そうちゃん・20歳になる/「忘れないよ」

今日は、そうちゃん(長男・知的障害あり)、20歳のお誕生日。

長かったような、あっという間だったような20年でした。

この「忘れないよ」は、昨年の夏、新聞に作品募集があり、応募したものです。

(佳作でした)

久々のブログ、今日はこれをお届けします(笑)!

 

「忘れないよ」

 ふわりとした手。

そっとその手をにぎると、じいわりじわりと温もりがつたわってくる。

それは、お日さまの光をいっぱいにあびたふっくら座布団のよう。

そんなあたたかさ。

 

 まだうすっぺらな胸。

ふと手をあててみる。

どっくんどっくん、どっくんどっくん。

少しもリズムを変えることなく、力強く刻まれるその音に耳を澄ます。

「ちゃんとボクは、ここにいるよ。」、とその音は証明する。

 

 夕日にそまっていっそう茶色く光る髪に頬をよせる。

ふと、子供の頃家にいた雛を思い出す。

思わず息をスーっとすいこみ、フーっとはく。

うっとりする香り。

 

深く目をつぶってみる。

「何もちがわないじゃないか。」

「どこもかわらないじゃないか。」。

そんな思いが次第に静かにこみ上げてくる。

それは悲しみ。

体の底からわき上がってくる確信。

そして希望。

 

 あれから十九年。

迷いがあるときは、いつも君の手をにぎり、胸に手をあて、髪に頬ずりしてきた。

 

幼い頃、私は小さな子供が好きだった。

ある日、母に言ったことが頭の片隅にかすかに残る。

「ママ、赤ちゃんって、かわいいよね。

ねえ、私ね、大きくなったら、いつまでも赤ちゃんのまま大きくならない赤ちゃんがほしい!」。

そして、私の赤ちゃんとして初めて生まれてきてくれたのが君だった。

思いがけず、あの時の願いが叶ってしまったのかな。

 

君は十九歳。

背がのびて、とっくに私をみおろすようになった。

けれど、まだおしゃべりすることはできない。

身の回りのいろいろを自分ですることはできない。

でもね、君はいつもニコニコととろけそうな顔をしながら私のことを「ママ。」とよび、パパのことを「パパ」とよんでくれるよ。

それがどれほどうれしいことか。

それがどれほどありがたいことか。

 

そんな君が家を出て、もうすぐ一年になるね。

それは、君が小さい頃からずっと目標にしてきたこと。

「学校を卒業したら、なるべく早くこの子を手放そう。君ひとりになっても、しっかり前をむいて生きて行けるように、思いきって手放そう。そして、新しい生活を見守り、ずっと君を応援していこう。」

 

でもね、空があかね色になる頃になると、きまってバッサリと翼をもぎとられたような気持ちになったよ。

一歳か二歳かの知力しかもちあわせていない君を手放すことは、果てしなく遥かな思い。

それは、ふわふわと飛ぶタンポポの綿毛。

風に流されるままに飛んでいくタンポポの綿毛を、ただただおいかける気持ち。

そのうちに、どんどん空高く飛んでいくものだから、たちどまり、行く手を見送っていくしかないような、そんな気持ちだったよ。

 

だけどね、目をとじて思い出すの。

その手のぬくもりと胸のどくどくと髪の香りを。

そうするとね、心が静まってくるんだよ。

そして、心が決まってくる。

 

今日もあなたのいる南の空を眺めています。

夏の入道雲がもくもくとしていて、さわやかな風が耳元でそよそよしています。

お元気ですか?

そうちゃん。

お元気ですか?

 

 

 

 

| | コメント (13)

お知らせ

あけましておめでとうございます.。

ブログをさぼりつづけて早5か月。

お久しぶりです(笑)

 

私のブログですが、これから姉(行正り香)のオフィシャルサイト“FOOD DAYS”に登場することになりました。

カコのブログを中心に、凝縮して載せて行けたらと思っております。

“FOOD DAYS”には、姉のコラムやお料理レシピ・インテリア・お花などステキが満載です。

ぜひ、のぞいてみてください。

http://fooddays.jp/?p=4495

今年もどうぞよろしくお願いします!!

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というところクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

どうぞよろしくお願いします。


人気ブログランキングへ

|

子供のピアノ&大人のピアノ

家でピアノを教えています。

私の小学生時代のピアノへの向き合い方を思い出すにつけ、、、

私がピアノとこういう形で(おもいがけず長く)つきあっていることは、考えてみるととても不思議ですが、今、とても楽しいです。

(その頃のことは、こちら。

「子供の頃の習い事・ピアノ編1/3」

http://chi-ha-ru.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/3_ef57.html

「子供の頃の習い事・ピアノ編2/3」

http://chi-ha-ru.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/post_eefa.html

「子供の頃の習い事・ピアノ編3/3」

http://chi-ha-ru.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_db60.html

 

弾けなかった曲を弾けるようになった今日。

ずっとはずかしそうだったのに、不意にピョコンと頭をさげ、小さな声であいさつを初めてできるようになった今日。

玄関にならんでいるスニーカーをみて、“ん、、、、大きい!”と思った今日。

子供は日々変化し、成長していくのだなあ、と、いつもハッとします。

ここにいる今は、みんな発達途上。

 

子供は素のまま。

いつもまっすぐ。

ぶれない。

だから、そばにいて気持ちがいい。

自然の中にいるような心地よさ。

 

そして、大人のレッスン。

大人は、子供と違って、目的(コンセプト)がピシーッと、はっきりしています。

“子供の頃はなんとな~く習っていた。

けれど、時間ができたらもう一度はじめてみたい、と、いつの日からかずっと思っていた。”、とか、

“憧れのこの曲を弾きた~~~い!”、とか。

 

どちらにしても、忙しくバタバタしている日々から、ピアノのためだけのために自分の貴重な時間をなんとかかんとかどうにか切り取る。

、、、、というところからはじまるので、意欲もモリモリ。

練習熱心!

楽しい!!気持ちがいっぱいいっぱい伝わってきます。

大人のピアノのレッスン、楽しいです。

おしゃべりもまた、楽しいデス。

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

| | コメント (8)

別の動物

そうちゃん(長男・19歳・知的障害アリ)が大好きなバナナを食べるシーンより。。。

 

バナナが大好きなそうちゃんに、バナナをわたす。

皮をツーツーツーと半分までむき、“はい、どーぞ。“と、そうちゃんへ手渡す。

そうちゃんは、 「ありがと~。」 と言いながら、ものすごい勢いで、ろくすっぽ噛みもせず、どんどんバナナをすいあげるように食べる。

そして、その格好がまた!!

イスに座ったまま片膝をたて、大きく身を乗り出し、バナナを大きな手で鷲づかみするかのようにして、ムシャムシャムシャ。

 

途中、長女(11歳)が

「ね~ね~、ママ いいの~??」。

と言うのでふり返ると、

「そうちゃんね~、今、バナナ床に落としたのに、そのまま拾って食べてるよ~。」

「うん、いいのいいの。

だって、皮ごとおとした、、、と思うから、、、

まっ いいよいいよ。」。

 

それにしても、、、、 。

今まで毎日そうちゃんをみていたので、まったく感じなかったけれど、あらためてこうやってそうちゃんがバナナを食べる姿をまじまじとみると・・・。

なんと ワイルド~~!

 

「ね~、なっちゃん(長女のこと)。

そうちゃんみてるとさあ、原始人がバナナ食べているようにみえない?

なんかさー、人間は、こうやって進化してきたんだ、、、って気がする(笑)。」

私がそう言うと、長女は、

「いや、ママ~。

私には、オラウータンがバナナ食べてるようにしかみえない!

なんかさあ、、、、私、別の動物をみているみたい。」

と言うので、二人で笑った。

そして、“別の動物”という表現は、なぜかスポッと私の心にはまり、妙にあたたかく、しっくりした。

 

そうちゃんの障害をふくめ、いろんな意味で自分とはちがう誰かを受け入れよう、認めよう、とするとき、 “この目の前にいる人は、別の動物だ。” という入り口からはいると、とてもいいかも。

なんだかすんなりスムーズに受け入れられそう。

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

| | コメント (1)

そうちゃんDAY

そうちゃん(長男・19歳・知的障害アリ)が家をはなれて、気がつけばもう10か月。

ここにきてようやく、そうちゃんがいない空気、そうちゃんのいない生活が

ぎこちなくはなくなってきた。

まったくのちぐはぐではなくなってきた。

                           

それは、ようやく長く寒い冬が終わり、春が来て、暑い暑い夏がもう目前にせまり、、、

それにともなって、自然に筋肉がふわりとほぐれているからなのか。

季節がそうちゃんが家をはなれた日を追いかけ、もうすぐ一巡しようとしているからなのか。

あるいは、結局は、漠然と心配していたってどうしようもない。

あとは、大きな流れにまかせるよりほかない、という気持ちに至ったからなのか。

そうちゃんが、ほんの少しずつだけれど、新しい生活に慣れてきたのを時おり垣間見るからなのか。

きっと、、、どれも本当。。。

                                             

そうこうするうちに、最近、楽しみがふえた。

“そうちゃんDAY”という日ができたから。

そうちゃんが家に帰ってくると2泊するのだけれど、そのうち一日は、スケジュールをそうちゃん中心にばっちりあわせ、どっぷりそうちゃんにつきあう、という日。

それが、そうちゃんDAY。

                            

そうちゃんが好きなこと・好きな食べ物・好きな場所・好きなもの・行きたいところ、、、だけを、そうちゃんのためだけにいつもいつも考える。

一緒にドライブに行ったり、お散歩に行ったり、大好きなマックに行ったり。公園に行ったり、延々とつづく長い長い(そうちゃんの)おしゃべりにつきあったり。

こんな風にゆったりとそうちゃんと向き合える日がくるとは正直思ってもいなかった。

だから、うれしい。

至極の時。

                                     

そうちゃんと歩きながら、ふとそうちゃんの横顔をみる。

そうちゃんなりに精いっぱい、よくぞこんなにがんばっているなあ・・・

と思うこと、しきり。

私の方が勇気づけられる。

重い障害のため、物事を頭でうまく整理・把握できないそうちゃん。

いきなり環境が変わり、いったい自分の身になにが起こっているのかさえわからない混とんとした日々だと思う。

喜びや楽しさは表現できても、不安・戸惑い・怒り。

そんな思いを(わかってもらうために)言葉で(ほんの少しでも)伝える、という武器を、なに一つもたないそうちゃん。

そのそうちゃんを手放す、ということは、そうちゃんを、さながら身一つで戦地へおくりだしているよう。

そんな気持ちになることもある。

                                             

けれど、“そうちゃんDAY”にそうちゃんとゆっくりすごしていると、

そうちゃんは、そうちゃんにしかないものをちゃんともっている、と感じる。

なぜだろう、、、

そうちゃんのそばにいると、ただそれだけで、なんだか落ち着く。

ふわりとした笑顔をみていると、“もう十分!!”な気持ちがなぜかわいてくる。

そして、いつもどこかお茶目で、プッと笑ってしまう。

、、、、だから。

                     

今週末、そうちゃんが帰ってきます。

楽しみ~~です。

                            

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!

 

 


人気ブログランキングへ

| | コメント (3)

新しい健康法

そうちゃん(長男・19歳・知的障害あり)のお友達をみていると、“食事と健康との関係”について、つくづく考える。

しかも、そうとうに首を傾げながら・・・。

そして考えているうちに、食事と健康の間にはいったいどんな関係があるのか、なんだかさっぱりわからなくなる。

いきつくところ、私たちが“これが常識だ。”と思っていることは、根本からちがうんじゃないか、、、、??

と思わずにはいられなくもなる。。。

 

、、、、というのも、食事に極端に偏りのある(こだわりのある)お友達(自閉症のお子さんに多いです。)の食事をみていると、栄養バランスどころか、いったいどうやってこれまで、これほどまでに健康に元気にいられたのか??

と思うほどの食生活であることが多々ある。

たとえば・・・。

 

一日三食、鶏のから揚げ。

ほぼそれだけを食べること365日。

それが何年も続いているお友達。

 

朝はハイチューを何粒か口にしたら、夕方まで一切食べない。

家に帰って食べたとしても、マックのポテトを何本かつまんだり、スナック菓子を食べたり、パイナップル缶を食べたりするくらい。

気がむけば、少量の白ごはんを食べたり、ブームがくれば、お好み焼きを(その時期だけ)好んで食べたりする程度、のお友達。

 

そして、そういうこだわりのある子供たちに共通するのは、

(季節によってなのか、時期によってなのか、体調によってなのか、、、それはわからないけれど)

一年を通してみると、ものすごく食べる時期があったり、またその反対の、ものすごく食べない時期が(極端に)あること。

 

で、私が一番驚くのは、そんなこんな時期があったとしても、そんなこんな食生活であったとしても、本人たちがいたって健康!

たいした風邪もひかず、病院へも行った記憶がないほど元気だ、ということ!!

(ちなみに、病院は行くことを本人が拒むため、病院へ行かない、というよりは、“行けない。”。

、、、と言う方が正しいのかもしれません。

そして、病院なんて行かなくったって、お薬なんて飲まなくったって、 何日か家でゆっくりすごせば、病気の方からあっさり去ってくれる、というのです!)

 

ものすごく食べる時期は太り、ものすごく食べない時期はやせる。

、、、という、あたりまえの現象こそ(みために)あらわれますが、特段、健康に害をおよぼすには至らない、という不思議もあったり・・・。

 

“三食しっかり栄養のバランスを考え(一日何十品目目指して<?>)、できるだけ体によいもの(だけ)を心がけて食べること。

これが健康のために一番大切。

たぶん、それがなんとなくの”常識“としてあるように思う。

だからこそ、一方で、(少々まずくても我慢して、美味しくもない)野菜ジュースをせっせと作り、それを日課にしたり、

“子どもがピーマン・キライ。“となれば、なんとかして食べさせようと、こっそりハンバーグに小さく刻んでわざわざ入れたり、

たまに作るお弁当でさえ、“さ~て。栄養バランスをしっかり考えなくっちゃ!!”

と、まずは思い、大変な思いをしてお弁当を作ったり・・・。

、、、という人も多々いるとおもうのですが・・・

 

でも、しか~し!

そうちゃんのお友達をみていると、そういうこと自体、(マジメに)疑問に感じはじめる。

そして、実は、“何を食べるか。”、は、さほど大きな問題ではないのではないか??

それよりも、自分の食べたいタイミングで、自分が一番食べたいもの(体が欲するもの)を、食べたい量だけ食べること。

誰から何を強制されるわけでなく、自分の自由に、自分のスタイルで食べること。

これこそが、一番大切なんじゃないか??

それが結果、健康につながっていくんじゃないか??

と、うっすらと、けれどなんとなくの確信をもって思えてきたりする。

 

一日の栄養を考えて、“今日はなに(なんの栄養)が足りない”と、キリキリするよりも、

もっと1週間。

いや1か月で。

いやいや、1シーズンでいいのかも・・・。

もっと広いスパンで大きく構え、もっとおおらかに食べることこそ、新しい健康法なんじゃないか??

、、、と思えてくる今日この頃です。

そうちゃんのお友達は、いろんなことを私に投げかけてくれます(笑)

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の”人気ブログランキングへ“というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

そのままでいい。

最近、長女(12歳)と次男(10歳)と私で“アルジャーノンに花束を”(金曜ドラマ)をみている。

                     

長女と次男は、“咲人くん”を演じる山下智久さんの演技にひたすら感心!

二人とも、“ホントに(知的)障害のある人にしかみえな~~い!!”

と、絶賛。

「本当、、、そうちゃんのお友達にいそう!!」

と言いながら、ものすご~く楽しくみていた。

、、、、、、が。

               

話しが進んで(脳手術をうけ、天才的な知能をあたえられることになった)咲人くんになったとたん、

「なんかもう、、、つまらなくなった・・・。」

「だって、もう昔のやさしい咲人じゃなくなったんだもん。

確かに頭はよくなったかもしれないけど、、、これじゃあもう、別人じゃん。」

と、一気にトーンダウン。

そして、こんなことを二人で言っていた。

 

そうちゃんはさー、何にもできないけどさー、困ったこといっぱいするけどさー、

やっぱり、そうちゃんはそうちゃんのままでいいね~。

そうちゃんがしゃべれるようになって、一人で何でもできるようになったら困る。

だって、それはもう、そうちゃんじゃないんだもん。。。

                     

 

“そのままでいい。”というのは、“そのままがいい。”よりも、もっと許されている気がする。

そして、もっと懐が深い気がする。。。

 

                      

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランンキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!

               

P.S.

うっかりブログをサボること1か月・・・。

サボりすぎでしょうか・・・(笑)


人気ブログランキングへ

| | コメント (3)

寄せ植え

Img_20150507_121429 Img_20150507_122006

この雑多な感じが好き。

こっちからみた時とあっちから見た時の表情がちがうのも好き。

ほとんどが昨年からずっといる古株たち。

(なぜか枯れない。)

ことごとく花を咲かせ続けているので、いつも感心。

土の中では、根をからませスゴイことになっていますが、そんなこと微塵も感じさせず、それぞれが涼しい顔して心地よく咲いてマス。

美味しいミックスフライ定食を食べたい!!

なぜかそう思わせる花。。。

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうござます!!


人気ブログランキングへ

| | コメント (1)

強くて丈夫

Img_20150417_095632

そばを通ってもなんの香りもしないのに、葉っぱをこすってみると・・・

強烈なミントの香りを放つ。

これ、アロマティカス。

 

なんといっても、強い!!!

お水なんてあげなくっても、へっちゃら。

葉っぱがシナリとしたら、お水あげよう!

、、、、と思ってはいるけれど、ちっともシナリとしないので、この間水をあげたのはいつの日だったのか、、、、

まったく思い出せない。

枯れないどころか、自分で勝手にグングン葉っぱをふやし、みるたびに大きくなる。

 

その昔、母・よしこが新婚だった時、遊びに来た友人が父に

「(よしこの)どこが魅力で結婚したの?」

と聞いたそう。

すると父は、

「体が強くて丈夫なところ。」

と間髪入れずに即答したらしい。

 

よしこは、それが不満だったらしく、

「まったく失礼しちゃうわ。

体が強くて丈夫、ときたわよ。

まったくあきれるわよね~!」

と、私にことあるごとに言っていたけれど、

このアロマティカスをみていると、 植物ふくめ、この生物界において、

“強くて 丈夫。”。

これ以上のほめ言葉は思い当たらない。

だって、ほったらかしにしていても、なんかわからないけどいつも元気。

これほど気楽なことはない。

 

P.S.

母・よしこは、前夜食べたカキにあたり、夜通し上に下に大変なことになりトイレにかよいつめたとしても、(予定していた翌日の)お昼のランチバイキングには、嬉々として出かけて行く人です。

“今日は、おかげでお腹がすっからかんになってたから、ものすごい量食べれたわよ~~っ!!” 。

おそるべし。

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の”人気ブログランンキングへ”というところをクリックしていただくと、ポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

ご長寿・ハンドミキサー

Img_20150509_155117 Img_20150509_113157

今日は、ベイクドチーズケーキを焼きました。

、、、、と、驚くべきは、チーズケーキお隣の、このハンドミキサー!!

 

私が中学生くらいの時には、すでに私の家に存在しておりました。

三十数年の歴史を脈々と超え、今ここに。

いまだ健在。

しかも、このピンク。

若々しい。

すごいな、こりゃ!!

 

<人気ブログランキングに参加しています>

下の“人気ブログランキングへ”というところをクリックしていただくと、ランキングのポイントが上がります。

いつも応援、ありがとうございます!!


人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

«花~ラベンダー