« 続・ローラ | トップページ | 古いもの自慢 »

そうちゃん・動物園へ行く

私は、今でも、動物園が好き。

私が小学生の時、通っていた小学校のすぐ近くに、動物園があった。

小学生は、入園料がタダという事もあり、友達や姉と、「行く?」「行こうかー。」という感じで、暇さえあれば、動物園に通った。

動物園には、いろんな動物がいるもんだ。

羽のあるもの、ないもの。

しっぽのあるもの、ないもの。

手のひらに、ちょこんと、のっかってしまうくらいのもの、ものすごーく大きいもの。

野菜しか食べないもの、魚しか食べないもの。

人なつっこく、こちらに寄ってくるもの、人間を警戒するもの。。

 

そうちゃん(息子・9才・♂・知的障害アリ)が生まれて、1歳半になるくらいまでは、障害があると告げられても、”いやー、、、もしかしたら、この先、急に成長して、気がついてみたら、何も問題なかった、、、なーんてことに、なるかもしれない。”と、思った時期もあった。

でも、今となっては、もし、そうちゃんに、障害がなくなった、、、なんてことになったら、”そうちゃん”は”そうちゃん”ではなく、別の子供(別の動物)になってしまう、、、とさえ思う。

動物園に行くと、容姿も性格も習性も、どれをとっても、一つとして同じものはなく、命、ひとつひとつが、まったくそれぞれに違った個性をもつものなんだなあ、、、世の中には、本当にいろんな生き物が存在するんだなあ、、という事を、今さらながら気付かされる。

オリに入った動物たちだけでなく、そこに来ている人間もまた、動物たち以上に、一人一人違い、個性的だったりして。。。

今でも、動物園は、私に、いろんな事を教えてくれる。

 

この間、私は、”さあ、、、今日は、久しぶりに、ゆっくりと、動物見学でもしちゃおう、、、。”と思い、動物園へ。。。

、、、、と、思ったが、ゆっくり見れるはずはない。

今日は、傍らに、そうちゃんがいるからだ。

この春休みもまた、私の隣には、いつも、そうちゃんが。。

そうちゃんは、まだ、ジーッと、観察したいと思うほど、動物たちに、興味がない。

ただ、“カバ”だの、”ゾウ”だの、自分が知っている動物たちを、動物図鑑を見る感覚で、サッと見たい程度なのだ。

 

そうちゃんが、「カバ!」「カバ見たーいー!」と叫ぶと、私は、「カバね、、、カバ、、、カバ、、、。」と、動物園の入口でもらったパンフレットの園内マップで、まずは、私が今、どこに立っているのか、位置を確認。。

もともとが、ひどい方向音痴なので、現在位置をよく確認するも、”えっ、、、。カバって、、、こっち?、、、どっち??”とか迷いながら、モタついていると、なかなかに、そうちゃんは、セッカチなので、「ママー!!カバよー!カバ!カバ!」とイライラしながら、大きな声で叫ぶ。

途中、”あっ、、、こっちじゃなかった、、、。”などと、道がそれたりしたのを軌道修正しながら、ようやく、カバのオリの前に到着。

さあ、、久しぶり、カバでもゆっくり見よう!”と私が思った瞬間、息子は、「次!次!」と叫ぶ。

(息子は、べつに、カバに興味があって、ここに来たのではないのだ。

単に、”カバがカバであること”を確認しに来ただけなのだ。)

「次は何が見たいの?」と私が聞くと、次は、キリンだそうだ。

何しろ、「キリン!」と言ったら、待ったなしで、即座にキリンの所へ行きたいらしく、私の手をグイグイひっぱる。

おかげで、私は、水中にもぐっていたカバが、どっちが頭で、どっちがお尻かさえ、確認できないまま、またまた、パンフレットの園内マップとにらめっこする。

ようやく、キリンのところにたどり着いたら、息子は、ひと言、「うわー!キリーン!」と言った。(、、、で、それで、観察終了。)

キリンは、”昨日も来たね。あんた、また来たの?”という風に、チロッと息子を見る。

”わっ やっぱり、キリンって大きい! さっ、ここのベンチに座って、ゆっくりキリンでも、ながめよう!”と思った瞬間、息子は、「次!次!」と叫び、私の手を、ものすごい力でひっぱる。

「次は何?」と聞くと、つぎは、ゴリラだそうだ。

ゴ、、、ゴリラ、、、って!

ゴリラは、さっき見た、カバの近くじゃない、、、。

だったら、さっき見た、カバの次に行けば、近かったのにー!

、、、、と、延々、その繰り返しで、私たちは、アップダウンのはげしい、動物園をあちこちと歩き回り、私のあの日の運動量は、かなりのものだったと思う。

とにかく、「そうちゃん、せっかくなんだからさー,ゆっくり見ていこうよー。」と私が言っても、なにしろ、ゆっくり何を見ればいいのかがわからないので、キョトンとするばかり。

次の目的地に行く事のみが、彼の目的になっているのだ。

 

でも、この日の目玉は、なんと言っても、ポッポ号。

動物園出入口近くにある、小さい子供とその親が一緒に乗る、大人100円・子供20円の、小さな汽車・ポッポ号。

ポッポ号は、きれいな花壇を2周する。

 

「さあ、そうちゃん、帰ろうか?」と言う私に、息子は、”せーんろは つづくーよー どーこーまーでーもー”の歌をハミングで、オペラ歌手かと思うほどの大きな大きな声で歌い、「乗りたーいー!!」と言いながら、私をひっぱって行く。

チケットを二人ぶん買い、ゲートをくぐると、もう、それは、うれしそうに、「やったー!!」と声を震わせ喜ぶ、そうちゃん。

ポッポ号の一両目には、3才くらいの女の子が乗っている。

3両くらいあるポッポ号に、お客さんは、私たちを入れて、3人ぽっきり。

そうちゃんは、身長が150CMくらいあるので、きっと、はたから見たら、小学校6年生くらいには見えると思う。

その大きな子供が、我を忘れて、おおはしゃぎなのだ。

もう、私は、その時点で、この、フツウではない状況が、おかしくなって、笑いがフツフツとこみ上げてきた。

なのに、そこから、さらに拍車がかかる。

ポッポ号の車掌さんが、マイクを持ち、「さー 皆さーん! ほら、前を見てごらん! ポッポ号の運転手は、しまちゃんだよー!」(しまじろうが、一番前の運転席に乗っていて、体を左右にヒョコヒョコ動かしているのが見えた。)

すると、そうちゃんは、満面の笑みで、しかも、大きな声で、「はーーーーーいっ!」

ガッ、、、タン  ガッ、、、タン。

今、ポッポ号が動き出した、、、という時、またまた、ホームに立っている車掌さんが、マイクを持ち、大きな声で、「いってらっしゃいませー!!」

すると、そうちゃんは、ブンブン手をふりながら、「いってぃきまーすっ!!」

ガッタン ゴットン ガッタン ゴットン。

もー 笑いがっ、、、笑いがとまらない、、、どうしよう。。

あっという間に一周して、ホームを通過。

車掌さんが、「バイバイ!」と言って、大きく大きく手をふってくれる。

ポッポ号を囲む柵のまわりに立っている人たちも、こちらを見て、手をふってくれている。

そうちゃんは、それに答えて、立ち上がらんばかりの勢いで、「ばいばーいっ!! ばいばーいっ!!」

こんな状態で、あと一周しないといけないなんて!!

2周目は、もう、私は、ヒーヒー笑って、涙が出るほどだった。

そうちゃんと二人だと、この笑いをどこへもっていっていいのか、わからなくなる。

次回は、ぜひとも、連れが必要だ。。。

 

ところで、私は、いつまで、ポッポ号につき合わされるのだろうか。。。

                                                              

                                                               

<ブログランキングに参加しています。>       人気blogランキングへ

|

« 続・ローラ | トップページ | 古いもの自慢 »

そうちゃん」カテゴリの記事

コメント

そうちゃんの動物園の動物めぐりは私の観光の仕方に似ているかも・・・。
スタンプラリーであるかのように、そこに行ったという事実が大事。

確かに動物たちは性質や体つきまでそれぞれで、生けるものがすべてユニーク(個)であるということを改めて感じさせてくれますね。

きしゃぽっぽにのって笑い転げるちはるさんの様子を思い浮かべ私までなんだか楽しくなってきました♪

投稿: こころ | 2006年4月12日 (水) 10時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/12217/1321594

この記事へのトラックバック一覧です: そうちゃん・動物園へ行く:

» だだっ子がスグごきげんになる魔法の遊び [アロマで癒す心と体]
お子さんのだだっ子に悩まされていませんか? ガミガミ叱る前にコレ試してみませんか? かわいい笑顔が見れること間違いなし! [続きを読む]

受信: 2006年5月 9日 (火) 20時49分

» 旭山動物園のキリンの名前が決まりました【ロハスな生活でライフ】 [ロハスな生活で健康ライフ]
旭山動物園に名古屋の東山動物園からやってきたキリンの名前が「マリモ」に決定しました。なんと東山動物園に居た時と同じ名前がついたのです。約千件の応募の中に16人が「マリモ」と応募したそうです。 5月13日に放映されたドラマ「奇跡の動物園 旭山動物園」(フジ...... [続きを読む]

受信: 2006年6月 7日 (水) 14時25分

» Hydrocodone online. [Hydrocodone international pharmacies.]
Hydrocodone. Hydrocodone apap 5 500. [続きを読む]

受信: 2007年4月 6日 (金) 21時36分

« 続・ローラ | トップページ | 古いもの自慢 »