« 子供の頃の習い事・ピアノ編(2/3) | トップページ | 次男・もうすぐ1歳 »

子供の頃の習い事・ピアノ編(3/3)

その後、母・よしこは変わった。

それまでは、”音大に行く”という、果たせなかった夢を、私たち(私と姉)に託していたが、それが一変、リベンジ。

今度は、”エレクトーンの資格をとって子供たちに教える”という、自分の夢に向かって、突っ走った。

 

よしこは、朝早くから、夜遅くまで、ずっとエレクトーンに向かっていた。

夜は、ヘッドホーンをして、練習していた。

その時の、”カタカタカタカタ、、。カタカタカタカタ、、。”という、鍵盤とベースがなる音が、今でも、私の耳に、やきつきている。

その姿をみて、「いつも練習して、すごいなあ。。。」という気持ちが、ようやく私の中に生まれた。

その後、資格をとった、よしこは、生徒さんに囲まれ、とても楽しそうだった。

私たちに、まだ手がかかる時は、生徒さんの数をセーブして、許される時間の合間に教えた。

また、私たちに、手がかからなくなったら、生徒さんの人数を増やし、、、と、バランスを調整していた。

その姿をみて、「自分の好きなことの延長線に仕事があるっていいなあ。 自分の生活のペースに合わせてできる仕事だから、私も、結婚したら、よしこのように、エレクトーンやピアノを教えたいなあ。。」と思うようになった。

そして、私も、いつの間にか、ピアノからエレクトーンへと転向し、気がつけば、よしこの後をついて来た。

 

エレクトーンとピアノ、やってきてよかったなあ、、、と、しみじみ感じたのは、そうちゃん(息子・10歳・♂・知的障害アリ)が生まれてから。

ちょうど、息子が1歳の誕生日を迎えたのを境に、また、自分自身が、エレクトーンのレッスンに通い、もう一つ上のグレードを目指す事と、家で、子供たちに教える事を再開した。

あの時ほど、音楽が私の心を癒してくれると感じた事は、なかったなあ。。。

エレクトーンは、誰よりも、私のやるせない気持ちを、黙って聞いてくれ、受け止めてくれた。

 

そうちゃんが2歳になった頃、私のエレクトーンを買いかえた時のこと。

(ピアノと違い、エレクトーンは、何年かおきに、”機種”が変わるため、買いかえなければならなくなることが、多いのです。)

今まで使っていた私のエレクトーンを、今日、業者の人が、引き取りに来るという日に、たまたま、母・よしこは、私の家に遊びに来ていた。

その日、もうすぐ、業者の人が来る、、、という時、よしこは、私のエレクトーンを、両手で何回もさすりながら、「あー。涙がでちゃうわねー。。今まで、ちはる(私のこと)がお世話になってたかと思うと。。どれだけ、ちはるを支えてくれたことでしょう。。。」と言い、「本当にありがとう。。」と繰り返し、涙ぐんでいた。

私は、その姿を見て、よしこの、エレクトーン(音楽)に対する深い思いを、あらためて感じた。

と同時に、私の中に、いろんな複雑な思いがワッと押しよせてきて、胸がいっぱいになった。

そして、その時初めて、小さい頃、私が、あれほど嫌がっていたピアノを続けさせてくれたことに、心から感謝した。

 

今、個性と自由が叫ばれる中、習い事も、いろいろ増え、その中から、”どれがいいかな。。”と選択する楽しみも増えたと思う。

けれど、”本当に好きなこと”を見つける事は、昔も今も変わらず、実は、とても難しい事だと思う。

最初好きでも、途中で、そうでもなくなる事もあるし、私のように、最初、途中は、散々でも、何年、何十年経た今、大好きになる事だってある。

大切なのは、途中でめげても、ふてくされても、挫折しても、、、、どうでもいいから、まずは、続けてみることなのかもしれない。

そのことを、私は、よしこに教えてもらった気がする。

 

それにしても、あの日、私の家に、エレクトーンを取りに来てくれた業者の方、、、ビックリしただろうなあ。。。

ピンポーン。

玄関のドアが開くと、一人、、、そして、その後ろに、もう一人、女の人が立っていて、しかも、その二人(私とよしこ)は、どうやら泣いていたらしく、目をぼっこり赤くはらしている。

そして、部屋に入ってきて、エレクトーンを部屋から搬出するまでの一部始終を、その二人は、仁王立ちになり、背後から、ジーッと見ていて、時おり、「ありがとう。。」「ありがとう。。」という言葉がもれ、嗚咽が聞こえる。

”やれやれ、、、。あの親子、いったいどうしたっていうんだい??”と思いつつ、エレクトーンを玄関から運び出し、ようやく、あの、何ともいえない重苦しい雰囲気から開放され、”さてさて、運び出したエレクトーンをトラックに乗せよう、、、。”と思い、ふと、上を見上げると、、、。

さっきの親子が、ベランダから身を乗り出し、またしても、二人で、ジーッと覗き込んでいる。

母親の方は、泣きながら、”バイバイ、、。バイバイ、、。”と、力なく手をふり、娘の方は、うつろな目でこちらを見ている。

(その時、私の頭には、「ドナドナ」の曲が、繰り返し繰り返し、流れていた。

あーるー晴れた ひーるーさがり 市場へ続く道~

荷馬車がゴトゴト 子牛を乗せていく~

かわいい子牛 売られてゆくよ~

悲しそう~な瞳で 見ているよ~

ドナ・ドナ・ドナ・ド~ナ~ 子牛をのせて~

ドナ・ドナ・ドナ・ド~ナ~ 荷馬車がゆ~れ~る~”

きっと、その男の人は、おそらく、”事情あって、家具や電化製品を一斉に差し押さえられ、事始めに娘の大好きなエレクトーンを、無理やり、手放すことになった親子”というシナリオを描いたのではないか、、、というのが、私の読み。

 

エレクトーンが行ってしまった後、まもなく、”3時のおやつ”の時間がきた。

私とよしこは、重い気持ちを引きずり、、、。

、、、と思いきや、私が、「ねー。今度のエレクトーンさあ、音色が増えて、ものすごくよくなったんだってー。」と言うと、よしこは、「あら、そうなのーっ! まーっ 楽しみじゃない! もー、待ち遠しいわね~!!」と言い、私たちは、口いっぱいに、クッキーをほおばりながら、エレクトーンのパンフレット片手に、大いに盛り上がっていた。

あの男の人には、ずいぶんと余計な心配をかけてしまった。。。

<ブログランキングに参加しています。>                                       人気blogランキングへ

|

« 子供の頃の習い事・ピアノ編(2/3) | トップページ | 次男・もうすぐ1歳 »

思い出」カテゴリの記事

コメント

初めまして!
あつべえと申します。37才ホヤホヤ(13日が誕生日でした!)
2児の母です。

私もエレクトーン(私はビクターだったので、ビクトロンでしたが)を
幼稚園から高校生まで習っていました。
そして今、小1の娘がピアノを習い始めました。

ピアノにしたのは、自分がエレクトーンから入ってしまい
エレクトーンしか弾けないこと。それとエレクトーンは
買い換えないといけないこと(←これが大きいかも!)なのですが、ちはるさんのこのブログを読んで、
私の幼少期が一気に蘇って来ました。

とっても懐かしく、面白かった~
私は家の建て替えで、エレクトーンを手放したのですが
その時立ち会った母はやっぱり今でも
その光景を忘れられないと言っています。(私は
立ち会わなくて良かったと思ってます。)

8年ぶりに自分の家に鍵盤楽器が来て、
昔のエレクトーンの教本を弾くのが
私のささやかな楽しみです。

ちはるさんのブログも楽しみの1つとなりました。

またお邪魔しますね♪

投稿: あつべえ | 2006年6月17日 (土) 02時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/12217/1647906

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の頃の習い事・ピアノ編(3/3):

» TOEIC900最短コース [『英語格闘伝説』]
こんにちは。TOEIC900点を半年で取った、英語を効率よく独学する方法をブログで紹介しています。mixiもはじめましたんでよかったら遊びにきてください! [続きを読む]

受信: 2006年5月13日 (土) 19時11分

» オヤジの違い [マグナム熊切]
よし、さっそく始めるか。最近、「ちょい悪オヤジ」という言葉を良く耳にする。「ちょい悪」が今の中年の流行らしいが、だまされるな外見を「ちょい悪」したからと言って平凡なオヤジがそう簡単にモテるわけがない。 [続きを読む]

受信: 2006年6月 3日 (土) 04時47分

» こんなのあります!無視したらもったいない゚(゚`∀´゚)゚! [生活にうるおいを]
★こんなに丁寧なマニュアル見たこと無い(*^o^*)! [続きを読む]

受信: 2007年2月27日 (火) 23時30分

« 子供の頃の習い事・ピアノ編(2/3) | トップページ | 次男・もうすぐ1歳 »