« 恐るべし・円形脱毛症<後編> | トップページ | テレビ・天ぷら・すきやき »

耳鼻科・待合室にて

この間、次男(1歳)が初めて中耳炎に。。

その時に行った、病院での待合室での話。

 

次男が、鼻をたらし、食欲もなく、よく耳をさわる。

まわりの人に、”中耳炎かもよ。”と指摘され、耳鼻科へ。

前に小児科へ行った時、たまたま隣に座っていた子供連れのお母さんが、”耳鼻科へ行くならここがいいですよ”と、評判の病院を教えてくれたので、そこへ。

なんでも、耳鼻科は、一度かかると、”毎日来てください”と言われ、なかなか長い付き合いになるらしい。

が、その耳鼻科は、バッチリ腕もよく、治療が終わったら、「もう来なくてよろしいっ!!」と、大きな声で、気持ちよくスパッと言ってくれ、きっぱりすっきり病院通いとサヨナラできるという。                 

 

行くと、さすがに、人気の耳鼻科とあって、待合室には、人がぎっしり。

でも、人数の割には、サッササッサと次々名前が呼ばれ、思ったよりは、スムーズにリズミカルにすすんで行く。

とは言え、何せ、人数が人数だけに、それなりには待たされていた。

 

待合室から診察室へは、ドア1枚あるだけで、そのドアも全開になっているため、診察室は、筒抜けだ。

どうやら、ほとんどの人が、風邪か鼻炎あたりで来ているらしい。

”鼻をチューッと管を入れてとってもらい、先生が「のどをあけて、”あーっ”って言ってー。」と言うと、「あーっ。」

その声と同時に、先生がチョチョイと、のどに何かをぬり、、、、その後、必ず、「オエっ」と言う声。

、、、と、このセットが、耳鼻科では人気のコースらしかった。

 

待合室の壁には、大きな張り紙があった。

そこには、大きく太い文字で、「名前を呼ばれた時、いらっしゃらない場合は、その時点で、順番は最後となります。」と書いてある。

こんな張り紙を病院で見たのは、初めてだった。

どうりで、さっきから、看護婦さんが名前を呼ぶたびに、みんな、本を読んでいる手をやすめ、隣の人とおしゃべりしているのをやめ、耳をそばだて、聞き逃すまい、、、、と緊張感漂っていたはずだ。。

”なるほどねー。 さっ、私も、ウッカリとばされないようにしなくっちゃ。。”と思っていた矢先、、、、プーン。。

何やら私のそばで、怪しげなニオイが、、。

何食わぬ顔で、ご機嫌に笑っている次男を引き寄せ、怖いもの見たさで、次男のオムツをソーっと見ると、、、、臭い方(大)をしていた。

げーっ。。。

私は、受付の方に歩いていき、オムツをかえる所を尋ねたが、「あー、オムツかえるところねー、ないんですよー。 申し訳ありませーん。」とのこと。

 

えっ、、、そういうことなら、、、私の方こそ、申し訳ないかも。。。

もし、子供の頃、大好きだった人生ゲームの”ふりだしにもどる”だったら、畳をバンバンたたいて、キャーキャー悔しがりながらも、「はいはい、またここからね。」と、気持ちも新たに再出発できるが、この待合室では、残念ながら、そういうわけにはいかない。

今日、一日のスケジュールを考えると、オムツをかえに、外に出て行ったがために、順番がふりだしにもどる、、、なーんてことになって、ここで、これ以上時間を費やすことは、許されない。

もうそろそろ、次男にお呼びがかかる、、、というタイミングでもあったし。。

 

私は、ひっそりと静々と待合室のイスにもどった。

もう、このまま、こうやって名前が呼ばれるのを待つしかない。

そうだ、、、私のひざの上にチョコンと次男を座らせ、“ニオイ封じ込め作戦”でいこうと、次男を羽交い絞めにしたが、そこは、なんてったって1歳児。

”ギーギー”と言いながら、体をくねらせ、何が何でも、私のひざから降りたがり、歩きたがった。

仕方なく、次男をはなすと、ヨチヨチと歩き回り、ニコニコと愛想をふりまきながら、見知らぬ人に、両手いっぱい広げ、ダッコまでせがんでいる。。。

”なにか、この、次男から放たれるニオイより、インパクトのある事が起こらない限り、この待合室のよどんだ空気は、なんとなーく気まずい雰囲気のまま、、、!”と思っていたその時。

突然、診察室がドタバタしはじめた。

、、、と、奥から、「お母さん! 頑張ってください!!」と、甲高い看護婦さんの声が聞こえた。

と思ったら、今度は、「お母さん! 動かないで! お願いだから動かないで!」 「危ないですよ!」と、看護婦さんの声も、二重奏となった。

 

この時点で、待合室の皆の注目の対象は、次男から診察室のお母さんへと、ガラリとうつった。

そういえば、さっき、お母さんと息子さん(3歳くらい)が診察室へ入って行った。

中を見ると、子供は、診察台の横で、心配そうに、お母さんを静かに見守っている。

お母さんは、診察台の上で、首を左右にふりながら、バタバタしており、「先生! 先生! それ、どうするんですかー?!」 「えっ?? ムリです、ムリムリ!」 「キャー 死ぬー!」と叫んでいる。

その後、なだめるような、「ねー 大丈夫よー、お母さん。。 あのねー、これねー、幼稚園の子供でも、赤ちゃんでもできるとよー。 はいっ、動かないでっ!」という先生の声が、診察室をこだました。

 

どうやら、そのお母さんは、鼻から耳に空気をおくる治療を受けているらしい。

この治療、私も一度経験があるが、どういうものかというと、金属の長い棒を鼻に入れて、その棒を通して流れてくる空気を耳におくるのだが、その棒の長いこと! 太いこと!、、、そして、痛いこと!!

エンピツほどは太くはないかもしれないが、間近でみると、十分、そのくらいはあるように見える。

その棒が、ありえないほど、鼻の奥に奥に入っていくのだ。

 

それからまもなく、どうやら無事終わったらしく、そのお母さんは、ガックリと疲れ果てて、診察室から出て来た。

私は、このお母さんの気持ちがよーくわかるので、出て来たお母さんと手をとり合って、この治療の恐ろしさを分かち合いたい気持ちでいっぱいだった。

が、ちょうどその時、次男の名前が呼ばれた。

なので、あの、なんともいえない、”気まずいニオイのプレッシャー”から私を解放してくれた、そのお母さんとは、深く、深く、感謝の会釈だけしてのお別れとなった。。

 

あらためて、、、お母さん、その節は、どうもありがとうございましたー。

 

 

<ブログランキングに参加しています>

下にある、”人気blogランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランクアップしていけるシステムになっている、、、らしいです。

よろしくおねがいしまーす。

人気blogランキングへ

|

« 恐るべし・円形脱毛症<後編> | トップページ | テレビ・天ぷら・すきやき »

日々いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/12217/1919739

この記事へのトラックバック一覧です: 耳鼻科・待合室にて:

» オヤジの違い [マグナム熊切]
よし、さっそく始めるか。最近、「ちょい悪オヤジ」という言葉を良く耳にする。「ちょい悪」が今の中年の流行らしいが、だまされるな外見を「ちょい悪」したからと言って平凡なオヤジがそう簡単にモテるわけがない。 [続きを読む]

受信: 2006年6月 3日 (土) 04時44分

« 恐るべし・円形脱毛症<後編> | トップページ | テレビ・天ぷら・すきやき »