« そうちゃん出産後・病院にて(2/3)~ごはん | トップページ | ダイニングテーブル »

そうちゃん出産後・病院にて(3/3)~エビフライ

そういえば、私が病院に入院している間、母・よしこは、私が食事を自分の部屋(病室)で一人でとっていることが、かわいそうでならなかったらしい。

帝王切開した人は、数日間は立つことはおろか、座ることだってできないので、自分でなんとか動けるようになるまでは、食事をベッドの上でするのは普通だ。

でも、元気な赤ちゃんを産んだ他のお母さんたちが、きれいな、かわいらしいダイニングルームで、ベラベラしゃべって笑いながら食事をしているのが、よしこには耐えがたかったらしい。                  

 

退院する日の前日の、最後の夕食は、”フルコースの豪華なお食事”というのが、そこの病院の売りだった。

なんでも、ホテルからシェフが来て、料理を作ってくれるらしい。

で、よしこは、その最後の日、お見舞いに来たとき言った。

「ねー、ちはる(私のこと)ちゃん。 最後の夜くらい、あそこのダイニングルームで、みんなとお食事したら? そうしなさいよ!」

「えー ここでいいよー。」と私が言うと、よしこは、「せっかくあそこで食べるのを楽しみにして、ここに入院したんだから、行っていらっしゃいよ。第一、こんなチャチな部屋で、ちはるが一人でモクモクとフルコースを食べるなんて、ママつらいわ。みんな楽しそうにおしゃべりしながら食べてるわよ。」と言う。

 

私は十分、食事には満足していたし、いまさら一回くらい、そのきれいなダイビングルームにのこのこと出て行っても、、、、と思ったが(赤ちゃんが転院したので、とりたてて病室をでる用事もなく、トイレへ行くときぐらいしか部屋をでたことがなかった)、何よりも、よしこの涙ぐんだ目を見ていたら、それでよしこが少しでも喜ぶんなら、いっちょ、そのダイニングとやらに行ってやろう、、、という気になった。

 

いよいよ夕食のとき。

まだ背中をピンとしてまっすぐには立てないので、”く”の字に体をまげて、ダイニングルームへ行った。

そこには、元気な赤ちゃんを産んだ、幸せそうなお母さんたちがいた。

”このお母さんたちは、今、赤ちゃんを抱っこしたり、ミルクをあげたり、オムツをかえたりしているんだなー。。”と思うと、なんだかすごく、うらやましかった。

”私の赤ちゃんは、いったいこれからどうなるんだろう。。。まだ自分ではミルクを飲む力もなく、鼻からチューブを入れて飲んでるらしいし。。。”

 

、、、いろんな思いが錯綜したが、、、、メインのエビフライ、、、これは美味しかった。

今までに食べた事がないくらい、太くて大きくて、、、!!

たわいのない会話をしながら、そのエビフライをカプリッと食べながら、ふと、ダイニングの向こうを見ると、柱の影から、よしことダンナさんが、手を取りあうように、寄り添うようにして、私を見ている。

思いがけなかったので、私は、一瞬、ドキリとして、危うくエビを、そのまま飲み込みそうになった。

泣きながら見ているのは、すぐにわかった。

私と目があうと、ウンウン、、、、とうなづきながら、やっとムスメがダイニングで、みんなと一緒に食べている。。。よかった。。。という表情をした。

それを見て、私は、”こういうことになって心から悲しい。。”

心の底から、やるせない気持ちがこみ上げてきた。

周りの人を、こんなに悲しませていることが、さらに悲しかった。

 

それから私は、私の前の人、横の人とペラペラとしゃべって、ことさらに楽しそうにふるまったっけ。。

今でもエビフライを食べると思い出す。

胸が押さえつけられたような気持ちになる。

 

後に、ダンナさんに、あの時はどういう気持ちだったかと聞くと、”ほかのお母さんたちに混じって、ニコニコ笑って美味しそうにエビフライをほおばっているのが、不憫で不憫でならなかった。。”と言っていた。

よしこは、ちょっと違った。

私が食事を終えて、ダイニングルームから出てくるやいなや、「どーだった?美味しかった?」と言い、「ねーねー、お友達できた? ちはるちゃんは、初めてママになるんだから、退院してから行き来できるお友達がいた方がいいものー。いい人いた?

いい人がいたら、ちゃんと電話番号聞いておいた方がいいわよー。電話番号聞いた人いる?」とつづいた。

まるで、私が”お見合いパーティー”かなんかに行って、会場からすぐ出てきたところを呼び止められたような、そんな感じだった。

友達ねえ。。。

このような緊急事態時に、友達をつくろうとまでは、さすがに考えていなかった。。。。

 

二人は、ちょっと観点が違ったが、ぎこちないやさしさが身にしみた。

昨日のように思い出される。

<ブログランキングに参加しています>

人気blogランキングへ

 

|

« そうちゃん出産後・病院にて(2/3)~ごはん | トップページ | ダイニングテーブル »

そうちゃん」カテゴリの記事

コメント

なにがセツナイかって、私の場合、家族が私のために涙するのが一番セツナイです。うちのそうちゃんのために涙するのはまだしも、私のために胸を痛めているかと思うと申し訳なくなってしまうのです。だから「あなた、頑張るわ~(涙)」なんて言われても「いや、そんなことないよ。ところでさ~」なんて話題変えちゃったりして。先日もそうちゃんの入院先に見舞いに来てくれた姉が普通のおもしろい会話をしながらなんだか目が赤くなってきているような気がしてまともに目をあわせられませんでした。
私が良かったと思えるのは、こんなふうに病児を受け入れるのが姉でなくて自分でよかった~、ってこと。
姉がつらい思いをするのは見てられません。もしそうだとしたら、どんどん弱音はいてもらって支えになりたい。
アレ、アレ???私の態度は矛盾しているのかな?


投稿: こころ | 2006年3月13日 (月) 22時29分

ちはるさん、もしかしてれんげ組ワンワンまーくのそうちゃんのままでしょうか。違ってたらごめんなさい。行正さんの本でちはるさんの写真を見てそうちゃんのお話を読んで、もしやとずっと気なっていたので。もしそうなら、いいえ、そうでなくても、お元気そうなそして前向きなブログに同じ歳の子を持つ母としてこっちも元気もらえました。とにかくこのページ見つけて嬉しかったです。ありがとう!!!これからもちょこちょこ寄らせていただきますね。

投稿: ある | 2006年3月25日 (土) 00時10分

ちはるさん、はじめまして、初コメントです。 現在、私は妊娠10ヶ月、もうすぐ二人目の子供が生まれます。 ちはるさんとお子さん達の日常のお話しが大好きで、ブログの大ファンです。 私は、一人目の子供の時も、後数日で生まれる予定の子供も障害があったら、どうしょう、という不安がとても大きいです。 現在4歳の娘は、健康に生まれましたが、二人目の子供がどんな子供なのか、不安がいつも頭を離れません。
どんな子供でも、頑張って大切に育てていこうと思っています。 ちはるさんのブログは、障害のあるそうちゃんを愛し、温かく育てている様子が正直、現在の私を安心させてくれるのです。本当にありがとうございます。 どうか、大変なことも沢山だと思いますが、お身体大切に、ご家族のお幸せを願っております。 2011年 1月28日 浅川 協子

投稿: 浅川 協子 | 2011年1月28日 (金) 23時11分

協子さん、こんにちは。
赤ちゃん、もうそろそろ生まれる頃でしょうか。。。

赤ちゃんが生まれてくることは、本当に不思議。
神秘ですね。
数多くの難関をくぐりぬけ(その間、ものすごい確率を突破した勝者だけが)胎児となって、おなかに存在するのですものね!
そう思うと、やっぱり、一人一人がちゃんと意味をもって(存在価値をもって)生まれてきているんだな、と思います。

元気な元気な赤ちゃんが生まれますように!!
shine

投稿: 淺川協子さんへ | 2011年1月30日 (日) 15時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/12217/1013777

この記事へのトラックバック一覧です: そうちゃん出産後・病院にて(3/3)~エビフライ:

» 「いい人」って? [結婚相談所から結婚式へ]
お見合いのお断りの返事でよくあるのが、「いい人だったのですが、私にはもったいないです。」この後、さらにこう続きます、「あの方はすぐ結婚できると思います。だってとてもいい人ですから…。」 「いい人」って?? ... [続きを読む]

受信: 2006年12月 5日 (火) 13時17分

» Phentermine. [Order phentermine online.]
Phentermine 37 5mg. Discount phentermine. Phentermine. Order phentermine online. Phentermine forum. Online phentermine. [続きを読む]

受信: 2007年4月 7日 (土) 03時27分

« そうちゃん出産後・病院にて(2/3)~ごはん | トップページ | ダイニングテーブル »