« コバンザメ | トップページ | 次男の最近 »

そうちゃん的テレビの見方

そうちゃん(長男・10歳・知的障害アリ)をテレビの前に座らせるとスゴイ。

なにがスゴイって、カチャカチャカチャカチャ!!

チャンネルをかえまくる、そのスピード!

その回数!!

 

この間、リビングに置いているテレビが故障したので、電器屋さんに来てもらった。

テレビの裏を開けて、チャッチャカチャっとしたかと思うと、あっという間にテレビはよみがえり、無事、修理完了。

ホッ。

で、電器屋さんが玄関のドアを開け、さあ帰ろうという時、クルリと振り向き、言った。

「あっ、、、、そうそう、一つだけ聞いてもいいですか?

テレビの下のところ、、、えっと、フタをパカッと開けて、チャンネルをかえるところがありますよねー。

あそこのツメ(ボタン部分)が全部折れて、陥没してるでしょ?

あれは、いったいどうしたのかなーと思って。。

私も、壊れたテレビ、いろいろ見てきてますけど、あんな風になってるのは今回初めてなもんでー。。」

 

犯人は、、、、もちろん、そうちゃん。

チャンネルをかえる回数とその速さに耐えられなくなったツメは、テレビの内側へと押し込まれてしまったのだ。

(それでも、そうちゃんは、その押し込まれたところに、さらに指を突っ込む形で、なに不自由なく、チャンネルをかえ続ける。)

 

そうちゃんが、落ち着いて、一つの番組を見入るということは、非常に少ない。

たぶん、それは、障害のため、言葉が理解できないので、”一つの番組を続けて見る意味”があまりないところにありそうだ。

(ちなみに、集中して見る番組は、大相撲とNHKの子供番組。

あと、”天気予報”も好き。

なにしろ、明日、晴れるのか、雨降りなのかが、彼にとっては大問題らしい。

雨だと、予定していた事が中止になったりするので、”雨マーク”にいい印象がないらしい。

だから、天気予報で、”明日は晴れ”と聞くと、心から落ち着くご様子。

よく、”world weather”も見ているけれど、「リオネジャネイロ、明日は雨、、、、。」というアナウンスを聞くやいなや、ガバッと私の方を振り向き、ムッとした顔をしながら、画面のリオネジャネイロ付近の”雨マーク”をつっつきながら、「ママ! 雨??」(訳:「ママ、明日は雨が降るの?」)と、すごい剣幕で私に聞く。

こういう時、どういう風に、、、いったい何から説明すればよいのか、、、息子よ、、、どうか、この私に教えておくれ。。。)

 

私も、初めこそ、そうちゃんのそばで一緒にテレビを見ていると、タッタカタッタカ、次々ちがう番組にかわるので、頭がクラクラして、とても一緒になんて、見ちゃいられなかったけれど、人間の順応性というものは、なかなか立派なものだ。

訓練さえすれば、どーにかなってくるものらしい。

たぶん、それは、”速読”に近いものなのかもしれないけれど、パッパッパッパッかえられても、だんだんに、そこそこ、どの番組にもついていけるようになるから不思議だ。

 

で、ひっきりなしにチャンネル巡りしているものだから、結構な確率で、そうちゃんの好きなCMにピタリとたどり着く。

そうちゃん、文字や言葉はわからないけれど、どうやら音楽(CMソング)は、スーッと頭に入ってくるらしい。

例えば、「心を満タンに! コ・ス・モ・石油」(コスモ石油のCM)

「心を満タンに!」のフレーズが流れると、両手をブンブン振りながら、それきたとばかりに、「コ・ス・モ・石油!!」と、テレビと一緒にはもる。

 

「かあさん、お肩がこってるの、プチプチプチプチプチシルマ~

とうさん、お首がまわらない、プチプチプチプチプチシルマ~」(プチシルマのCM)

これが、チャンネルをかえている途中で、ドンピシャはじまると、「あった~!!」

高笑いしながら、テレビと一緒に合唱。

そして、最後に、「レーダー」とナレーションの人が言うところは、必ず、ナレーションの人とピタリと声を合わせて、「レーダー。」

(ナレーションの人のマネして、落ち着いた声で。)

 

で、今、私が一番楽しみにしているのは、葬儀社のCM。

おじいさんが、画面に大きく映り、静かにやさしく微笑みながら、「行ってきます。。。」と言い、クルリと背を向け、テクテクテクテクと向こうの方に歩いて消えていく、、、というCM。

葬儀社のCMだけに、本来、しんみりするハズのものだけれど、そうちゃんは、そのCMにあたると、「あった~! あった~!!」と、大はしゃぎ。

テレビ画面にペッタリとはりつきながら、大きな声で、「じーじ! じーじ!」

そして、「いってぃらっしゃーーーいっ!!(訳:いってらっしゃい。) ハーッハハハハッ ハーハハッ(大笑い)」

ひっくり返りながら、大ウケしながら、手をふる。

”、、、、、、、、、。 いやー、そうちゃん、、、、。そこは笑うところじゃないでしょー。。”と思いながらも、喜ぶそうちゃんを見ながら、ウッヒッヒッヒッヒッ。

私も一緒に笑っているのだから、この光景は、かなり奇妙だと思う。

 

そうちゃんの心を射止めるCMは、確かに、直球で、ノリがよく、耳に残るものが多い。

言葉も文字もわからない人に、なにか、メッセージなり、興味を強烈に残すCMは、ある意味、最高のCMだったりして。。。           

 

P。S。

昨日、掃除機をかけていたら、そうちゃん、私にマジな顔で言った。

「ママー! ママー! 何歳?」

「はっ???」

指差す先を目で追うと、、、、、なんと、掃除機。。。

そうちゃんとの会話は、まー、一日中、そんな感じです。

いや~ ただでさえ暑い夏です。

そうちゃん、どうぞオテヤワラカニ願います。。。

 

<ブログランキングに参加しています>

下の”人気blogランキングへ”というところをクリックしていただくと、一票アップです。

よろしくおねがいしますっ。

人気blogランキングへ

|

« コバンザメ | トップページ | 次男の最近 »

そうちゃん」カテゴリの記事

コメント

そうちゃん的TVの観かた、ユニークですね!
そうちゃんの好きなCM、私も確かに好きですよ~。
というか頭に残りますね。
おじいさんが消えていくCMは見た事ないです。
見たいなぁ。
見たらきっと私も笑っちゃうんだろうな・・・。
で、周囲に「そこ、笑う場面じゃないから、、、」って。(笑)
私にとっては笑うシーンなんだけどね。
そうちゃんにとってもきっと笑うシーンなんでしょうねー。
私がCMプランナーだったらそうちゃんに最終チェックしていただきたい。

投稿: ciao ! | 2006年7月31日 (月) 18時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コバンザメ | トップページ | 次男の最近 »