と、
笑えず、まじめな顔で読んでいますが
最後は「お笑い」のタイトルどおり笑ったり、
ほっとしたり、毎回こころがあったかーく愉快な気持ちで読み終えます。

ちはるさんの日記を読むたび、人生ってユーモアが必要だと実感します。
私など、ウッキ―と猿のようにストレス溜めまくっていますが
ピーンと張った糸のような心よりストレッチ素材のほうがうんと生きやすいし 周囲も自分も楽しいですね。

これからなんかあったときには、ふと気持ちを楽にして
ちはるさんのように 時には
「しなくちゃいけないと思っていたこと」をプライオリティ順に
逆から手放していこうと思います!

実家の母を名前で呼べませんが、自分の子供たちには呼んで欲しいなぁと・・・
逆に子供がそう呼べるような愛されるママになりたいと思います。

毎回いっぱい学ぶところがあるので本にして出版していただけたらうれしいです。。

ありがとうございました。

投稿: ciao! | 2006年7月 3日 (月) 20時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/12217/2454349

この記事へのトラックバック一覧です: 口ぐせ:

» 共感してくれる人がいるって事 [優希]
ブログを始めて良かったと思う事は私と同じように悩んでる人、私と言う人間を知ろうとしてくれる人に本当にちっぽけで、何も出来ない私でも知ってもらえる価値がある、生きてる意味がある、そう思える瞬間がある事・・・・ [続きを読む]

受信: 2006年7月 6日 (木) 08時47分

» 健康長寿を絶対に諦めない! [めざせ!長寿の達人]
健康長寿に成るための、色々な方法を紹介するサイトです。特に食に関しては、健康長寿を目指す本人と、相性の良い食材を記してありますので、ぜひ活用してみてください。驚くほど身体の調子が向上するでしょう。 [続きを読む]

受信: 2006年7月11日 (火) 10時36分

« サンフランシスコとレッカー車<後編> | トップページ | 雨の日のバス停<前編> »